BAE BAE miel lbe unjour line facebook twitter instagram
LiFe
dehaze
閉じる
2019.01.28 恋テク

Writing by 川口美樹

彼女ができない理由は「安心感」にあり!諦める前にすべきこととは?

Writing by 川口美樹

彼女ができない理由は「安心感」にあり!諦める前にすべきこととは?
createこの記事を書いた人
川口美樹 恋愛プロフェッショナル
元俳優。1,000人以上の人生相談経験を元に、恋愛市場への本質的な情報発信を開始。恋愛・結婚・ジェンダー・夫婦・SEX・キャリアについての総合雑誌のような存在を目指し、講演も行う。書籍『なぜあなたの恋愛は思い通りにならないのか?』

こんにちは、恋愛プロフェッショナルの川口です。

僕は仕事柄女性の恋愛相談によく乗ります。そのため、女性たちの彼氏や世間の男性たちに対する不満を、かなりの数耳にしてきました。

そして自然と、どういう男性が女性に受け入れられやすく、どういう男性が女性に嫌われやすいのか?ということを研究することができました。

その結果、恋人のできる要素には変数があることがわかったのです。
それを表したのが次の方程式です。

恋人のできる確率=「見た目」×「自己の強みの理解」×「ターゲットのニーズ策定」×「利他の精神」

この方程式によって、

・なぜイケメンなのに一向に彼女ができない男がいるのか?
・逆になぜそれほどイケメンでもないのに美女を捕まえる男がいるのか?
・そしてなぜモテている人に限って、特定の人と長続きしないのか?

などの疑問が全て説明することができるようになったのです。

そして、彼女ができない人、できても長続きしない人というのは、これらの4つの要素のうち、どれかまたは複数の要素が欠けている、ということがわかってきました。

それでは一体、彼女が簡単にできる人とできない人は何が違うのでしょうか?

それぞれの要素に分けて具体的に解説していきましょう。

あなたに彼女ができない一番の理由

まず、一番の大枠の話から始めます。

なぜ、あなたに彼女ができないのか?実は理由はとてもシンプルです。

それはあなたに「相手のことを大切に想う気持ちが足りないから」です。要するに気遣いが不足している、ということです。

逆に、相手を気遣う姿勢とマインドさえ磨けば、彼女を作ることはさほど難しくないのです。

女性が真に求めているのは「かっこよさ」ではなく「安心感」

彼女ができない人は、モテている男性への女性への反応を見て、「かっこよくないとモテない」と考える傾向にありますが、それは女性を誤解しています。

女性がイケメンに反応するのは、単純に造形が綺麗だから反応しているだけです。

僕ら男性が美女に反応するのと同じで、そこに特に深い意味はなく、必ずしも恋愛感情に結びつくわけではないのです。

もちろん、一目惚れのような恋の始まり方もありますが、入り口は「見た目」だったとしても、最終的に恋愛感情のスイッチが入る瞬間は違います。

女性は「安心した時」に恋愛感情を抱くのです。

女性の抱えている「恐怖」を理解しよう

女性が安心感を求めている理由に、「無意識に感じている恐怖」の存在があります。

現代の女性は、生まれて成長していく過程で「女の子らしさ」を世間から刷り込まれています。

世間の「女の子らしさ」は、女性たちにおしとやかさ・慎ましさ・純粋さ・可愛らしさ・従順さ・奥ゆかしさ・艶っぽさ・謙虚さなどの要素を求めます。

その子の個性や人間性は無視して、いわゆる「守られるべきお姫さまらしさ」を当てはめていこうとするのです。

そのため、女性は「お姫さまらしくないこと」に恐怖感を覚えるようになっているのです。

逆に言えば、自分が「お姫さまらしくあること」によって女性らしさを感じ、安心感を抱くようになるのです。

これはどんな自立志向を持った意志の強い女性でも同じことが言えます。

そういう女性であっても、本人が自覚していないところで「お姫さまらしくない自分」に恐れを抱いているのです。

「わたしを安心させてくれる人だ」と思われることが重要

つまり女性に好かれようと思ったら、その恐怖心を無くしてあげることが重要になるのです。

あなたを大事にします。傷つけません。不幸にしません。安心して僕の腕の中にいてください」という姿勢を見せること、これが一番のポイントになります。

女性たちは、そういった男性の姿勢を見抜くために、つまり自分を安心させてくれる男かどうかを見極めるために「経済力・真面目さ・勤勉さ・紳士な対応・誠実さ・運動神経・筋肉」などの要素をチェックしようとしているのです。

なぜ男は「顔ではない」と断言できるのか?

