BAE miel lbe unjour line facebook twitter
LiFe
dehaze
閉じる
2018.01.23 Sex

セックス中毒の実情「タガが外れる瞬間」はどのように訪れる?

Writing by LiFe(Jealousy)編集部 

セックス中毒の実情「タガが外れる瞬間」はどのように訪れる?

わたし、セックス中毒でしょうか?

性欲は誰にもありますし、女性でも自発的にセックスしたいと思うのは普通のこと。

ですが、その「したい」の歯止めがきかない、性欲のコントロールができない……そんな状態になることがあるようです。

それが、セックス依存症です。

 

プロゴルファーのタイガー・ウッズの不倫騒動で話題になった言葉で、よく耳にするようになりましたよね。

セックズ依存症は「セックス好き」のイメージが強かったために、以前はただの「モラルの欠如」とされており、病気としてなかなか認識されなかったそうです。

言われてみれば、まだ「性欲が強い」イメージが独り歩きしている印象です。

 

セックスに依存してしまうのは「セックス好き」ではない!

脳科学者・中野信子先生の著書『脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体』によれば、「セックスの快感には脳の報酬系がかかわっている」とのこと。

報酬系とは、満たされたときに脳に快感を与える神経系のことです。

「好きなものに接しているとき、脳の中にドーパミンが放出され、脳は快感を覚えます。

そしてさらにこの結果は情報として記憶されます。

こうして最初の体験が快感とともに記憶されると『再びあの体験をしたい』と考えるようになります。

 

しかし、日常生活でドーパミンが放出される状況は不思議ではありません。

そのために、セロトニンなどの抑制物質が適度な興奮を抑えてくれています

依存症の人はこうした神経伝達物質のバランスが崩れているのだと考えられます」

つまり、奔放でもモラルがないのでもなく、セックス依存症は抑制のバランスが取れない脳の病気なのです。

 

セックス依存症の正体とは・・・

「性的な快感をもたらす刺激は、脳の報酬系を活性化させますから、その快感があまりに大きいと耐性が生成されてしまいます。

そして、性的な刺激の頻度や強度が増し、やめたいと思っても離脱症状が起こってやめられない状態になります」

このように、性的な快楽は脳が原因によるものなのですが、多くは誤解されています。

「この状態はあらゆる依存症の中でもっとも助けを求めにくく、また理解してもらいにくいものでしょう。

当人の趣味・意思で行っているとしか考えないからです」

セックスすると快感・幸せと感じることは普通です。

しかし、その快感を追い求めて何も手につかなくなったり、そのためならなんでもする・時間を惜しまないとなってしまうと、「依存症」の領域になります。

 

寂しさからのHに要注意

以前、「セックス依存症かもしれないと悩んでいた」女性と話したことがあります。

当時はあまり知られていない言葉でしたから「この人はセックス大好きな人なのかな」とぼんやり考えていました。

彼女は、以下のように話していました。

「もともと尽くすタイプで、男性が喜ぶのがうれしかった。

でもある日突然タガが外れ、気がついたらHばかりするようになっていた。

気持ちがいいし、いろんな意味で安心するのでまたしてしまう。

相手もとっかえひっかえで依存症かもしれないと思っていた」

 

本書にある「セックス依存の根源にあるのは強い性的欲求ではなく、寂しさです」との通り、彼女はとても寂しがりだったようです。

そのうちに多忙になったために機会が減り、いつのまにかしなくても平気になったとのこと。

 

頻繁にセックスするけれど、そこまでの域には行っていない、と感じる女性は多いかもしれませんね。

 

でも行為によって「生きている実感」を感じたり、日常生活に支障をきたすようになったら要注意。

専門外来もあるので、そんなときは迷わず医療機関を受診してくださいね。

ページ上部へ戻る