BAE BAE miel lbe unjour line facebook twitter instagram
LiFe
×
マッチングアプリ

Writing by 鈴木

クロスミーはサクラ・業者だらけ!?安全に出会える?使って判明した危険ユーザーの特徴と見分け方

Writing by 鈴木

クロスミーはサクラ・業者だらけ!?安全に出会える?使って判明した危険ユーザーの特徴と見分け方

出会いアプリを使ううえで、どうしても不安要素になりがちなのはサクラや業者ですよね。

クロスミー(CROSS ME)も、「すれ違いで出会えるのは楽しそうだけど、正直サクラが多いって聞いたことがあるけど…」と気にしている人は多いのではないでしょうか?

やっぱりアプリを使うなら、サクラや業者に悩まされることなく、ストレスフリーで出会いを楽しみたいですよね!

そこで今回は、人気アプリ・クロスミーのサクラや業者の実態についてご紹介していきたいと思います!

クロスミーはサクラ/業者だらけなのか?

クロスミーはサクラや業者だらけなのか?

まず、クロスミーにサクラは基本的にいません!

その分、業者には注意したいところですが、まずはサクラがいないと考えられる理由について見ていきましょう。

そもそもサクラとは?業者との違いを解説

サクラと業者の違い

一般会員からすれば、サクラも業者も真っ当な出会いを阻むなりすましユーザーなので、両者を混同して考えがちです。

しかし、そもそもサクラと業者では目的が異なります!

サクラはあくまでアプリ内での課金促進が目的です。その証拠に、機能を使うごとにポイントを使う従量課金制(ポイント制)の出会いアプリにはサクラが多いとよく言われています。

サクラを使ってユーザーを騙せば、「メッセージをたくさん送らせる」「プロフや掲示板をたくさん見させる」など、1人から数万円を課金させることも可能ですからね…。

業者の場合は、アプリの運営元とは関係のない人間が利益を得るために一般会員になりすまして勧誘や営業行為をするのが目的です。

サクラとは異なり、業者は一般会員になりすまして紛れ込んでいるため、アプリ運営側にとっても完全排除がしにくく、厄介な存在です。

大手運営・月額料金制なのでサクラはいない

クロスミーにサクラがいない理由

  • ・サクラを使うのは詐欺行為と同じ
    ・大手企業にはリスクの方が大きい
    ・クロスミーは定額制アプリ

クロスミーにサクラがいないとされるのには、3つの理由があります。

まず、アプリの運営元がサクラを使ってお金を遣わせようとする行為は、会員を騙しているわけですから、れっきとした犯罪行為ですよね。

クロスミーの運営元は、アメブロやAbemaTVなどを手掛ける大手企業サイバーエージェントの子会社です。

仮に、サイバーエージェントの子会社がサクラを使ってアプリの会員を騙す行為をしているとなれば、これまで築いたサイバーエージェントに対する世間の信頼を大きく落とすことになります。

クロスミー自体の運営が傾くだけでなく、グループ企業全体の信用が失墜する危険性があるので、クロスミーがサクラを雇うのはリスクが大きすぎると言えます。

2つ目に、クロスミーは決まった月額料金を払う定額制アプリなので、サクラが動いたところでお金を使わせるのには限界があります。

クロスミーはメッセージの送信やプロフィール閲覧による従量課金が発生しない仕組みなので、サクラを雇ったところで払ってもらえるお金は定額料金だけです。

わざわざ従業員にサクラをさせる・サクラを雇うのは、割に合いません。つまり、クロスミーは料金システム的に、サクラを使うことに意味がないということです。

業者はいるが遭遇率は体感10%前後

業者の種類 手口
個人情報収集 入手した個人情報を売る
マルチ商法 商品を紹介して会員に勧誘
風俗斡旋 デートを装って金銭を要求
ぼったくり 客引きして高額な料金を取る
外部サイト誘導 外部リンクを送ってくる
投資・資産運用 高額な情報商材などを販売

クロスミーには、残念ながら一定数の業者アカウントが存在します。

ただ、そこまで警戒するほど遭遇率は高くありません。体感的には10%ほどの遭遇率でしょうか。

10人に1人は業者の可能性ありとあらかじめ認識しておけば、対策もできそうですね!

