BAE miel lbe unjour line facebook twitter
Life
dehaze
閉じる
2018.05.09 恋活アプリ

Writing by Yuri

こんな出会いは危険!Omiaiで出会った“個室のスミ男”

Writing by Yuri

こんな出会いは危険!Omiaiで出会った“個室のスミ男”

こんにちは!マッチングアプリで恋活中の27歳OL・ユリです。

今回は私のマッチングアプリ体験談、第2回!『Omiai』で出会った男性との思い出を語らせて頂きます。

彼の仮名は「個室のスミ男」。

彼と出会ったのは、私がマッチングアプリでイケメン狩りをしていた時期でした。

個室のスミ男とOmiaiでマッチング成立~メッセージ

Omiai 体験談

個室のスミ男 スペック

年齢:28歳

職業:営業

年収:500~800万円

顔:「錦織圭」似の爽やか系イケメン

いいね数:300前後

Omiaiの相性診断:68%(低め)

 

個室のスミ男とマッチングしたのは、私からのいいねでした。

その頃の私はイケメン狩り全盛期。

とにかくイケメンに出会うことが目的で、好みのイケメンにはとりあえずいいねを乱射!

 

スミ男は写真も4枚登録していて、顔がはっきりわかるし、全身写真もありました。

自己紹介もしっかり書いていました。

ただ、「真剣な恋活もしていますが、気軽に飲める友だちも出来たらいいなと思っています」という一文でチャラ男レーダーが反応!

こういうことを書いている人は、高確率で恋活してません。ヤリモクフラグです。

しかし、そのときの私はスルーしました。(マッチングアプリの王になりたかったから)

 

名乗って趣味について話しーの、ゆるっとしたやりとりが続きます。

 

Omiai

なんだか和む会話~♪

そんな中、スミ男からお誘いが!

スミ男「週末、お時間あればユリさんと軽く顔合わせだけでもしたいんですけど、忙しいですよね?」

ユリ「週末は予定があるので、月曜の夜だったら空いてます♪」

時間があったので、スミ男と会うことにしました。

 

マッチングしてから会うまでの期間は約10日。

10日間やりとりしていても、イケメン・料理ができない・カフェが好きという薄い情報のみ。

スミ男もそれほど私のことを知らないだろうに、とりあえず会おうタイプのようです。ヤリモクフラグ2本目。

果たしてフラグ通りなのか?折れるのか?

 

スミ男とごはんデート

Omiai 体験談

スミ男との待ち合わせは渋谷でした。

行く直前になってなんだか面倒になりドタキャンを考えましたが(マッチングアプリあるある)、気を取り直して、待ち合わせ駅に到着。

駅は混むから……と待ち合わせ場所を指定されたけど場所がわからず、街中で迷子になっているとスミ男から着信。

 

スミ男「今どこにいるの?いないんだけど?」

ユリ(なんだこの男、帰りたい……)「すいませんー、道に迷ってしまって」

スミ男「えー、じゃあ俺がそっち行くよ。今どこ?」

ユリ「○○の近く?かな?」

スミ男「あ、じゃあ△△まで来て!」

来てくれるんじゃないんかーい。

いや、迷子になった私が悪いんですけど……この時点でスミ男に対する気持ちは下がりっぱなしです。

本来の待ち合わせ時間から30分、なんとかスミ男に会えました。

 

第一印象……イケメン!写真より断然かっこいい!

最初に錦織圭に似ていると言いましたが、それ以上に、高校生のときに好きだった同級生に激似♡♡

いやー、一気にイライラが吹っ飛びました。ゲンキンな女です。

 

ユリ「すみません!遅くなっちゃって……」

スミ男「大丈夫だよ。店こっちだから、行こう!」

ユリ「はい♡」

帰らなくて良かった~!と、るんるん♪しながらお店に到着!

お店は小さなカフェのようなイタリアン。スミ男は友だちと来たことがあると言っていましたが、おそらく女でしょう。(そういう勘は大体当たる)

それはさておき、対面の席だったので、正面にイケメンが座ってるとお酒とお料理が3倍美味しい!

 

ユリ「お休みの日は何してるんですか?」

スミ男「んー、基本的に家にいて、夕方から飲みに行くかな。近所にいつも行く飲み屋があって」

ユリ「お酒好きなんですか?」

スミ男「好きだねー。ユリさんは?」

ユリ「私は弱くって……この1杯を2時間かけて大事に飲みます♡」

スミ男「ほんと!?(笑)」

きゃっきゃしながらご飯を食べて、会話も弾み……

ユリ「本当にイケメンですね!」

スミ男「そんなことないよ」

ユリ「絶対写真よりかっこいいです!」

 

ご飯食べてるときに、100回くらい「イケメンですね♡」と言いました!

