BAE BAE miel lbe unjour line facebook twitter instagram
LiFe
dehaze
閉じる
2018.10.16 コラム

日常会話をちょっと変えるだけ!男が落とすマジックフレーズとは

Writing by LiFe (Love) 編集部

日常会話をちょっと変えるだけ!男が落とすマジックフレーズとは

片思いの相手と距離を縮めたいとき、付き合い始めたばかりで、まだ互いの魅力を知らないとき。

あなたの良さを伝えるには、どうすればいいでしょうか。

何気なく使う言葉をちょっと変えるだけで、いやらしくなく、可愛らしさを表現することは可能です。

一言であなたの魅力がグンと増す“マジックフレーズ”をご紹介します。

「●●さん、面白いですね」→「一緒にいると楽しいです」を付け加える

男性にとって、「面白い」は褒め言葉の一つですが、もっと効果的な言葉を付け加えると喜ばれます。

●●さんって、面白いですね。一緒にいると楽しいです

コミュニケーション学では、“Youメッセージ”と“Iメッセージ”というものがあります。

「あなたは面白い」と言うのに、 「わたしはあなたといると楽しい」という“Iメッセージ”を付け加えると、相手はより嬉しく感じるのですね。

「格好いいですね」→何が格好いいのか具体的に

女性が「かわいいね」「美人だね」と外見を褒められるのが嬉しいように、男性も外見を気にしています。

「格好いい」ところは、具体的に褒めるべきです。

そのネクタイ、素敵ですね。すごく似合っていますよ

そういう色、私も好きです

なんて言ったら、色じゃなくて、自分のことを好きって言っているように錯覚してしまいます。

グンと距離が縮まりますね。

「優しいですね」→「頼りになる」にしてみて!

「優しいですね」も、嬉しい言葉ですが、漠然としています。

誰にでも使える便利な言葉として捉えられます。

●●さんって、頼りになりますよね

「優しい」を「頼りになる」という言葉に替えてみましょう。

人は、承認欲求といって、男女問わず、相手に認められたいという気持ちを持っています。

特に男性は、強くありたい、女性や子どもを守らなければという意識が強い人が多いです。

そのため、頼りになると言われると、自分が認められている、必要とされていると思い、好意的に受け取ります。

彼女を守ってあげたいという心境になってくれますよ!

「忙しいなら、メールの返信はいらないよ」→「仕事がんばってね!」にする

「返信不要」は、相手を気遣っているようにみえて、実は、返信がなかったときに傷つかないように自分を防御するための表現です

「いらない」は、「必要ない」→「必要とされていない」と相手に認識されてしまいます。

返信は時間がある時でいいから、仕事がんばってね!

こちらの方が、本当は返信して欲しいけれど、我慢している健気さが伝わります。

「何が食べたい?」→「何でもいいよ」はNG!!

一緒にとる食事について話しているときに「何でもいい」と言われると、男性はプレッシャーを感じます。

彼女をガッカリさせないようにしなくては! と余計な気を張ってしまうかもしれません。

前に連れて行ってくれたお店、美味しかったね。また行きたいな

と言うと、前回の成功が男性の自信になります。

「中華がいいな」「横浜で美味しいお店ないかな」など、選択範囲を絞ってあげるのも思いやりです。

もっと彼女を満足させたいと、やる気も起こるでしょう。

「すごいね」「美味しいね」→「初めて」「一番」を付け加える

すごいね! こんなに綺麗な場所に来たの“初めて”

今まで食べた中で“一番”美味しい

など、“初めて”や“一番”という言葉を付けてみましょう。

過去の誰よりも最初で、一番に彼女を喜ばせたのは自分だと思うことで、あなたを一番に考え、大切にしてくれるはずです。

何気ない言葉をちょっと変えたり、付け加えるだけで、印象は変わります。

マジックをかけるように、彼を虜にしちゃいましょう!

ページ上部へ戻る