特に男性は、女性からの積極的なメッセージには注意した方が良いかもしれません。

業者は無料で登録できる女性アカウントを使うことが多く、アダルトな内容に引っかかりやすい男性をターゲットにする傾向があります。

女性の方から珍しくグイグイ来たら思わず喜んでしまいそうなものですが、念のため業者の可能性も考えておきましょう。

これに対して女性ユーザーは、基本的に業者と遭遇する確率はかなり低めです。

男性会員は有料登録しないとクロスミーの全機能を使うことができない為、業者からしてみればお金がかかる男性アカウントを使って女性会員を狙うのは非効率なのです。

クロスミー運営の業者に対する対策

なぜクロスミーに業者が少ないのかと言うと、業者が活動しにくい仕組みや体制、機能を強化しているからです。

クロスミーの体制をよくチェックしてみると、業者が活動しにくい環境が整っていることがわかります。

GPSでのマッチングなので業者が活動しにくい

そもそも、クロスミー最大の特徴は、GPSによる位置情報を使った「すれ違い」での出会いです。

業者がクロスミーで一般会員に効率よく接触するためには、「すれ違い」機能を使うことになります。

すれ違うためにわざわざ外出して歩き回る必要があるので、他のマッチングアプリで活動するよりも時間も手間もかかるわけです。

業者からしたら、わざわざGPSでのマッチングがメインであるクロスミーを活動場所に選ぶメリットはないと言えるでしょう。

24時間365日の有人監視

クロスミーは、登録時に提出する本人確認書類の厳正なチェックだけでなく、業者など悪質なユーザーがいないか、24時間365日体制で有人監視をしています。

ビジネス勧誘・宣伝などの商業行為や金銭を要求するメッセージなど、パトロールで発見した問題については、事実確認の上アカウント停止や強制退会といった対応をしています。

さすが大手サイバーエージェント傘下の企業が運営しているだけあって、不審なユーザーの排除にしっかり取り組んでいますね!

怪しいユーザーを拒否できる機能を搭載

クロスミー拒否機能
  • ・非表示:自分のアプリ画面から相手を消す
    ・ブロック:お互いを表示させないようにできる
    ・違反報告:利用規約違反や迷惑行為を通報

クロスミーには、「非表示」「ブロック」「違反報告」機能があります。「非表示」機能は、設定した相手の情報が自分の画面でだけ表示されなくなるので、相手はあなたのプロフィールを確認できます。

例えば、よく検索結果に表示されるけど興味が無い場合などに便利な機能です。

「ブロック」機能は、設定した相手の情報が自分の画面で表示されなくなるだけでなく、自分の情報も相手の画面に表示されなくなります。

「プロフィールが業者の傾向に当てはまるから、念のためこの人は避けたい」といった場合や、「違反報告」をした相手にプロフィールを見られたくない時に使うのがおすすめです。

仮に誤って「非表示」や「ブロック」の設定をしてしまっても、解除することができます。

「違反報告」機能は、業者などの迷惑ユーザーと遭遇した時に運営に伝えて対処してもらえる機能です。

「違反報告」後、運営の調査によって、通報した相手がクロスミー内で迷惑行為をしていた事実が確認されれば、強制退会などの処置が下されます。

誰が「非表示」「ブロック」「違反報告」の操作をしたのかは相手に通知されないので、悪質な行為や業者に遭遇した場合は、クロスミーの拒否機能を活用しましょう!

クロスミーに潜む業者の特徴

クロスミーを利用する際、サクラとの遭遇を心配する必要はありませんが、業者にはしっかり注意しておきたいところです。

まずは、業者アカウントにありがちな特徴を整理しておきましょう!

投資やマルチ商法の勧誘が目的の業者多数

クロスミーにいる業者は、投資やマルチ商法などのうまい儲け話の勧誘を目的として動いている場合が多いです。

クロスミーの会員は、主に20代。副業や儲け話などにはつい興味を持ってしまう世代ですよね。業者はそんな若いユーザーを騙そうとして近づいてきます。

ちなみに、「業者ってなんでペナルティを受けないの?」と思う人もいますよね。

もちろん運営に見つかればすぐに業者アカウントは凍結されますが、このような勧誘目的の業者は運営にとってなかなか見つけづらい存在なんです。

実際に会ってから勧誘や詐欺を働こうとするため、アプリ内では不正行為の証拠を抑えることができないんですね。

ぼったくりバーの客引きもいる

ぼったくりバーの客引きにも注意してください!

クロスミーはすれ違いで出会えるアプリというコンセプト。位置情報を使って近くの人と出会えるというメリットを悪用し、近くにあるぼったくりバーへ誘おうとしてきます

「チェーン店より隠れ家的なお店の方が雰囲気あって良いよね。オススメのお店あるからそこで会お♪」…なんて言われたときは注意が必要です!