スミ男を絶賛する私。話した感じ、チャラそうでもないし、イケメンだし、すごい良さそう!!

ヤリモクフラグ、折れた♡

久しぶりに、好みのイケメンに癒されながらご飯食べれて幸せな気分ー♪

 

2軒目で急変したスミ男

Omiai 体験談

1軒目を出て、夜10時くらい。

明日仕事だし、そろそろ帰りたいなーと思いましたが、スミ男が飲み足りないと言うので少し付き合うことに。

そして2軒目……ここで事件が!

 

2軒目は半個室でL字型のソファだったのですが、酔っぱらったスミ男がグイグイ来る!

抱きついてくるというか、もう固定されてるみたいなホールド感。

顔も近い、近すぎる!お前はイタリア人か!

やっぱりチャラ男だ!ヤリモクフラグはまだ折れてなかった!!

 

スミ男「本当に可愛い。キスしていい?」

ユリ「いやいやいやいや、近い!チャラい!」

スミ男「チャラくないよ。好きな子にしかしないよ」

はい、駄目押しのチャラ男!

 

そもそも、私は流され女子日本代表になれるくらい、押しに弱いんです。

しかも相手は好みのイケメン……

小娘でもあるまいし、酔っぱらってキスするくらい、たまにはいいかもって。

半個室のスミに追いやられたユリは潔く流されました。

(言い訳させて!普段はしないよ!)

 

しばらくすると、スミ男がヒートアップしてきたので、さすがに叱って、帰ることに。

お会計のとき、私はほぼ飲食してないし、もうお金を出す気はなかったので外で待機。

ユリ「お会計ありがとう~」

スミ男「2軒目は俺のおごりだね」

めっちゃドヤ顔で言われました。

……おごりっていうか、私は1杯飲んだだけだし!

ほぼスミ男が頼んだお酒と軽食だけだから、当たり前じゃない?

と思ったけど、もう突っ込む気もなかったのでスルー。

ヤリモクな上にケチって最悪です。

良いのは本当に顔だけだな!!!

って心の中で毒づいていたんですけど、とりあえず手を繋がれたまま、駅のほうへ。

 

スクランブル交差点がある渋谷TSUTAYA前は、深夜でも人気が多く賑わっています。

場所も場所だし、さすがにもうスミ男に対して警戒を解いていたんですが……

渋谷TSUTAYA前で事件が!

 

ユリ「じゃあね!」

スミ男「また会ってくれる?」

ユリ「うん!」(微妙)

 

ここでまさかのNHK!!!

(二の腕引っ張ってキス)

 

いやー、ドラマかと思いました。

周りがスローモーション!世界には私と彼だけ☆

 

って、一瞬トキメキました。

イケメンと都会のど真ん中でキスするなんて、今後の人生で二度と無さそうなので良い思い出になりました!

これに限ってはスミ男に感謝です。(ん?感謝なのか……?)

 

そして2回目のお誘い

Omiai 体験談

後日、スミ男から「今週末会おう」と連絡がきました。

どうしようかなあと思いながらも、とりあえず日程を決めて、新宿で会うことに。

 

お店の予約をお願いしたら、スミ男が予約してくれたのは個室らしい。

Omiai スミ男

予約任せちゃったし、まあいいか……と思って一度快諾。

しかし、予約がとれなかったみたいで、違うお店のURLが送られてきました。

また個室!!

しかも、そこも予約が取れなかったのかなんなのか、スミ男から違うお店が送られてきましたが……個室ーーー!!!

Omiai

どんだけ個室好きなんだよ……

しかも安っぽいお店ばっかりで微妙……なんかパリピ感のあるお店でダサい。

 

うーーーん、どうしよう。会ったら絶対また流される……。

ユリ「お店考えてくれてありがとう。でも、私は個室で会うのは抵抗あります。この前は流されてしまったけど、私はやっぱり彼氏じゃない人とキスとかしたくないです。スミ男さんは個室に行ったらそういうことすると思うので、個室だったら行けません」

と、長文LINEを送りました。

 

以降、スミ男から連絡が来ることはありませんでした。

スミ男、終。

 

スミ男まとめ

Omiaiで10人以上の男性に出会ってきたけれど、ヤリモクに出会ったのは初めてでした。

うーん、プロフィールから漂うヤリモク感には要注意ですね!

渋谷TSUTAYA前でのドラマチックなキスを思い出に、スミ男との出会いは終了となりました。

 

ページ上部へ戻る