BAE BAE miel lbe unjour line facebook twitter instagram
LiFe
dehaze
閉じる
2018.01.18 コラム

Writing by LiFe編集部

忘れられない後悔。人の気持ちを踏みにじったことはありますか?

Writing by LiFe編集部

忘れられない後悔。人の気持ちを踏みにじったことはありますか?

みなさんは、失恋したことはありますか? ツラいですよね、失恋。

なぜ自分がこんなツラい思いをしなきゃならないのかと、ちょっと世の中を恨みたくなります

失恋直後は、自分の全てが否定されたような絶望的な孤独感にさいなまれるものです。

周りはこっちの気持ちも知らずヘラヘラ笑っているし、誰もこの痛みなんてわかってくれない……なんて、20代の頃の私は自分の傷にばかり敏感になり、他人の傷を見ようとしていませんでした。

「人を傷つけた」ことに対する後悔

片思い 告白 好意

私は40歳を過ぎて、30代の頃にはあまり感じなかった後悔を感じるようになりました。

それは過去に、人を傷つけたことです。

好きな人を傷つけた恋愛エピソード

ある男性に告白されたときのこと

とても誠意のある方でしたが、お付き合いには至りませんでした。

誠意があることと、恋愛感情を抱けるかどうかは別。恋愛ではよくあることです。

でも、きっぱりとは断りませんでした。

むしろ男性の好意を利用していました。

なんとなく不安な夜は、深夜でも電話の話し相手になってもらったり、予定のない日は買い物やお酒に付き合ってもらったり、まあそんなところ。

 

大したこと、ないですか? そのくらい、女子なら誰でもやってる?

私もその程度に、考えていました

だから、他の男性とデートすることも躊躇いませんでした。

でも、逆の立場だったらどうでしょう。

意中の彼に振り向いてもらうための一途な努力を、そんな風に扱われたら? 約束をドタキャンされて、他の女性とデートされたら?

好きな人に振り向いてもらえない辛さは、十分味わっていたはずなのに、自分に向けられた気持ちを粗末に扱ってしまいました。

40代になった今、思い出すのは、他人に誇れないそんな行動ばかりです。

他人の恋心を軽く扱った過去が、じわじわと私を苦しめ始めています。

大切な恋人を傷つけてしまった体験談

大好きな人を傷つけてしまった…。誰しも、一度や二度はそんな経験をしたことがあるのではないでしょうか?

一度、相手を傷つけてしまったかもしれないと思うと、どこまでも自分自信を責めて、苦しくなってしまうこともあります。

もう一つ私が忘れられない後悔は、かつて付き合っていた男性を傷つける言葉を言い放ち、一度喧嘩別れしたことでした。

自分の言動を後悔してもしきれず、地獄のような毎日を過ごしていた私。それを救ってくれた言葉があります。

「つぐみさん」という界隈では有名な占い師に相談したとき、占いで言われた言葉です。

「彼もまた、自分の言動やあなたの気持ちを受け入れなかったことを後悔しています。

だから、また彼から復縁したいという連絡がくるはずです」

「あなたと彼、決してどちらかが悪いってことはありません。

あなたが悪いわけではないから、直すべきところはないんですよ。

それよりも、自分のことを愛してあげて

その後、奇跡的に彼から「傷つけて本当に申し訳なく思ってる。もし許してもらえるなら、やり直したい。」という連絡がきて、またお付き合いできることになりました。

もし一人悩んでしまうときには、思い切って占いで鑑定してもらうのもいいかもしれません。

おすすめの占いサイトは、わたしが相談したつぐみさんをはじめ、有名な占い師が集まるヴェルニ

登録料と通話料は無料で、厳しい審査をクリアした全国の有能占い師に鑑定をしてもらえますよ。

【登録・通話無料】電話占いヴェルニ公式サイト

 

誰かを傷つけることに意味はあるのか?

失恋 傷つける

傷ついた人の気持ちを汲み取れるようになることは、失恋からの大きな学びのひとつでしょう。

失恋した友達がいたら、寄り添ってあげたい気持ちにもなります。その辛さわかるよ、なんて一緒に涙することもあるでしょう。

失恋の経験のおかげで誰かの痛みに共感できるようになるなら、傷つくことにも、それなりに価値があるようにも思えます。

でも、傷つくことにも価値があるなんて、加害者側の言い分なのかもしれません。

私たちは否応なく他人を傷つけてしまいます。

例えば、誰かの申し出を断るとき。傷つけたくないから、なんとか上手い断り方はないものかと思案しますが、どんな断り方をしても相手は痛みを感じるでしょう。

そもそも他人を傷つけずに生きることなんて、できないのかもしれません。

だからこそ、せめて。 誠意のある傷つけ方を目指しませんか?

他人を傷つけるからには、傷つける側もそれなりの誠意を持って腹を括ろうということです。

誰かの願いを断る断らないという結果よりも、「思いやりのない行為」に人はもっとも傷つくのだと思います。

今、私が思い出して切なくなるのは、誰かに恋焦がれて破れてしまったほろ苦い恋心なんかではなくて、ひとりの男性を振り回して傷つけてしまったのではないかという自責の念です。

私は、それまで自分の保身ばかり考えていました。

年をとってわかった、人生で忘れられない後悔

恋愛も人生も、思い通りにならないことの連続です。どんなに希望を押し通そうと頑張っても、自分の思い通りになどなりません。

それでも、私たちは自分の気持ちを優先させてしまいがちです。傷つくことを、何より恐れます。

自分が受ける鮮烈な痛みに比べたら、他人の痛みなどカスリ傷程度にしか見えないものです。

でも、誰かに傷をつけた張本人が、あなただったら? 他人のその傷を消したいと思いますよね。

私は40代になって、初めて気付きました。

きっと人生でもっとも後悔することは、自分の失敗や諦めた夢なんかじゃなくて、他人を傷つけたことです。

誰かの気持ちを踏み台にして、いい人生が送れるはずはないんですよね。

これからの人生で、もう告白されることはないと思いますが、今さらながらに、もっと人の気持ちに敏感に生きていきたいです。

もしあなたにもこのような後悔があるのなら、それを無駄にすることなく、それを胸に前を向いて進んでほしいと思います。

人生はまだ続いていくのだから、傷ついたり後悔しても、何度だって恋をしていいんですよ。

LiFe編集部
マッチングアプリ・恋愛の専門家。
このライターの記事を読む
ページ上部へ戻る