出会い系アプリに多い風俗斡旋業者や詐欺サイト誘導業者はほぼいない

風俗斡旋業者や詐欺サイトへの勧誘業者の存在を心配している人もいますよね。

ただ、クロスミーではそのような業者とは基本的にあまり遭遇しません。

はっきり言って、風俗やお金をたくさん使わせる詐欺行為なら、30代~40代の経済的に余裕のある人の方が効果的だからです。

クロスミーの年齢層は若いので、お金をたくさん使わせようとしても、そもそも年齢的に無理がある場合が多いんです。

風俗斡旋業者などは、もう少し上の年齢層の多い出会いアプリに湧きやすい傾向にあります。

クロスミーに潜む業者の見分け方

クロスミー に潜む業者は、最初はほぼ共通した流れで近付いてきます。

魅力的なプロフィールでアプローチしてきて、マッチングするとすぐに外部でのやりとりをしたがったり、デートの約束を取り付けようとしてきます。

また、クロスミーの場合は「今日デート」機能で会ってみたら業者だった…なんてこともあるようです。

でも、業者の見分け方を覚えておけば大丈夫◎クロスミーに潜む業者の見分け方を細かく解説します。

「自由」「投資」「好きなように生きる」の記載に注意

業者は、一見すると少し憧れるような生き方をプロフィールに書いている場合が多いです。

  • 「何にも縛られない生き方を模索中☆」
  • 「好きなことで遊びながら稼ぐのが夢です!」
  • 「投資覚えてから人生変わりました!」

……なんてプロフィール文には注意しましょう!

こんな言葉をプロフに書いているのは、副業や儲け話に興味ある若者をうまく誘い出すためです。

プロフィール写真に海外旅行や高級料理を何枚も掲載していないか確認する

業者アカウントの「リア充アピール」的な写真にも注意しておきましょう。

  • 何人もの仲間に囲まれてパーティー
  • 高級レストランでのディナー
  • 海外リゾートでバカンス

などなど、いかにも人生謳歌してます!!的な写真ばかりの人は、はっきり言ってかなり怪しいです。

軽率にいいねを送らないのが賢い選択です!

すぐに「会いたい」とメッセージを送ってきたら警戒する

業者にとって、クロスミーでマッチングしてチャットするのは、ただの過程でしかありません。

彼らにとっては会ってなんぼですから、業者はとにかく「早く会おうとする」のが特徴的です。

  • 他の人と比べて距離が近すぎる
  • 2通目くらいでもう会おうと言われた

このような動きをする人に出会ったときは、軽々しく会わないようにしましょう!

クロスミーに潜む業者に騙されないための対策方法

では最後に、クロスミーで業者に騙されないために、対策や業者アカウントの見分け方を整理しておきましょう!

指定されたお店に向かうのは要注意

業者は、位置情報を使うというクロスミーならではの特徴を悪用し、ぼったくりバーに誘ってくることがあります。

相手にお店を指定された場合は、なるべく先に口コミをネットで調べておきましょう!

  • 料金が高いなどの口コミがある
  • 全体的に口コミの評価点が低い
  • 口コミが0件
  • お店を検索しても情報が出てこない

↑のような場合は、業者の可能性大なので絶対に気をつけてくださいね!

プロフィールやメッセージに「勧誘はやめてください」と記載する【デメリットあり】

業者との接触を避けたい人は、「勧誘はやめてください」とあらかじめプロフに書いておくのも良いかもしれません!

業者だって仕事ですから、勧誘に警戒している人をあえて誘うことなんてしませんよね。

そんなことをするくらいなら、何も知らない人を甘い文句で誘った方が全然効率的です。

ただ、「勧誘はやめてください」とプロフィールに書くのにはデメリットもあるため要注意です!

いきなりそんな言葉があると、「なんだか攻撃的な人だな…」「真面目すぎてつまらない人かも」と、プロフィールを見た人には思われてしまうからですね…。

このあたりのデメリットが気になるなら、

  • プロフィール文の最後にさりげなく書いておく
  • 「♪」や「☆」などでくだけた文章にする

などの対処がおすすめです!

極力クロスミー内でやりとりする

もし業者の目的が個人情報収集だった場合、クロスミー以外の連絡先を知られてしまった時点で、被害に遭う可能性が出てきます。

メールやLINEなどの連絡先はもちろん、SNSアカウントの交換も慎重にしましょう!

少なくとも、一回会って信頼できると思うまでは極力クロスミー内でやりとりするのがおすすめです。

初めて会うのは昼間・オープンな場所にする

マルチ商法や投資・資産運用系の業者の場合、とにかく早めに会おうとしてきます。

対面であればクロスミー運営の目を逃れることができ、勧誘や営業行為がしやすいからでしょう。

この手の業者は、会う日程や場所も細かく指定してくる傾向があります。

おそらく組織の拠点に近いなどの理由があるのだと考えられます!

