BAE miel lbe unjour line facebook twitter
LiFe
dehaze
閉じる

【結婚式】歯のホワイトニングは花嫁の常識!サロン選びのポイントや値段は?

Writing by 吉田 明日香

【結婚式】歯のホワイトニングは花嫁の常識!サロン選びのポイントや値段は?

結婚式当日をパーフェクトな姿で迎えるため、花嫁がやるべき美容ケアはたくさんあります。ダイエットやフェイスケアなどが主ですが、最近では歯を白くする「ブライダルホワイトニング」を実施する花嫁も多いみたいですよ。

結婚式を終えた花嫁も、結婚式当日までにケアしておけば良かった箇所として「歯のホワイトニング」を挙げる人も多く、後からその重要性に気づくみたいですね。ですが、まだまだブライダルホワイトニングの知名度はそこまで高くはないのが現状です。

そこで今回は、ブライダルホワイトニングの値段や期間などを詳しく説明していきます。

 

「ブライダルホワイトニング」って一体なに?


そもそも「ブライダルホワイトニング」とは、結婚式に向けて短期間で歯を白くしていく施術のことです。

最近では美容の意味合いも込めてポピュラーになったようで、ホワイトニング専門の美容歯科も増えているもよう。ブライダルに関わらず、日常のケアとして試している人もいるようですね。

歯は笑顔になるたびに見られるので、ホワイトニングは花嫁だけではなく、花婿さんも注目したいケアの一つです。結婚式前に、旦那さんとともに試すのもアリですね。

 

黄色みがかった日本人の歯……純白の衣装に悪目立ちするかも


結婚式前は色々と準備に忙しいので、「そこまで気が回らない!」と叫びたくなる花嫁さんもいるかもしれません。しかし、歯の白さは当日の結婚式の出来を左右すると言っても過言ではないんですよ。

結婚式で着る衣装と言えば、純白のウェディングドレスや白無垢など、真っ白のものが多いです。日本人の歯はもともと平均的に黄色みがかっているので、白い衣装に身を包むと、その黄色さが余計に目立ってカッコ悪く見えがちです。

和装をする人も多いと思いますが、和装のメイクはおしろいを塗って、肌をより白くすることが多いので、そうなると笑ったときの歯の黄色みが悪目立ちしてしまいます。写真を撮るとかなり分かるので、和装をする可能性がある人は特にホワイトニングをしておいたほうが賢明かもしれませんね。

また、花嫁であるあなただけではなく、花婿である旦那さんにもホワイトニングをおすすめしてみてください。結婚式では、当たり前ですが夫婦のツーショット写真がよく撮られます。せっかく笑顔を作っても旦那さんの歯が黄色いと、その日の写真が台無しです。

喫煙者の場合はなおさらホワイトニングが重要ですよ。

 

ホワイトニングの種類は大きく分けて2つ。どちらを選ぶ?


一言でホワイトニングと言っても、ホワイトニングには大きく分けて「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」の2種類があります。

まず「オフィスホワイトニング」ですが、こちらは歯医者やサロンで施術してもらうもので、専用のジェルを用いたり、レザーライトを照射することで歯を白くしていきます。ほとんどの場合、短期間ででき、しかもすぐに効果が現れるので結婚式にフォーカスするならこちらのほうがいいかもしれませんね。

ただし持続性は期待できません。直前のほうが効果が分かりやすいので、結婚式の数日前に行くことをおすすめします。

一方「ホームホワイトニング」は、歯医者さんでホワイトニング用のマウスピースを作ってもらい、それをつけることで歯を白くしていく方法です。その名の通り、“ホーム(自宅)”で行うケアのことで、透明のジェルをマウスピースにつけ、それをはめて過ごします。

マウスピースをつけている限り歯を白くし続けてくれるので、持続性も望めますよ。また何回も通う必要がないので、時間が取れない人にもおすすめです。結婚式を機に本格的にホワイトニングにとりかかりたいなら、こちらのホームホワイトニングのほうが良いでしょう。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせる人もいますよ。どの程度まで力を入れるかを考え、自分たちに合った方法を選びましょう。

 

実はそこまで高くない? 期間と値段を知りたい!


それぞれのホワイトニングの期間ですが、まずオフィスホワイトニングは短期間でできると先述した通り、1回の施術はだいたい1時間ほど。もちろん効果を持続させたいなら継続して通う必要がありますが、この1回の施術でも十分、白さの違いを感じられるそうです。

逆にホームホワイトニングは1回マウスピースをはめたくらいでは効果が分からないので、遅くとも半年前から始めるほうが良さそうです。こちらは少々地道な作業になりそうですね。

また気になる値段ですが、オフィスホワイトニングは1本500円というお手軽なものから1回3~5万円するものまでさまざまです。さらにまだまだ施術が行える歯医者やサロンは少ないので、予約が取りにくい可能性があることも念頭に置いておいたほうが良さそうです。

ホームホワイトニングは、歯医者のHPを見てみるとだいたい2~5万円が相場といったところ。ただし、消耗品のジェルは質によって値段が異なるようです。費用的に継続ができるかどうかも注意したいですね。

 

歯医者やサロン選びのポイントと裏技


オフィスホワイトニングでもホームホワイトニングでも、本格的にブライダルホワイトニングを行う前に一度試してみることが、良い歯医者やサロンを選ぶコツです。お試し価格で数本のホワイトニングをやってくれる歯医者やサロンは多く、高いお金を払う前に自分に合っていそうか確認できるので安心です。

また裏技として、ウエディングプランナーさんに聞いてみるのもアリですよ。多くの花嫁とやりとりするプランナーさんは、まさに情報の宝庫です。おすすめのサロンを知っている上に信頼性も抜群なので、頼ってみてください。

 

先輩花嫁たちからは「やって良かった」の声多数


実際にブライダルホワイトニングを結婚式前に行った花嫁からは「写真写りが良かった」「笑顔に自信が持てた」と嬉しい声が聞こえてきます。

プロのカメラマンの写真では歯の色を写真加工で白くしてくれることも多いですが、結婚式で写真を撮っているのはカメラマンだけではなくゲストもいることを忘れないでくださいね。ばっちり出席者のカメラにもリアルな姿が収まっていますよ。

しかも最近ではSNSで友人の結婚式を報告することも多いので、キレイな歯で満面の笑みを浮かべておきたいものです。

実はそんなSNS事情も見越して、「ホワイトニングをして良かった」という声も多いんです。当日は“カメラマンだらけ”ということを考えると、それも納得ですね。

 

特に結婚式直前は、自分のケアと合わせて準備も忙しくなってくるので、歯のケアまで頭が回りません。しかし、結婚式の写真は一生残るものですよ。そこで歯が黄ばんでいたらせっかく他のケアを頑張っても残念な印象しか残りません。

ブライダルホワイトニングは夫婦でできる数少ない美容施術の一つです。二人の仲をより深めるためにも、夫婦でブライダルホワイトニングを考えてみてもいいかもしれませんね。

 

参考:遠藤歯科クリニックWhiteningBARミュゼ

吉田 明日香
新卒で出版社に入社し、勤務して8年。編集長になり仕事が楽しくてしょうがなかったのに、何を思ったか「私、ドイツ行くわ」といきなりドイツへ。ヒッチハイクしたり、知らない人の家に泊まったり新しい世界を大満喫する。帰国後、仕事復帰を果たすも、そこで出会ったギリシャ人のことを忘れられず再び渡独。そんな彼は今の夫です。 「思い立ったらいっちょやってみっか」がモットー。今はドイツでライターとして大好きな仕事を継続中のアラサー女子。
このライターの記事を読む
ページ上部へ戻る