以上のことがわかると、男は顔ではない、ということが理解できるのではないでしょうか。

そう、どれだけイケメンだろうと、どれだけ女性にキャーキャー言われていようと、一対一の付き合いになった時に、安心感を抱かせられないようであれば、彼女を作ることができないのです。(できたとしても長続きしないでしょう)

もちろん、女性に好きな顔のタイプを聞いたらイケメンが出てくるでしょう。しかしそれはただの理想であって、実際に付き合う人の基準ではないことがほとんどです。

では、冒頭の方程式で説明した「見た目」というのはどういうものか?

それが世間で大事だと口酸っぱく言われている清潔感です。

「清潔感」というザックリしたものの正体

出た、清潔感!猫も杓子も清潔感、清潔感って!いい加減、聞き飽きたよ!こっちはそれがなんなのかを知りたいんだよ!」とお怒りにならないでくださいね。

清潔感、という言葉は確かに無責任な言葉だなと僕も思います。

爪を切れ、おしゃれになれ、ニオイ対策をしろとメディアはいろんなことを言ってきますが、何一つ本質的なことを教えてくれていないことに僕も憤りを感じています。

しかし、この正体のよく分からない「清潔感」も、「安心感」というキーワードに当てはめて理解するとよくわかるようになります。

外見で危害を与えないことをアピールする

例えば爪が長くて垢が溜まっている男性を見た時に、女性が何を思うでしょうか?

女性は爪の長い男性を見ると、「その長い爪で触られたら傷つきそうだな」「爪の垢が付いている状態で触られたら不潔だな」「エッチの時に指を入れられたくないな」など、いろんなことを考えるそうですが、全てが「安心できなさそう」という感覚に紐づいているものです。

「爽やかな笑顔」が好まれるのも、綺麗な靴と鞄が信用されやすいのも、奇抜じゃないシンプルな服装が評価されるのも、全ては同じ理屈です。

要するに、いちいち何分もかけてその人の人間性を一人一人確認する時間はないので、ぱっと見の外見で、害がなさそうな男性を選んでいる、ということなのです。

ですから彼女が欲しいと思うのなら、自分の見た目のありとあらゆる部分で、女性を安心させるための身だしなみを身につけるべきです。

それが「この人は安心できる人かもしれない」と思ってもらうための最低限のおもてなし、になるです。

彼女を作るための4つの要素の解説

見た目の話が終わりましたので、ここから残りの「自己の強みの理解」・「ターゲットのニーズ策定」・「利他の精神」の解説に入ります。

自己の強みの理解を理解しよう

これは恋活でも婚活でも同じことが言えるのですが、恋人を作るときは「労働市場と労働力」に例えて考えるとものすごくわかりやすくなります。

例えばあなたが転職を考えようと思ったときに、まずキャリアカウンセラーに言われることは「自分の強みを理解しましょう」ということです。

就活の時にもやりましたよね、自己分析。自分は何が得意で何が苦手なのか?それをつぶさに観察する必要があります。

具体的に言えば、「自分と付き合うことで女性が得られるメリットは何か?」を考えるということです。モテる男性は、この強みの演出が非常に巧みなのです。

例えば、僕の場合は「傾聴力」をチョイスしました。

僕は筋骨隆々ではないし、女性をグイグイ引っ張って、壁ドンや顎クイでドキドキさせる能力はありません。(そもそも恥ずかしくてできない)

しかしそんな自分でも相手の話を聞くことなら、他の男性の30倍以上は上手である(当社比)自覚がありました。

つまり「なんでも話せる安心感」を売りにした、ということです。

ターゲットのニーズを策定しよう

そして次に必要になるのは、その強みを使って誰にアプローチするか?ということです。

営業が得意な人が経理の求人に応募しても採用されないように、傾聴力を売りにしている人間が、エグザイルのようなオラオラ系男子を求めている人にアプローチしても付き合えることはありません。