もしこういった傾向が見られる場合は、こちらから昼間のカフェなど人目の多い場所で会おうと提案してみてください。

クロスミーで業者に遭遇したら通報(違反報告)

はっきり業者だと思った場合は、新たな被害が出ないように迷わずクロスミー運営に通報(違反報告)しましょう。

クロスミー運営が調査して業者だと確認が取れれば、そのアカウントを強制退会にしてくれます!

通報しても相手には通知されない

クロスミー での違反行為
  • ・誹謗中傷・暴言
    ・位置情報を使ったストーカー行為
    ・マルチ商法などのビジネス勧誘
    ・外部サイトへの誘導
    ・セクハラ行為
    ・迷惑行為

通報する時に気になるのが、通報したことが相手にバレないかどうかです。

クロスミーでは、誰が通報したのかは違反者に対して一切通知されません!

業者の勧誘や営業行為以外にも、違反行為に当たる内容であれば取り締まってくれます◎

通報の手順

クロスミー  サクラ 通報(違反報告)

相手のプロフィール画面からすぐに通報できます。

具体的な手順は以下の通りです。

クロスミーで通報する方法
  1. 相手プロフィール右上の「…」選択
  2. 「違反報告」を選ぶ
  3. 違反内容の該当項目を選ぶ
  4. 詳細を入力
  5. 「送信」ボタンを押す

「違反報告」をすることによって、次に起こる被害を未然に防ぐことができます。業者をはじめとした迷惑ユーザーに遭遇してしまったら、できるだけ早めに通報・違反報告をしましょう!

通報後はブロック

通報した後は、相手にプロフィールを見られないようブロックしておくのがおすすめです。

ブロックしておけば、お互いのプロフィールの閲覧はできなくなります。

強制退会などの措置がされるまでの間に、これ以上こちらの情報が相手に見られないようにしておくとより安心です。

【口コミのサクラ報告は勘違い?】サクラだと勘違いしやすい一般女性の特徴

では…、ネットなどによくある「クロスミーにはサクラがいる」などの口コミはどう解釈すべきなんでしょうか?

可能性の一つとしては、その口コミで言われる「サクラ」とは、「勘違い」であることが考えられます!

一般の女性会員を、サクラだと勘違いしてしまっているということですね。

サクラだと勘違いされやすい女性の特徴を整理しながら、どういうことか見ていきましょう。

マッチングしたのにメッセージを返してこない

確かにマッチングしたのに返信がなければ、サクラだと勘違いしてしまいますよね。

「いいねしてきたのに、もしかしてサクラ?最悪!」……そう怒りたくなる心理もわかります。男性は課金してますしなおさらですよね。

でも!ちょっと冷静になってみてください。

実はマッチングアプリって、男性よりも女性の方がかなりマッチングしやすい傾向にあるんですね。

男性が10マッチングしていたら、女性はその倍以上マッチングしていることも全然珍しくありません。

そのため女性は、マッチングしてからチャットして仲良くなる人を決めている場合があります。

男性からしてみればちょっとうらやましい話ですが、それだけ、クロスミーも含めたマッチングアプリは女性にとって売り手市場のようなものということです。

やっとチャットできる!でもメッセージ来ない!この子サクラじゃん!…と決めつけるのは、少し早合点しすぎなのかもしれませんね。

相手からメッセージを送ってきたのに返信をしてこない

確かに女性からいいねしてきたのにメッセージなしでは、サクラかもと疑いたくなりますよね。

ただ、この場合も「女性がたくさんの人とマッチングしていること」が関係してきます。

正直なところ、誰だってより盛り上がれる相手、自分によってより良い条件の相手と仲良くなりたいですよね。

マッチングしやすい女性は選択肢が豊富なので、「いいねはしたけど、やっぱりこっちの人が良い」ということは正直よくあります。

最初のメッセージは、自分の第一印象に関わります!

マッチングしたからといって安心せず、相手の興味を引けるメッセージを意識したいところですね!

例えば「マッチングありがとう!よろしくね」…のようないかにも定型文的なメッセージは、無視されてしまいがちです。

まとめ:クロスミーにサクラはいない!ただし業者には要注意!

クロスミーは大手企業が運営していること、定額制なことなどの理由から、サクラがいないことがわかりましたね♪

ただ、業者アカウントとの遭遇にだけはしっかり注意しておきましょう!

大事なのは業者の特徴や遭遇したときの対策法を理解しておくことです。

それさえ分かっていれば、遭遇率自体は10%程度なので、危ないことなどはなくクロスミーでの出会いを楽しめるでしょう♪


鈴木
マッチングアプリで1ヶ月15人と出会った実績あり。3年以上アプリを使っている経験からサクラ・業者の見極め方を徹底解説!
このライターの記事を読む
ページ上部へ戻る