BAE miel lbe unjour line facebook twitter
LiFe
dehaze
閉じる

危険な出会いに注意!ペアーズ(pairs)にいた地雷男4選【体験談】

Writing by ミクニシオリ

危険な出会いに注意!ペアーズ(pairs)にいた地雷男4選【体験談】

マッチングアプリを使っての恋愛は、昨今では少しずつ当たり前のことになってきました。

しかし、手軽で便利なマッチングアプリでの恋愛にも、ネット出会いならではの「気をつけねばならないポイント」がいくつかあります。

①実はサクラや業者、ヤリモクだった!

②アムウェイに勧誘された!

③好きになってしまったのに、実は既婚者、彼女持ちだった!

などなど。ネット出会いの恋愛には、様々な地雷に引っかかる危険性もあるのです。

今回は、マッチングアプリ「ペアーズ」でそんな地雷男に引っかかってしまった女性の体験談を紹介します!

最初のデート!カフェだと安心していたら…(27歳・看護師)

ペアーズ(pairs) アムウェイ ネットワークビジネス アプリ

今回会うことになったのは、一眼でしっかり撮られた写真の男性。プロフィールもしっかりしていて、年収が高く、紹介文もしっかり書かれていました。

男性は自由業で、どうやら起業しているよう。年収は、27歳でなんと1000万!

これは上手くいけば玉の輿かも♡ 」と気合いを入れて連絡を取り合っていました。

ある日、彼からのメッセージでデートのお誘いがきました。

ペアーズ(pairs) アムウェイ ネットワークビジネス 勧誘

最初のデートがお酒じゃないのは好印象♡

しかも友達も紹介してくれるということは、けっこう私とのことを真剣に考えてくれているのかも!

そう思って、デート当日はメイクもヘアも気合を入れて彼との待ち合わせ場所へ。そこにいたのは、想像よりもスラリとしたイケメンな彼♡

これは…キてる!!!

早速、行く予定になっていたカフェへ!マンションの一室で彼の友達が経営しているというカフェは、インテリアもお洒落で素敵なカフェでした。

そこで彼と仲良く喋っていたところ…途中で異変に気づき始めました。

「そういえば、スタイルがいいですね!普段よく水とか飲まれてるんですか?」

「はい、水が好きなのですごい飲んじゃいます(笑)水道水とかでも全然気にしない方なんです~」

「え!水道水飲んでるんですか…?それはあまりよくないと思うな。僕は水道水は消毒成分が入っているので絶対飲まないんです。それでも水が飲みたい時のために、ウォーターサーバーを買うのはどうですか?」

「え…?」

そこからは水道水の危険性と、ウォーターサーバーの良さの話が延々。しかも、周りの友達たちからも、ウォーターサーバーをゴリ押しされて…。怖くなってすぐ帰ってきてしまいました。

後々調べてみたら、実はそのカフェはアムウェイの人たちの集会場だったのです…!

イケメンの彼も、私のことは勧誘対象として見ていただけだったのでしょう。

その後連絡は来ず、そのままになってしまいました。

「自由業」はアムウェイの可能性アリ

商品を売りつけられなくてよかったですね。最近では様々な働き方があるとは言え、自由業という表記の男性には注意が必要かも。

会う前に一度電話してみるなどし、相手の職業などの情報を探っておくことで、このような惨事を防ぐことができると思います。

付き合ってみてすぐ発覚!?実は〇〇な男(29歳・メガバンク勤務)

ペアーズ(pairs) 彼女持ち

最近付き合った彼は、アプリ出会いの趣味が合う人。音楽やカメラ、旅行など、考え方が色々合っていたのですぐに意気投合しました。
そして、初めて遊んだデートの最後、彼から「一目惚れしました」と告白されました。

こんなにすぐ付き合って大丈夫かな…と一瞬思いましたが、気も合うので結局そのまま付き合うことに。

そして、その後付き合って初めてのデートは彼の家。ワクワクして遊びに行きましたが、思わぬ問題が起きたのです。

その日の夜、寝る前にコンタクトを取ろうと思い「コンタクトケース借りていい?」と言いながら、洗面所の戸棚を開けたところ…。

戸棚の中にコロンと、裸の歯ブラシが転がっているのを見つけてしまったんです。
すると、慌てて彼が来て「あ、そっちじゃなくて!」と戸棚を閉めたのですが、時すでに遅し。

完全に頭に来た私は「この歯ブラシ、誰の?」から入り、その戸棚をとにかく洗いざらい確認しました。

そうしたら、あれよあれよで出てくる化粧水、メイク落としにヘアゴムなど……。

結局問いただしたところ、彼には別にもう一人彼女がいたんです。
頭に来たのでその場で別れました。すぐ分かって本当によかったです…。

彼女持ちは洗面所に隙アリ

長いこと付き合ってしまう前に分かって良かったですね。

家の中で一番異性の影が残るのは洗面所周り。ネット出会いの男性は共通の知り合いもおらず、二股の可能性に気づくことができないので、付き合ったらまずは一度、洗面所周りに怪しいところがないか確認してみてもいいのかも。

