BAE BAE miel lbe unjour line facebook twitter instagram
LiFe
dehaze
閉じる
ヘアスタイル

Writing by LiFe編集部

すっきり上品に♡お呼ばれにぴったりローポニーテール&ローシニヨンレシピ

Writing by LiFe編集部

すっきり上品に♡お呼ばれにぴったりローポニーテール&ローシニヨンレシピ

結婚式や2次会などでは、まとめ髪でスッキリ見せたいという人も多いはず。ワークアウトをする時なら普通に結ぶだけでも良いですが、おしゃれしてお出かけする時は、ヘアももちろん素敵に見せたいですよね。

そこでオススメしたいのが、ワンアレンジを加えるだけで、簡単に大人の色気を演出できちゃう「ローポニーテール」スタイル。

今回は、そんなしっとり美人度がアップするローポニーテールのヘアレシピを、「air-GINZA tower」の武井歩美さんに伝授していただきました!

ローポニーテールの応用編として、ローシニヨンの基本の作り方とアレンジ方法もご紹介しちゃいます♡

 

BEFORE


まず、大人の色気を引き出すために重要なのがベース作り。32mmなどの太めのコテやカーラーを使って、しっかり巻いておきましょう。その後、カールをほどくように手でほぐすことで、ナチュラルな巻き髪に!

 

レシピ_#1 編み込み風ローポニーテール

編み込みをプラスし、トップとサイドに自然なボリュームを持たせたローポニーテール。ひと手間加えるだけで、こんなにセクシーなまとめ髪が叶うんです!

編み込み風ローポニーテールの作り方


1. オイルとワックスを手に取り、髪にしっかりなじませます。

 


2. うしろでざっくりと編み込みんでいきます。2〜3段ほどでOK!

 


3. 残りの毛も合わせてひとつに束ねたら、編み込んだ部分をほぐします。

 


4. ゴムで結びます。

 


5. 顔周りのおくれ毛を引き出します。この時、フェイスラインがひし形になるよう意識すると◎。同様に、耳のうしろから襟足にかけても、おくれ毛を引き出しましょう。

 


6. 最後に、ゴムが目立たないようヘアアクセサリーをつけて完成です!

編み込みはゆるりとしたニュアンスを作るためなので、かっちり綺麗に仕上げなくても大丈夫。基本的に力を入れすぎず、ゆるさを意識することが色気を引き立てるコツだそう。

 

レシピ_#2 ルーズローポニーテール


おくれ毛を引き出してニュアンスを持たせながら、ウェービーなシルエットに作り上げています。ベースの巻き髪を作る時は、上から下までしっかり巻きグセをつけておくことが重要!

ルーズローポニーテールの作り方

1. うしろ下でひとつに束ね、ゴムで結びます。

 


2. 結んだ部分を押さえながら、トップの毛を引き出します。

 


3. 同様に、耳のうしろから襟足にかけて、おくれ毛を引き出していきます。

 


4. 程良い太さになるよう毛束を取ります。ゴムの結び目に巻きつけて、毛先をピンで止めていきます。

シンプルながら、大人っぽさが香り立つローポニーテールの出来上がり! 使用するゴムは、結び目がきつくなりすぎないように、ビニールゴムなどのソフトなものがオススメです。

 

【応用編】レシピ_#3 ふんわりローシニヨン


ローポニーテールをすでにマスターした! という人に、応用編としてご紹介するのがローシニヨンの色っぽスタイル。このゆるっと感がフェミニンな雰囲気を底上げしてくれるんです♡

ふんわりローシニヨンの作り方

1. うしろ下におだんごがくるよう、ゴムでゆるく結びます。

 


2. 結んだ部分を押さえながら、トップの毛を引き出していきます。

 


3. おだんごに毛を巻きつけます。この時、強く巻きすぎないよう気をつけましょう。

 


4. 崩れないよう、所々にピンをさして止めたら完成です!

ちょっとしたお呼ばれにも応用できそうですよね。こちらも、結んだ根元を崩しておくれ毛をしっかり出すことが、色っぽさのキーポイントとなっています。

 

いかがでしたか? ローポニーテールもローシニヨンも、大人の色気を引き出すコツは以下の3つ。

●太くたくさん巻いてベースを作ること

●ゴムを強く結びすぎないこと

●しっかりおくれ毛を出すこと

大人おしゃれなローポニーテール&ローシニヨンで、女性らしさを味方につけちゃいましょう!

 

▼Instagramで、武井さんのスタイルをチェック!

Instagram(武井歩美)

※武井さんにヘアチェンジを頼みたい方、髪について相談したい方はこちら

※取材協力: LOVEST銀座 by air

Photo by GOTA

LiFe編集部
マッチングアプリ・恋愛の専門家。
このライターの記事を読む
ページ上部へ戻る