Bridal

年下男性に聞いた!僕たちが年上彼女と結婚を決めたワケ

6歳年下の野球選手と結婚したモデルの押切もえさんや、12歳年下の俳優と婚約した、元SPEEDの島袋寛子さんなど……。最近、年上女子と年下男子のカップルが増えていますよね。実際に年上の彼女と結婚した年下男子は、何が結婚の決め手となったのでしょう?

今回は、4組の年上女性&年下男子カップルのケースを元に、結婚につながる恋愛のポイントを紐解いていきたいと思います!

年上と感じさせない彼女を守りたい――6歳年上の女性と結婚したAさん

 

Aさん:29歳 奥様:35歳

「彼女とは、ある飲み会で知り合って意気投合。ちょくちょく一緒に飲むようになった頃、過去の恋バナを聞いたんです。そしたら、これまでの彼氏がひどい男ばかりで……。自分ならそんな思いはさせない! と思って、つきあい始めました。プロポーズは、つきあって1カ月くらいしてから。つきあうときに思った“彼女を守りたい”という気持ちの延長から、結婚を決めましたね。彼女の一番の魅力は年上であることを感じさせないふるまいかな。一緒にいて本当にかわいいと思えるし、年上だからと強がったり上から目線にならず、僕に弱さを見せてくれて、頼ってくれる。そんな彼女をずっと守っていきたいと思います」

年下男子に甘えることも必要

よく「君は僕がいなくても大丈夫」とフラれた、なんて話を聞きます。男性というのは、愛する女性を守りたい生き物。頼られると、とってもうれしくなるようですよ。相手が自分より経験豊富な年上女性だったら、言わずもがな! だから、女性が年上でも強がる必要はないんです。
むしろ、どんなに小さいことでもいい。「あれ取って」と頼ったり、ときには悩みを相談したり。そんな弱さを見せて、年下男子の守護欲をくすぐっちゃいましょう。

「次のデートはブライダルフェアがいいな♡」
なんて可愛く甘えてみる?ハナユメのHPへGO!

年齢を凌駕するパーソナルの魅力――8歳年上の女性と結婚したMさん

 

Mさん:28歳 奥様:36歳

「彼女の第一印象は、すごくきれいな人だなあ、というもの。だから、彼女からアプローチされたときはビックリしました。実際にデートしてみたら、とにかく楽しくて優しい人で。結婚を決めたのはつきあって、1年半くらい経ってからでしたが、すごく自然な流れだったと思います。

結婚を決めるとき、彼女の年齢を聞いて両親は少し躊躇していたようだけど、彼女に会ったとたん、その不安はすぐ消えたみたいです。結婚って、当人同士にとっても家族にとっても、やっぱり人柄が一番大事なんですよね」

最終的に決め手になるのは人柄

私が婚活をしていた頃、年上の男友だちに言われた言葉があります。「男が結婚を決めるとなると最後は、見た目より年齢より、人柄と、その子がどれだけ自分に優しいか、だよ」。若いほど結婚には有利、と思っていた私には目からウロコの言葉でした。

いつかはみんな歳をとるもの

もちろん、若さが有利となるケースがあるのも事実でしょう。でも、年を取らない人はいません。となれば、二人の間に残るのは、やっぱり人柄。最初から年齢におびえすぎるのは、もったいない! まずは自分を磨き、愛すること。そして素直に好きな人にぶつかっていく勇気が、ときには必要みたいです。

いい意味で“大人”の彼女は魅力的――9歳年上の女性と結婚したKさん

 

Kさん:26歳 奥様:35歳

「仕事関係で知り合った彼女は、とにかくきれいで洗練されていて、“これぞ都会の女!”というイメージ。第一印象は、怖そう……でした(笑)。でも、何度か会っていたら、優しくていい子だとわかって。元カレの相談を受けたりするうちに仲よくなって、つきあい始めたんです。

最初から結婚前提だったけど、はっきりと結婚を意識したのは、彼女がぽつりと「私もいい年だし」と言ったのがきっかけでしたね。親は彼女の年齢に驚いていたけど、僕は全然気にならなかった。彼女の心の広さ、いろいろな人に思いやりを持てる姿勢など、すべてを尊敬していたから。

ケンカしても、彼女に心の余裕があるからかな。お互い意地を張らずにすぐ仲直りできるし、一緒にいてすごく楽。いつも、いい意味で大人の彼女に助けられているなと思います」

