BAE BAE miel lbe unjour line facebook twitter instagram
LiFe
dehaze
閉じる
2018.10.11 コラム

タクシーは幸福感がゼロ!? 本当に好きな人に会うならこれ!

Writing by LiFe (Love) 編集部

タクシーは幸福感がゼロ!? 本当に好きな人に会うならこれ!

君の家のほうに 流れ星が落ちた

僕はハミガキやめて 電車に飛び乗る

今頃君は 流れ星くだいて

湯舟に浮かべて 僕を待ってる

【THE BOOM 『中央線』 詞:宮沢和史】

この連載『恋に効くコトバ』では前回、『恋は途中が楽しい』『つきあうまでの時間も楽しい』『結末ばかり追い求めていると、その「途中」が楽しめなくなる』みたいな話を書きました。

すると、読んで下さった人から、僕という非リア充の自己肯定だと思われたのか、「え、じゃあつきあっちゃったら、楽しくないの?」という、まあ至極真っ当な、でも、確実に恋が結実した目線からの質問を頂きましたので、その答えを書かせて頂きます。

「途中」こそが恋の醍醐味

恋が結実しても、その中に『途中』は存在します。

その、最たるものが、好きな人に会いに行く時間です。

その“会いに行く”時間を美しく切り取っている詩の、極私的ベスト3が、冒頭に上げたTHE BOOMの『中央線』と、以下の2つです。

今日も一日暑いようです バイクのヘルメット

重荷になります

それでも僕は君に会いにはるばる行きます

ゴーゴーとぶっとばして行きます

環7車道4車線どんどん走れば

【19『ガソリン』 詞:岡平健治】

よろこびをよろこびのまま よろこび抜けるように

今日はちょっと梅ヶ丘まで きみに会いに行く

【THEラブ人間『ちょっと梅ヶ丘まで』 詞:金田康平】

もちろん、会ってからも幸せな時間が待っているはずなのですが、この3曲に描写されているのは、会いに行くまでの高揚感。

これぞ、恋が結実した後もやってくる『途中』です。

●●に乗ったら恋は台無し!?

それは、相手が待っている時間さえも、流れ星を砕いて湯船に浮かべるような時間と想像できるような、幸せに溢れている“途中”なのです。

しかし、この“会いに行く途中”を台無しにするアイテムがあります。それが、タクシーです。

まず、この3曲に描かれる風景にタクシーの香りは皆無です。

『中央線』で描かれるのはもちろん電車で会いに行く風景ですし、『ガソリン』もバイク、そして最後はもう勝手な想像ですが、小田急線の梅ヶ丘駅(世田谷区)に行くには、THEラブ人間の本拠地が下北沢であることから考えても、電車か自転車であり、少なくともタクシーではないハズなのです。

そもそも、梅ヶ丘にはタクシーは合いません。

梅ヶ丘に限らず、この3曲は、中央線に環七と、東京でありながら、人が住んでいる生活感のある風景をバックに歌われていて、六本木や西麻布でブイブイ言わせてる奴や、丸の内OLに会いに行く歌ではないのもポイントです。

会う瞬間を最高に楽しむ方法

なぜ、タクシーを使ってはいけないのか。

この“会いに行く途中”の高揚感を感じ、会えた瞬間を楽しむためには、汗をかかなければならないからです。

たとえば『チャリで好きな人に会いに行く途中に、後ろから車にクラクションを理不尽に鳴らされたけど、いつもと違って全然いらだたなかった瞬間』とか、『少しでも早く会いたくて、駅の階段を駆け上がって、電車に乗り込めると同時にドアが閉まった瞬間』とか。

そういう、“幸せな苦労”が、“途中”にはあるのです。

苦労というのもおこがましいですね。

そりゃ、誰かに会いに行くって、冷静な言い方をすると、時間もお金もかかるわけで、負荷はかかっているワケです。でも、その負荷をまったくマイナスのものに感じない瞬間が、むしろ幸福に感じる瞬間が、やっぱり恋なのではないかと思うのです。

 「幸せな苦労」がある恋は長続きする? 

はたから見れば負荷に見えるものが、本人にとっては“幸せな苦労”に感じられる。むしろ、そう思える相手としか、長続きする恋はできないのではないでしょうか。

だから、逆に言えば、大好きな人と会えるのにラクしようなんて、考えがズルい。それは楽しみだけ味わおうとする、相手にも誠実ではない行為。

だからこそ、タクシーという大人の横入りカードを使って、ラクに会ってはいけないのです。

19の『ガソリン』は、特にその苦労度合いが顕著で、曲は以下のように終わります。

交通費もままならない さいふの中もカラッポで

君んちまで 片道360円 そのお金が重なってどんどんどんど

重なって僕は今にも泣き出しそうです

だから今僕はバイクに乗ってます

だから今僕は「たま子」に乗ってます

コードを鳴らして歌うよ 君のためにFGC

泣き出しそうな大変な中でも、バイクに名前をつけるくらいのユーモアは持ちながら、君に会いに行く。

あげられるものはお金のかからないものだけど、君のための曲を届ける。

 

ページ上部へ戻る