BAE BAE miel lbe unjour line facebook twitter instagram
LiFe
dehaze
閉じる
恋テク

Writing by LiFe編集部

脈あり!恋愛に発展!~狙ったオトコに99%告白させるテク~

Writing by LiFe編集部

脈あり!恋愛に発展!~狙ったオトコに99%告白させるテク~

恋愛に発展する脈があるのかないのか不安…。

告白はやっぱり男性にして欲しいもの。

先に告白したほうが、付き合い後の主導権を握る」などとも言われていますし、オトコは自分が追いかけたい生き物。追いかけて手に入れたものは大事にします。

どんなに好きな彼でも、やっぱり相手から告白して欲しいですよね。

そこで、今回は彼の方から告白させるテクニックをご紹介します。

 さりげなく「好き」を匂わせる

まずは、「この子俺のこと好きなのかな?」と思わせること。

告白しても大丈夫だということをさりげなく伝えましょう。

具体的な必殺技を3つ紹介します!
実際、私はこれで成功したことが何度もありますよ。

必殺技① 特別な日のLINE・メッセージ

お誕生日やクリスマス、お正月などのイベントで、LINEやメッセージを送ってみてください。

ポイントは「俺のこと好きなのかな?」と思ってもらうこと。お誕生日になった瞬間の午前0時にメールを送ったり、好きバレはNGです。

あからさまに好きを出さないように気をつけるのがコツ。

 

必殺技② 相手の「好きかも」を感じたら「私も」

その向こうが「好きだなあ、そいういうところが」と好きを匂わせて来たらこちらもすかさず「私も好きかも」。

「また会いたいな」には「私も」。

はっきり言わないところがポイントです

「かも」を絶対忘れないで。

 

必殺技③ ほんの少し目をみて、すぐに視線をそらす

2秒間目を見て、そっと視線を外す。

あまり長い時間見つめているのは不自然です。

しかしこれは「どこを見てるんだろ?え、俺のこと見てる?」と「何かあるのかな?それとも深い意味が……」の絶妙な間合いを作り出します

それが、この2秒。いちばん効果的なタイムです。

それを何度か繰り返します。

「やけに目が合うなあ」と思わせる。

そのなんだかかよくわからないことが相手の興味をひき、それどころか「気になってしょうがない」のところまで持っていくことができます。

 

さりげないボディタッチ

鉄板ですが、かなり効果があります。

手からはパワーが出ていると言われますが、確かに触れた瞬間ドキっとしますよね。

恋愛感情に刺激が与えられるということなんですね。

そして、これで脈があるかどうかも分かります。タッチしたその瞬間の彼の表情を見逃さないで。

いやな顔をしなければ脈あり

身体に触れることは本能に直結していますので、とっさにいやな表情や、まんざらでもない表情は出てしまいます。

具体的な仕草でいうと、席を立つときに「ちょっとごめんね」とさりげなく肩をさわる。「腕にほこりがついてるよ」と二の腕をさわる。

ボディタッチと言っても「笑いながら叩く」のはおばさんぽいので、あくまで自然に触れるのがコツです。

大事な話をするときに、肩などをポンとたたいて話に入るのと、何もせずに話に入るのと、どちらを真剣に聞くでしょう?

このことから、「触れること」は重大な意味を持つと言えますよね。

 

頻繁に会う機会を増やす

意中の相手が会社の同僚なら、通勤時間を合わせてみて

同じ時間の同じ車両なんて、自然ですね。

または、ふだん彼がよく行くスポットへ足を運びましょう。

「顔を合わせる回数が増えると、好感度が増す」といういわゆる単純接触の原理の法則ですが、こればかりではワンパターン。

行くだろうと思われていたその日に姿を現さない、1週間ほど、ぷっつりと行かなくなる。ランダムに現れるなどのバリエーションを。

人間は、予想のつかないことに心を乱されます。この心の乱れで印象付けましょう!

 

いかがでしたか?

告白させる一番のポイントは「あの子は俺を好きだと確信しているのだけれど、絶対告白してこないので、たまらず自分のほうから告白してしまった」というシチュエーションが最善です。

言葉は悪いですが、ぜひ告白させて「主導権を彼が握っている」気分にさせ、実際はあなたが手のひらの上で転がしましょう。

それが賢いオンナのやり方です。

相手の見極めも重要!

最後に、もうひとつ重要なことをお伝えしておきます。

それは、相手から告白させたいときには相手がどんな相手か見極める必要があるということ。

もし、彼が自分よりも計算高いタイプなら、相手から告白させるのは難しいですよね。

好きになってしまったものはしょうがないとはいえ、相手に振り回されないように気をつけてください
もし駆け引きばかりで疲弊してしまうくらいなら、新しい相手を探した方が幸せかもしれませんよ!

 

LiFe編集部
マッチングアプリ・恋愛の専門家。
このライターの記事を読む
ページ上部へ戻る