基本は大人の余裕を持って

年下男子とつきあう場合、変に大人ぶって彼を年下扱いするのはNGですが、ケンカなどのトラブルでは、先に一歩引いてあげるなど大人の余裕を見せましょう。年下男子とつきあっている女友だちが言っていましたが、「ケンカしても“年下だし仕方ないか”と思うと、案外すんなり引けるのよね」とのこと。

無理のしすぎはよくありませんが、ここは譲ってもいいかも……と思えるときは意地を張りすぎないのが大切です。

「わたしもいい歳だし……」と思ったら
彼をブライダルイベントに誘ってみよう!ハナユメでお得に結婚

彼女は憧れの先輩だった――4歳年上の女性と結婚したHさん

 

Hさん:28歳 奥様:32歳

「彼女は、会社の先輩。時々飲みに行っていたんですが、きれいで明るくて、ずっと憧れの人でした。でも、彼氏がいたからアプローチできなかったんですが、ある日、彼と別れたと聞き、蓋をしていた気持ちが盛り上がって告白! 3回フラれた後で(笑)、つきあってもらえました。

僕は告白したときから、結婚を意識してたな。年齢なんて、全然気にならなかったです。僕、彼女の天真爛漫さや笑顔が大好きで。この人となら、ずっと笑って過ごせると思った。そして何より、彼女は、僕が初めて自分より相手の幸せを願えた人だったんです」

やっぱりギャップが大事みたい

男友だちに聞いたことがありますが、会社の先輩女子に憧れを抱く男性、実は多いようです。バリバリ仕事する姿に憧れていたら、ふとした瞬間にふんわり笑顔を見せられて、ギャップにキュン! 仕事ではキリリでも、プライベートでは気さくで明るい。そんな先輩を目指しましょう!

年齢差なんて関係ない!

いかがでしたか? 4人にインタビューをして印象的だったのは、みんなが「(女性が年上とか)年齢なんて関係ない!」と口をそろえて言っていたことでした。「男は年齢なんかで恋愛や結婚を決めたりしない」(Kさん)、「相手が年齢差を気にするなら、それまでのご縁ということ」(Aさん)の言葉に納得。結局は「一緒にいて明るい気持ちになれたり、楽しい相手がいい」(Mさん)んですよね。

考えすぎは禁物!素直に気持ちを伝えて

最後に、年下男子にアプローチをしたい年上女性へのアドバイスもいただきました! 「最近は草食男子が多いから、男子からのアクションは期待薄。いろいろ考えないで気持ちを伝えていけばいい。今の子はストレートな押しに弱いし。どうしても自分から踏み込めないなら、アプローチしやすいように徹底的にウェルカム・ムードを作ってみては?」(Hさん)

実は……あなたの「結婚したいな」待ちでは?

もし、あなたに年下の彼がいる場合、二人の将来のことを一緒に考えてみませんか?

シャイな年下彼氏は、意外とあなたから結婚の話が出るのを待っていたりして……?

次のデートはウェディングイベントに行ってみてもいいかもしれません。

「無料でフルコースの試食ができるんだけどどう?」なんて冗談っぽく誘ってみるのもアリかもしれませんね。

おすすめは「ハナユメ」のHPからの予約。「ハナユメ」は花嫁の「理想(ユメ)」を叶えるというコンセプトのもと運営されています。女子の「好き!」が詰め込まれたようなハナユメのHPは見ているだけで楽しいですよ♪

そのイベントが二人で将来のことと向かい合うきっかけになればいいですね。

 

なんと最大で3万円の商品券がもらえたり、結婚費用が最大で50%OFFになるキャンペーンも!

3万円分の商品券GET!キャンペーンに簡単エントリー

関連記事

  1. 素敵な靴で出かけたい!パーティーで履きたいレディなトレンドシュー…
  2. まるでサロンクオリティ!セルフで簡単にできるお呼ばれ美人ヘアアレ…
  3. 三つ編みが出来ればOK♡不器用さんでも簡単「華やかヘアアレンジ」…
  4. ずっと仲良しでいたい♡教訓にしたいドイツ流「夫婦円満のコツ」3選…
  5. 晩婚には晩婚のメリットあり!アラフォーで結婚して良かったと思う理…
  6. 【ゴールイン♡】センパイ花嫁に聞いた!同棲→結婚に繋げるには?
  7. リュクスなトレンド感を♡パーティーコーデに加えたい「ファーアイテ…
  8. キュンキュンしたい!みんなの素敵なプロポーズ体験談、きかせて!!…
PAGE TOP