初めてのデートで…(25歳・アパレル勤務)

pairs(ペアーズ) ヤリモク

最近初デートしたアプリ出会いの男性。金曜日の夜に、「行きつけのイタリアンがあるから」と彼の最寄り駅らしい場所を待ち合わせに指定されました。

正直、「遠いし面倒だな」と思いましたが、彼の顔がタイプそうだったので(笑)ここは我慢して、と待ち合わせの駅に向かいました。

飲んでいる最中はとても楽しく、気づけばすぐ終電の時間。「そろそろ終電だから」と立ち上がろうとすると、彼から「もっと一緒にいたい」との一言が…。

その言葉に負けて、彼の家に遊びに行ってしまったのが私の敗因。彼の家に遊びに行き、結局そういう雰囲気になってしまったんです。

しかし、彼のことがタイプだった私は「ヤッてもいいけど、それなら付き合おう」と言いました。すると彼も「いいよ」と言ってくれたので、喜び勇んでエッチをしたんです。

でも…。
次の日の朝、彼の家から自分の家に帰る途中、電車で「これからよろしくね」と送ったLINEに、彼から返信が来ることはありませんでした。

今考えたら、本当にあの瞬間彼はただヤリたかっただけだったのでしょう。そのままブロックされて、もう今は電話もLINEも繋がりません

ヤリモク男の発言はヘリウムより軽い

エッチの前に言質を取りたくなる気持ちは分かりますが、目の前にセックスという餌をぶら下げられた男性に責任感のある発言を求めるのがそもそも無理な話。

それなら、「付き合った人の家しか遊びに行かないの」と、家に入る前くらいの段階から釘を刺しておくべきでしょう。

〇〇詐欺な男(26歳・エステティシャン)

ペアーズ(pairs) 詐欺

最近、アプリで600いいねがついている男性からいいねが返って来ました。中性的な見た目と、加工ではあるものの猫風のSNOW写メが可愛らしい弟キャラな男の子。

年下好きの私にはどストライクで、会うのがとても楽しみでした。

しかし、デート日当日、事件は起きました。

待ち合わせ場所に行きましたが、彼らしい人が見つからず、電話をかけました。

「近くにいると思うのですが、見つからなくて。今どこにいらっしゃいますか?」

「あ!今〇〇さんに似た人を見つけました。左を向いて見てください!」

そう言われ、振り向いて見ると私の方に向かって歩いて来る男性が。

しかし…。その風貌は、私の想像とは全くかけ離れた雰囲気でした。

ぱっちり二重だと思っていましたが、眠そうな二重。思ったよりはっきりしていない輪郭。全身の写真はなかったとは言え、ぽっちゃりとしたフォルム

彼がLINEやアプリで使っていたSNOW写真は、そういった彼のアラが一切消えていました。正直ガン萎えしてしまった私は、その日のデートも全く楽しめず…。

結局デート後、そのままその日中にLINEをブロックしてしまいました。

加工写真が詐欺なのは男女を問わない

一般的に女性の方が、加工写真による詐欺の度合いの高さに定評がありますが…これは女性の方が加工写真による自撮り写真を撮る子が多いというだけのこと。

男性も、もちろん加工写真で化けることができるのです。

スタイルまでが自分の恋愛相手の選考基準に入る、という方は、全身写真のない相手には気をつけた方がいいでしょう

そもそもアイコンに自撮り写真を使っているという時点で「地雷男」の可能性が高いとも言えますね。

アプリの恋愛も「急がば回れ」の精神が大切!

ペアーズ(pairs) サクラ 業者

大人になると忘れがちですが、恋愛は急がば回れの考え方がとても大切

アプリだと手軽に男性と知り合えてしまうので、次から次への精神で「とりあえず会ってみる」という考え方になりがちです。

しかし、相手がどんな人なのか、どんな職業なのか、時間をかけて色々知っていこうとすることや、相手がそれに付き合ってゆっくりとあなたのことを知っていってくれることで、「思ったような人ではなかった」というギャップを減らすことができると思います。

地雷の男性に引っかからないために、アプリの恋愛もゆっくり丁寧に、確実に相手のことを知っていくようにしましょう。

■2018年人気のアプリはこちら

 

ミクニシオリ
26歳女子フリーライターです。20のマッチングアプリを常に使いこなし、港区ホームパーティにもパパ活おじさんにもネットヤリチンにも取材しに行くため恋愛観がこじれまくった自称恋愛マスター。 得意な話はクソ恋愛ディスとセックスの話です。Twitter→https://twitter.com/oohrin
このライターの記事を読む
ページ上部へ戻る