そこで僕が目をつけたのは「仕事のできる自立心の強い」女性です。

こういった女性たちは、自分たちに力があるため、男性に「パワー」を求めることはあまりません。むしろ周囲からは「強い女」として見られていることが多いものです。

ですから普段は周囲にあまり言えないだろう愚痴や、仕事に対する不安、抱えている人間関係のストレスなどの吐き出し口になろうと考えたわけです。

そしてこの作戦は割と功を奏しました。

ライバルの男性たちは、彼女たちを頑張って口説いていたと思います。自分は魅力的な男だ、俺と付き合うとこんなにいいことがあるよ!とアピールしていたはずです。

しかし、彼女たちが求めているのは男性のパワーではなく、ただひたすらにウンウンと話に聞いてくれる存在だったというわけです。

これが、ターゲット女性側のニーズを把握することの大事さです。

利他の精神で女性に接しよう

そして、最後に多くの男性が見落としがちなのが、利他の精神です。

見た目もよく、自分の強みも理解し、自分が誰に好かれやすいのかも心得ている、それでも女性とのお付き合いが長続きしない男性には、この利他の精神が圧倒的に不足しています。

全ての言動が「相手のため」ではなく「自分のため」になってしまっているのです。

「彼女が欲しい!」というモチベーションのまま彼女を作ろうとしても、それは利己の精神です。その動機のままでは、彼女はできません。

そうではなく、「この人に安心感を感じてもらうためには自分に何ができるのか?」を考えて行動することが大事なのです。

その結果、相手が彼女になってくれることもあれば、信用できるお友達だと認定してくれることもあるでしょう。

いずれにせよ、こちらができることは告白するまでです。それを受け入れるかどうかは相手に委ねなくてはなりません。

しかし、利他の精神を持っている人で恋人ができたことがない人を僕は知りません。それぐらい利他の精神は大事な要素なのです。

彼女ができない男は3つに分類できる

彼女 できない

さて、大前提の共有が終わったところで、ここからは具体的な彼女ができない人の特徴を紐解いていきましょう。

彼女ができない理由がわかれば、彼女のできる方法を考えるのはとても簡単です。そのできない理由になっている部分を取り除けばいいわけですからね。

そこで、彼女ができない男性のタイプを大きく3つに分類して説明していきます。

あくまでも傾向性の話ですので、個人への攻撃ではないことを了承いただいてから読み進めてもらえればと思います。

外見的オタクタイプ

欠けている要素:見た目・ターゲットの選定

ここでいうオタクとは、オタクの趣味がある人という意味ではありません。(オタク的な趣味はニッチ市場で勝ちやすいのでむしろ強み)

外見的オタクというのは、自分が女性からどう見られているのか?ということに興味がない人のことを指します。

爪が伸びていようが、鼻毛が出ていようが、服装がヨレヨレであろうが気になりません。

それはイコール、相手を安心させるためのおもてなしができてないということ。当然彼女ができる確率はものすごく低くなります。

また恋をしてしまう相手も、自分の中で偶像化された女性(アイドルなど)であることが多く、ターゲットのニーズを把握しないまま、自分の熱意のみで勝負しようとします。

その結果、ウザがられて距離を取られるといった対応をされて、恋愛に積極的になれなくなった過去を持っている人が多いです。

とはいえ、根は真面目で優しい人が多く、自分の好き嫌いもはっきりしているので、女性の目線を意識するだけで化ける可能性があります。

マインド童貞タイプ

欠けている要素:ターゲット選定・自己の強みの理解

見た目もそこまで悪くなく、決して自己中でもない、でも彼女ができない。これがマインド童貞タイプです。

育ちのいい環境に長いこといた男性に多く、「女性とはこうあるべきもの」という偏見が強い傾向にあります。

そのため女性の「リアル」を知らないことが多く、全ての女性が母親のように優しくしてくれると勘違いしています。

なんでもやってもらうことが当たり前になっているので、自分の強みを活かそう・相手のニーズを満たそうといった発想がそもそもありません。

ですから女性が自分の描いている女性像とかけ離れた行動をすると、明らさまに不機嫌になります。

こういったタイプは聖母のような女性との奇跡的な出会いによって、女性と付き合えることもなくはないのですが、だいたい彼女の方が限界を迎え振られてしまうことが多いようです。

