BAE BAE miel lbe unjour line facebook twitter instagram
LiFe
dehaze
閉じる
2019.01.11

Writing by 川口美樹

復縁したいなら絶望しろ!元彼がよりを戻したいと思う女性とは?

Writing by 川口美樹

復縁したいなら絶望しろ!元彼がよりを戻したいと思う女性とは?
createこの記事を書いた人
川口美樹 恋愛プロフェッショナル
元俳優。1,000人以上の人生相談経験を元に、恋愛市場への本質的な情報発信を開始。恋愛・結婚・ジェンダー・夫婦・SEX・キャリアについての総合雑誌のような存在を目指し、講演も行う。書籍『なぜあなたの恋愛は思い通りにならないのか?』

こんにちは、恋愛プロフェッショナルの川口です。

先日、Twitterのフォロワーさんからこんな復縁相談を受けました。

  • 2年間付き合っていた彼のプロポーズを保留にしていた
  • 理由は職場のパワハラなどで自分の精神状態が不安定だったから
  • しかしそれを彼に共有することなく「理解してくれているだろう」という期待で言葉にはしなかった
  • 結果的に、彼の海外出張が決まり別れ話を持ち出され婚約の話はなかったことに
  • なんども謝罪し理解を求めたが彼に「もう遅すぎる」とシャットアウトされてしまった
  • 一体どうしたらいいのか?

この記事にたどり着いたあなたは、もしかしたらこのフォロワーさんの気持ちがよくわかるのではないでしょうか?

『あのときわたしがあんなことを言わなければ…』
『あんな素敵な人とはもう出会えないかもしれない』
『もっと彼の気持ちを理解してあげるべきだったんだ』
『なんでいつも素直になれないんだろう…』

そんな自責の念に苛まれながら、「それでもなんとかしてリカバリーする方法はないものか?」と具体的な作戦を求めているかもしれません。

あるいは「自分磨きをすれば、いい女になったと振り向いてくれるかも!?」と期待しているかもしれません。

そんなあなたにこのフォロワーさん同様に厳しい現実を突きつけなければなりません。

もし元カレと復縁したいと思うなら、きちんと『絶望』してください。話はそこから始まります。

そもそも男は元カノと復縁したいと思うのか?

まず本題に入る前に、そもそも男は一度別れた女性と復縁したいと思うのかどうか?という疑問に答えておきたいと思います。

ズバリ、『YESでもあり、NOでもある。それは人によるとしか言えない』というのが正直な結論です。

一般的なことを言えば、もしあなたが彼にフラれた側なら、復縁の可能性はものすごく低く、あなたが彼をフッた側なら復縁の可能性はそれなりにあります。

つまりどっちがフッたのか?によって可能性が変わってくるということです。

あなたがフラれた場合

今回の破局が彼からもたらされたものである場合、彼の気持ちが変わることはほとんどないと思ってください。

『そろそろ別れた方がいいと思うんだ』という提案の段階なら、「わたしの悪いところがあるなら言って!頑張って直すから!」という論理で思いとどまらせることはできますが、それが『もう別れよう』になってしまったのであれば、かなり固い決意になっている可能性が高いです。

基本的に「別れの宣言」というのは最終通告なのです。その固い決意をひっくり返すにはかなりの手間と努力を必要とするでしょう。(詳しくは後述します)

あなたからフッた場合

あなたから別れを告げたのであれば、日が浅ければ復縁できる可能性はそれなりにはあります。

しかし、その際にはよほどの誠意と反省が見えない限り相手は納得してくれないでしょう。

『わたしが間違っていました。ひどいことを言ってごめんなさい。』の一言だけでは決して済まされません。

相手の立場になってみてください。チームから戦力外通告を受けた選手が、『やっぱり君が必要なんだ』と手のひらを返されるような気持ちです。ものすごく屈辱的だとは思いませんか?

