BAE BAE miel lbe unjour line facebook twitter instagram
LiFe
×
ページ上部へ戻る
コラム|MATCH MAKER-LiFe

年下男子を確実に落とす!モテるお姉さんの3つの傾向

Writing by マッチライフ編集部

年下男子を確実に落とす!モテるお姉さんの3つの傾向

芸能界で次々と姉さん女房が誕生しているように、私の周りでも近ごろ年下男性と付き合う女性が増えています。

今までは年下なんて恋愛圏外だったのに、アラサーになったら年下男性にもトキめいたという人もいるはず。

素直さと、男として頼れる両方の魅力を持っている年下男性。そこで今回は、素敵な年下くんを落とすための方法をご紹介します!

“年の差”を意識させない

くれぐれも彼に向かって「若いよね」などと、彼を下に見る言葉を口に出さないように

男性は女性より格下に見られたくないもの。いつもおだててほしいし、持ち上げてほしいものなのです。

同時に自分が「年上だから」と言葉に出さないで。彼が、ネガティブな方向で年齢差について考えてしまいます。できるだけ年齢の話はしないなど、年齢の差を感じさせないようにふるまいましょう。

お母さんではなく「お姉さん」で!

つい年上目線でダメ出しや干渉をしてしまうかもしれませんが、それでは”お母さん”と同じ。ひとりの男として扱い、立てるところは立て、頼るところは頼りましょう。

たとえば「あなたはどう思う?」「あなたの意見は参考になる」など、ちょっとしたことを相談したり意見を聞いたりすれば、彼は頼られていると実感するはず!

あなたのポジションは、包容力のある物分かりのいいお姉さんです。さらに優しいボディタッチをさりげなく加えれば、セクシーさもアピールできますよ。

彼の前では「違う自分」を演出!

セクシーさや包容力ばかりでは物怖じする男性もいるので、適度に仕事のことや上手くいかないことで弱音を吐いたりしましょう。「あなただけに見せる私」がポイント。

深刻な悩みではなく、彼がアドバイスできる程度の軽い話にしておくと、彼の自信がつくはず。効果的なのは「みんなの前ではキビキビ、彼の前ではユルユル」です。

また年下男性は年上女性に対して遠慮がちなので、はっきりと恋愛対象だと伝える積極性も必要です。

半分だけ敬語であとはタメグチなどといった親しみを見せたり、適度に押したら引くという駆け引きなど、今までの恋愛で培った年上ならではのテクニックも使ってみましょう。

彼らの同年代女性にはない女性の魅力をアピールすることが大切です。

大人の女性に憧れる年下男性は意外と多いもの。彼らの抱く、包容力のあるセクシーなお姉さんのイメージを壊さずアピールしていきましょう。

年下男子と出会えるマッチングアプリ

 アプリ 特徴
ペアーズ アイコン
ペアーズ
無料DL
詳細
  • 【恋活向けNO.1アプリ】
  • ・会員層:20代前半~40代後半
  • ・日本最大級の会員数1,000万人超え
  • ・趣味の共通点で相手探し可能
タップル アイコン
タップル
無料DL
詳細
  • 【スワイプ式恋活アプリ】
  • ・会員層:20代前半~30代前半
  • ・気軽に出会いたい会員の割合が多い
  • ・即日出会える会員だけを検索可能
with アイコン
with
無料DL
詳細
  • 【性格重視の恋活アプリ】
  • ・会員層:20前半~30代後半
  • ・メンタリストDaiGo監修の心理テスト
  • ・相性重視の恋人探しで好評
イヴイヴ
イヴイヴ
無料DL
詳細
  • 【入会審査制恋活アプリ】
  • ・会員層:20代全般
  • ・美男美女の審査通過者多数
  • ・同趣味を探せる機能あり
クロスミー
クロスミー
無料DL
詳細
  • 【同じ生活圏の相手と出会いやすい】
  • ・実際にすれ違った回数や場所が分かる!
  • ・すれ違いから恋が始まる
ティンダー アイコン
Tinder
無料DL
詳細
  • 【基本機能が男性も無料】
  • ・0円で出会える定番アプリ!
  • ・恋人探しから友達まで多目的に使える

年下男子と出会えるのは、マッチングアプリです。

アプリを使って出会うことに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、最近では新聞やニュースでも取り上げられたりと、異性との出会う方法の一つとして、人気を博しています。

上記のマッチングアプリは、年齢別に検索できるので簡単に年下男子とマッチング可能です。

また、年上女子を探している人もいるため、積極的にアピールしていきましょう。

マッチライフ編集部
恋愛・マッチングアプリの専門家集団。 出会えるアプリ、出会えないアプリを全て網羅。 複数のアプリを使った経験を活かし、本当におすすめのアプリを紹介。
このライターの記事を読む