ビジネスエリートタイプ

欠けている要素:利他の精神

見た目よし、自己分析よし、ターゲットのニーズ策定もバッチリ。そして実際にモテていそうな印象もある。

それなのに、ちっとも幸せそうでないのがこのビジネスエリートタイプです。

コミュ力が高く、上司などの評価は高く、それなりに稼いでいるはずなのに、なぜか長く続く彼女に恵まれない。

本人は「自分が振った」と思い込んでいるため、振られたと思っていないことに問題があり、付き合っては別れ、付き合っては別れを繰り返しています。

プライドが高く選民思想が強いため、モラハラ気質を持っており、女性を自らの優秀さ(という張りぼてのお城)で支配しようとする傾向があります。

その裏側には「女性は常に自分より下であるべき」という価値観が隠れており、女性を男としての価値を測る道具としか捉えていません。

圧倒的な利己の精神で動いているために、他の3つの要素が完璧であっても、どれだけ女性と身体を重ねたとしても幸せになれないのがこのタイプですね。

彼女ができない男に共通する9つの特徴

彼女 できない 特徴

以上の3タイプが理解できると、彼女ができない男の特徴もよく理解できるはずです。

ここからは

外見的オタクタイプ(以下『オ』)
マインド童貞タイプ(以下『マ』)
ビジネスエリート(以下『ビ』)

にありがちな特徴をあげていきます。

とはいえ、外見的オタクタイプによく見られる特徴だからといって、ビジネスエリートには見られないということでもありません。

あくまでも自分を客観視し、どういう男が嫌われやすいのかのイメージをしやすくするための説明だと思ってくださいね。

ここから書いていくことは、「これは俺のことじゃないな」と読み飛ばすのではなく「俺にもこういうところがあるかもしれない」と思いながら読み進めてみてください。

そちらの姿勢の方が、自分を改めるヒントがたくさん見つかるはずです。

オ:ファッションセンスが独特すぎる

これは何もいわゆるアキバ系ファッションだけに止まらず、奇抜でオリジナリティのありすぎるファッションを選んでいる人も該当します。

もちろん、ファッションは個人の自由であり、普段の生活で何を着ようが本人が決めれば良いことですが、服装にはTPOというものが存在します。

TPOをわきまえないファッションを着ていれば、「この人はちょっと変わってる人かもしれない」と敬遠されてしまうのもの当然のことです。

しかし相手もそういう相手であれば、奇抜なファッションセンスの持ち主同士が結ばれる、ということもあります。

オ:不潔である(食べ方が汚い、持ち物が汚いも含む)

繰り返しになりますが、不潔であることは女性にとって「安心感」の反対側に位置する感覚です。

食べ方は性的なイメージを連想され、持ち物は自分への扱いを連想されます。

食べ方が綺麗だとエッチも丁寧だと判断されやすく、持ち物に大切にしていると自分のことも大切にしてくれるだろうと判断されやすいのです。

オ:話を聞かずに自分の話ばかりする

自慢話に限らず、自分の話ばかりしてしまう男性は「つまらない」と思われます。

女性の多くは「共感」によって安心感を得ようとしますので、「自分の話を聞いてもらえない」ということがわかると、その男性への印象が極端に悪くなってしまうのです。

特にお付き合いするまでは自分:相手=2:8ぐらいの会話量を意識するといいでしょう。

マ:優柔不断である

優柔不断である、ということは、いざという時の行動の遅れを連想させます。

災害が起きた時や何かしらの事故に巻き込まれた時は、一瞬の判断の遅れが命取りになりますよね?

