BAE miel lbe unjour line facebook twitter
LiFe
dehaze
閉じる

結婚式までの必須ケア!プレ花嫁なら知っておくべき「美肌作りの進め方」

Writing by 吉田 明日香

結婚式までの必須ケア!プレ花嫁なら知っておくべき「美肌作りの進め方」

「人生で一番写真を撮られている?」と思うほど、式当日の姿はずっと残っていくものです。中でも一番見られる「顔」は、できるだけベストな状態でありたいですよね。

実は先輩花嫁たちが「もっとやっておけばよかった」と、最も後悔していることの一つが「フェイスケア」。あんなにケアをしたのにそれでも足りないと思うのは、もしかしたら事前の計画が足りなかったかもしれません。

そこで今回は、式当日までにやりたいフェイスケアとその段取りを紹介します。きちんと“やるべきこと”を理解して、後悔のない式を挙げましょう。

 

フェイスケアはどんなケアが必要?


まず、結婚式前にすべきフェイスケアにはエステでのケアと自宅でのケアの二つが主に挙げられます。

式の日程が決まってから、実際の式までは一年近くあると思うので、この二つを軸にしつつ、肌への負担をできるだけ避けるようにすることも忘れないでください。

特に自宅では、普段のケアにプラスすることだけではなく、現在のケアを見直してみることも大切です。

気づかない人も多いのですが、肌が乾燥していたり、ツッパリを感じたら、化粧品を疑って変えてみてくださいね。肌に合わない化粧品は使ってすぐに分かると思いがちですが、数ヶ月使ったところで症状が現れるものもあるんです。

“今”の自分の肌に合っているかを注意深く観察しましょう。

また、生活習慣の見直しもフェイスケアには欠かせないものの一つです。食生活では添加物の多い食べ物を避けたり、むくみの原因になる塩分の摂りすぎには注意してください。

目の下にクマを作らないように、睡眠をたっぷりととることも大切ですよ。

 

それぞれのフェイスケア、具体的にはどれくらい前からやるのがベスト?


フェイスケアを開始する時期ですが、まず、自宅でのケアは日取りが決まったらすぐにでもやりたいところです。

しかし周りの意見を聞いてみると「最初に張り切りすぎて続かなかった」という声も多いので、無理しすぎず、遅くとも3~4ヶ月前には本格的に始動するというイメージを持ちましょう。

一方で、エステ探しは早ければ早いだけいいでしょう。というのも、式直前すぎると行ったサロンが合わず、小顔矯正に行って顔がパンパンに腫れてしまったり、エステのパックが合わなかったなんてのはよく聞く話です。

まずは、気になるサロンを見つけたら、結婚式前の余裕のある時間を利用して、とにかく1回試してみましょう。

そして、こちらも早くから開始したいのが生活習慣の見直しです。生活習慣が改善されると肌の調子はよくなりますが、すぐに結果は出ないものです。

これまでの生活を変えることは難しい面もありますが、人生のうちの数か月だと思って、日取りが決まったら少しずつ頑張ってみてください。肌だけではなく、ダイエットにも繋がるので一石二鳥ですよ。

 

自宅での集中ケア……最も効果的な方法とは?


式が近づく3~4ヶ月前は、自宅でのケアが特に肌の調子を左右すると言っても過言ではありません。

重視すべきは“化粧ノリ”です。毛穴やシミそばかすが気になってしまう人も多いと思いますが、それらは案外、当日のプロのメイクでなんとかなってしまいます。それよりは、肌のトーンをアップさせたり、目元の小じわを抑えたりするほうが賢いですよ。

特に当日、厚めのメイクになることを考えると小じわにファンデがよってしまうことも大いにありえます。いつものケアに美容液やパックを取り入れたり、コスメをより保湿重視のものにして、小じわ対策を試みましょう。

ちなみに私が実践して一番効果のあった小じわ対策は、健康的な生活に切り替えることです。毎日ヨガをしたり、添加物が多いお菓子をやめたことで明らかに肌が整いました。

その証拠に、安いフェイスパックでもかなりの効果が現れました。体の内側から変えることは大変ですが、その分、効果は着実です。

 

式前はエステ通いも欠かせない……上手に選ぶ方法は?