相手はもう別のチーム(つまり他の女性)との関係を深めようと努力しているかもしれません。

そんな時に復縁を迫られても正直言って邪魔に感じるでしょう。

元彼が絶対復縁したくないと思う元カノの言動

では元カノのどういった行為が「うざい」「邪魔だな」と感じるのでしょうか。

これから書くことは復縁を望む女性がよくやっていることですので、くれぐれも同じ轍を踏まないようにご注意ください。

頻繁に連絡しようとする、なんとか弁明しようとする

お願い!一度わたしの話を聞いて!

これが一番最悪なアプローチです。彼は「それはお前の都合だろ?俺はお前と話したくないんだよ」と言いたいのをこらえて既読スルーすることでしょう。

もし心当たりがあるならすぐにやめましょう。そのほうが『アレ、意外とこんなもんか…?』と思い彼の印象も多少はマシになります。

相手からフラれようが自分からフろうがそれは同じこと。自分勝手な言動はできるだけ控えましょう。

無意識に「彼女ヅラ」してしまう

もう恋人としての関係は終わっているのに、それを認めたくないという心理が働いて、余計な発言をしてしまうことがあります。

具体的には『〇〇くんは〜なところあるもんね〜』といったような「さも自分しか知らない〇〇くん像があるかような」アピールをすることだと思ってください。

これには(正常心を保とうと装いながら)「おはよう・おやすみなどのサラッとしたLINEを送る、気軽に話しかけてくる」といった行為も該当します。

いずれも、「普通の友達の距離感だったらしないこと」です。

一度別れたのであれば、まずは『ワンチャンあるのでは?』という期待を捨て、友達としての距離に戻ることが重要です。

「不幸なわたし」を周囲に見せつけてしまう

別れた直後ならまだしも、ズルズルと別れをひきずっていると、彼だけでなく周囲の印象も悪くなります。

もし共通の知人がいたら、そんなあなたのことをみて彼に「別れて正解だったぜ」と言うことでしょう。

どんなに元彼のことを愛していようと、いつまでも別れの悲しみに暮れている人は、周囲から見れば「過去に執着している情けない大人」にしか見えません。

ましてやそれによって仕事のパフォーマンスが下がっていたりしたらもう最悪です。人事評価がだだ下がりで復縁どころの話ではありません。

復縁するにあたって一番キモとなるのは絶望である

元彼が復縁したい!と思う彼女の特徴

では、どんな元カノだったら彼は「逃がした魚は大きかったか!」と思うのか?