だから女性は意思決定の遅い人を「頼りない」と感じやすく、そういった男性に魅力を感じない人が多いのです。

マ:「優しい人」と「いい人」を勘違いしている

いい人と優しい人の違いは、「なんでもやってあげてしまう人」と「あえて手を貸さない判断ができる人」の違いです。

なんでもやってあげてしまうと、その人にとっては「都合のいい人」になってしまうんですね。

優しい人は、自分がやらずに本人がやるように背中を押してあげられる人なんです。女性はそこに安心感を覚えるんですね。

マ:女性のリアルを知らない or 理想が高すぎる

女性のリアルを知るには「女子会の会話内容」を教えてもらうなどして、女性たちも男性と同様に清濁混ぜ合わせた存在であるということを強くする自覚する必要があります。

それを知らないまま女性と付き合おうとすると、女性のリアルが見えてきた時に幻滅してしまうのです。

そしてその様子を見た女性たちは「女に夢見てんじゃねぇ、私はあなたの理想を満たす道具ではない」と憤るわけですね。

ビ:無駄にプライドが高く、謙虚さがない

コンサル・金融・商社といったいわゆる「合コン御三家」の職種に多いイメージですね。

厄介なのは本人たちに、これまでの人生でそれなりに努力した自負があり、その努力によって現在の地位を手に入れたという意識があること。

恋愛経験が浅い女性はこういった男性たちのロマンチックな誘いにコロッといってしまうのですが、それなりの経験を積んだ女性には通用しなくなります。

こういった人たちは自分たちの年齢が上がっていくにつれて、「勘違い男」の烙印を押されるようになっていくので注意が必要です。

ビ:考えかたが独りよがりである

おしゃれなレストランを予約するのも、ときめくようなデートコースを計画するのも、甘い囁きをさらっと口にできるのも、全ては自分がモテるため。

女性は俺のプライドを維持するために存在し、自分の用意したコースから外れる女の存在は許さない。

、、、とまでは言わないまでも、自分の言動が「相手に好かれるため」という動機に基づいていると、恋人を作るのはかなり難しいと言えるでしょう。

ビ:本命以外の女性の評判を軽んじている

彼女ができない男性は、女性の情報ネットワークを甘く見過ぎています。

一人の女性の評判が悪ければ、その先の20人の評判が下がるということを男性は強く心に刻んでおくべきです。

本命相手であろうとなかろうと、全ての女性にはできるだけ誠心誠意、誠実に対応する。

これが意外にもあとあと「信用」という大きな武器に変化し、彼女が作りやすくなるのです。

諦める必要なんてない!確実に彼女を作るための方法

彼女 できない

以上、長々と彼女ができない理由を述べてきましたが、逆に彼女を作る方法は極めてシンプルです。

もう一度、冒頭の方程式を思い出してください。

恋人のできる確率=「見た目」×「自己の強みの理解」×「ターゲットのニーズ策定」×「利他の精神」

この方程式から導き出せる、確実に彼女を作るための方法は

1:恋人を作る要素でできていないと感じるところを直す

2:女性に「安心してもらえる」コミュニケーションを心がける

この2つしかありません。

ところで彼女ができないときの僕は、

・独特のファッション
・自分の話が多い
・「いい人」である
・リアルな女性像を知らない
・独善的・自己中心的である

が当てはまっていました。

これらの至らなさを受け止め、どうしたら相手にとって気持ちの良いコミュニケーションができるのかを勉強してきました。

その結果、今では人様に「彼女を作る方法」を伝える立場になってしまいました。

できなかったことができるようになること、それはあなたにしかできない価値を生み出すきっかけにもなります。

どうかあなたも「どうせ俺には彼女なんてできないんだ」と諦めずに、自分に取り組めそうなことから一つずつ向き合っていってみてください。

その一つ一つを積み重ねていくことこそが、彼女を作るために最も確実で、最も幸せに近づきやすい恋人の作り方だと僕は思うのです。

川口美樹
元俳優。1,000人以上の人生相談経験を元に、恋愛市場への本質的な情報発信を開始。恋愛・結婚・ジェンダー・夫婦・SEX・キャリアについての総合雑誌のような存在を目指し、講演も行う。書籍『なぜあなたの恋愛は思い通りにならないのか?』
このライターの記事を読む
ページ上部へ戻る