当日ベストな肌で迎えるためにはエステ選びも重要なポイントですね。

色々なマシンがあったりパックがあったり、サロンによって特徴は様々ですが、なによりも施術者と上手にコミュニケーションを取れるサロンがベストだと思います。あなたが肌の悩みを打ち明けやすいか、また相手がその悩みをきちんと理解してくれるかで見極めると、施術後の満足度も高くなるでしょう。

それを踏まえると、できればあなたに合ったプランでベストな状態の肌を作ってくれる、オーダーメイドプランを組んでくれるサロンがいいと思います。

オーダーメイドにすると、数か月先からやることも多く、それなりの費用もかかります。ですが、エステでの効果はそれだけの費用をかける価値がありますよ。

サロンと相談しながら、無理せず、お金の許す範囲で頑張りましょう。

一人一人に合ったプランで輝く美肌に♡
お得なブライダルエステお試しコースを体験

 

超おすすめ!式直前でやっておくべきケアって?


私も結婚式に向けて色々なフェイスケアを試しましたが、式直前のケアで声を大にしておすすめしたいのが、床屋さん(理容室)での顔そりです。

オシャレな美容院の一角でやっているような「シェービング」ではなく、床屋さんの「顔そり」というのがミソ! お客さんが男性だらけで若干浮く気はしますが、床屋さんの顔そり技術は本当にすごいんですよ。

私も美容院と床屋さんの両方の顔そりを試した身ですが、断然床屋さんでの顔そり後のほうが肌が明るくなっていたし、化粧ノリも違いました。顔そり後に偶然友達と会ったときには、私からはなにも言っていないのに「肌キレイ」「タマゴみたい」と褒められ、どんなケアをしているのか聞かれたほどです。

私が行った床屋さんの場合、やはり普段はあまり女性客に施術しないのか、眉毛のあたりをそるときにちょっと戸惑っていました。直前に変な眉毛になるのはゴメンなので、きちんと希望を伝えるか、「眉毛はやらなくて大丈夫」と断っておきましょう。

最近では女性用の顔そりメニューがある床屋さんもあるので、チェックしてみてくださいね。

 

余裕があればこちらもチェック!


最後に、もし余裕があれば、髪型のおおよそのプランを立てておくこともおすすめします。

普段なかなか髪をアップにすることはないので、いざ髪をアップにしてみたら、いつもは気にならないフェイスラインのザラつきが気になったり、思ったよりも顔の大きさが目立ったりするからです。

ある程度の目安があれば、より確実なフェイスケアが行えますね。そこに向かって頑張ろうというモチベーションも上がります。

また、当日メイクをしてもらうときの希望をきちんとメイクさんに伝えることも重要です。

30代花嫁が後悔したことの一つに挙げられるのが「メイクが厚すぎて、二次会のときにはすでに顔がひび割れだらけだった」ということ。メイクリハがある場合は、自分の悩みや普段自分がしているメイクを確実に伝えておきましょう。

理想のヘアスタイルが必ず見つかる♡
ホットペッパービューティーで今すぐ検索

結婚式までは準備に大忙しでやらなければならないことが盛りだくさんですが、“美肌は一日にしてならず”です。日々のフェイスケアのみならず、食生活も大いに重要になってきますよ。

一度美肌を手に入れてしまえばそれがクセになって、式後も継続してケアを続けている人も多いです。これをいいきっかけにして、美肌作りに励んでいきましょう。

 

参考:『噂の女医がこっそり教える女の不調が消える本』主婦の友社/吉木伸子

吉田 明日香
新卒で出版社に入社し、勤務して8年。編集長になり仕事が楽しくてしょうがなかったのに、何を思ったか「私、ドイツ行くわ」といきなりドイツへ。ヒッチハイクしたり、知らない人の家に泊まったり新しい世界を大満喫する。帰国後、仕事復帰を果たすも、そこで出会ったギリシャ人のことを忘れられず再び渡独。そんな彼は今の夫です。 「思い立ったらいっちょやってみっか」がモットー。今はドイツでライターとして大好きな仕事を継続中のアラサー女子。
このライターの記事を読む
ページ上部へ戻る