答えは簡単、上記の「うざい元カノ」の逆をできる元カノです。つまり、

  • 元カレとの距離感を間違えず
  • 下手に彼女ヅラすることなく
  • 明るく前を向いている人

です。

そしてそういった人になるために、しっかりと「絶望」する必要があるのです。

絶望とは、文字通り「望みを絶つ」こと

復縁に失敗する女性に共通していること、それは「まだ望みがあるんじゃないか?」と勘違いしていることです。

だからこそ、変に彼女ヅラしてしまうし、元彼との距離感を間違えて復縁を迫るような態度を無意識下で取ってしまうのです。

そしてこの勘違いは、自分の犯したミスを帳消しにしたい、というスケベ心によって起こります。

信用は築くのは大変ですが壊れるのは一瞬です。それはジェンガのように一気に崩れ去ります。

まずは「自分が犯したミスを認め、しっかりと自分自身と向き合う」ことをしなくてはなりません。

ゼロから(もしかしたらマイナスかもしれない)一個一個積み上げて行くしかないのです。

そういう理由で、「まだ望みがあるんじゃないか」なんていうスケベ心を抱いてはいけないのです。

文字通り「絶望」する=望みを絶つ必要があるのです。

しっかり傷ついて、がっつり泣いて、それでも前を向く

ここまで読まれてみて、「そんなひどいことを言わないで!わたしにだって言い分はあるのよ!」と思った人もいるかもしれません。

その気持ちはよくわかります。100%こちらに非があると言い切れないケースもあるでしょう。それでも一旦は「諦める」ことが復縁の可能性を高めるのです。

諦めるといってもそれは決してネガティブなことではありません。

諦めるの語源は「明らめる」こと、つまり自分の気持ちを整理し、さっぱりとキレイにし、自分がなにをすべきなのかを「明らかにすること」なのです。

そのためにはしっかりと傷つき、がっつりと泣くことがどうしても必要なのです。

苦しいですよね。後悔で夜も眠れない日が続いて、胸に穴がぽっかりと空いてしまった虚無感に襲われていますよね。

でもあなたは取り返しのつかないことをしたのです。そこから絶対に目を背けてはいけません。

自分磨きなど意味がないのでやめましょう

復縁のアドバイスとして「自分磨きに集中しましょう」というアドバイスをよく見かけますが、あれは真に受けてはいけません。

なぜならその自分磨きに「自分を磨けば彼が振り向いてくれるかも」という邪な動機が入り、結局「絶望」し切れていないことになるからです。

先ほどいったようにしっかりと絶望し、号泣し、「二度と同じ失敗をするものか」と胸に刻みながら生きていくこと、それが復縁に向かう一番の近道なのです。

「復縁のための」自分磨きはやめよう

もちろん、気持ちの整理がついたあとで、新しい資格を取ることにチャレンジしたり今以上に仕事に励んだりすることはとてもいいことです。

そういったチャレンジはあなたの魅力を押し上げてくれるのでどんどんやっていきましょう。

しかし、そこに「復縁のため」という思考を入れてはいけないのです。あくまでもあなたの人生の質を向上させるための自分磨きに集中してください。

復縁に成功したカップルに共通していること

実際に復縁に成功したカップルの話を聞くと「あの時はお互い未熟だったけど、別れてから数年経って再開した時に、二人ともその未熟さをカバーできるほどの人間的な成長を遂げていた」ケースがほとんどです。

加えて男女ともに「復縁しようと思っていなかった」と言います。

復縁を目的としていたわけではなく、結果的に復縁することになった、この復縁の仕方がもっとも美しい復縁の仕方だと僕は思います。

一方で、なんとなくのお情けでヨリを戻したカップルは遅かれ早かれ結局は別れているものです。

復縁のチャンスは放っておいても自ずとやってくる

「ご縁」というものは面白いもので、ビックリするぐらい必要な時に必要な「ご縁」が運ばれてくるものです。

ですから彼と縁が切れたことも「自分にとって必要なご縁」の一つだったのです。

それが新しいご縁につながるかもしれないですし、数年後に再度結ばれるご縁になるかもしれないですし、それはわかりません。

いずれの未来が訪れるにせよ、今の別れは未来のあなたからすれば間違いなく「必要なこと」だったと思える出来事になるはずです。

ですから未来のあなたから見て、誇れるあなたでい続けましょう。

復縁を望む人が今からできること

まとめます。

復縁を望むなら、まずきちんと「絶望」することから始めなくてはいけません。

一度壊れた関係を修復することは、ゼロリセットないしはマイナススタートをする覚悟のある人しかなし得ない大変なことです。

間違っても「自分の過ちを弁明しようとしたり」「さりげなく彼女ヅラしたり」「不幸の女を演じたり」してはいけません。

しっかりと傷ついて己と向き合って前を向き、別れた相手が後悔するほどの圧倒的な人間的な成長をすることにフォーカスしましょう。

その先に彼とまた復縁することになるのか、それともまた別の(そして往往にして彼よりも素敵な)人と新しくご縁するのか、それはわかりません。

今、あなたにできることは過去を後悔することでも、未来に不安を抱くことでもありません。今、目の前のことに集中すること。あなたにできることはそれだけなのです。

川口美樹
元俳優。1,000人以上の人生相談経験を元に、恋愛市場への本質的な情報発信を開始。恋愛・結婚・ジェンダー・夫婦・SEX・キャリアについての総合雑誌のような存在を目指し、講演も行う。書籍『なぜあなたの恋愛は思い通りにならないのか?』
このライターの記事を読む
ページ上部へ戻る