BAE BAE miel lbe unjour line facebook twitter instagram
LiFe
dehaze
閉じる
恋愛アドバイス

Writing by 川口美樹

恋愛がうまくいかない男性がやってる痛恨のミスと効果の出る解決策

Writing by 川口美樹

恋愛がうまくいかない男性がやってる痛恨のミスと効果の出る解決策
createこの記事を書いた人
川口美樹 恋愛プロフェッショナル
元俳優。1,000人以上の人生相談経験を元に、恋愛市場への本質的な情報発信を開始。恋愛・結婚・ジェンダー・夫婦・SEX・キャリアについての総合雑誌のような存在を目指し、講演も行う。書籍『なぜあなたの恋愛は思い通りにならないのか?』

こんにちは、恋愛プロフェッショナルの川口美樹です。

この記事にたどり着いたあなたは、恋愛がうまくいかない理由について、よりクリティカルで本質的な説明を求めている人ではないかなと思います。

また「恋愛 うまくいかない 男」と検索した時に出てくる情報が、通り一辺倒のうわべだけの解説で埋め尽くされているため、納得のいく回答に出会えなかったのではないでしょうか?

女性はいちいち、「あなたのここが気に食わなかったのよ」と丁寧に教えてはくれません。

だからこそ、自分で検証材料を探し、自分が悪かったところを改善していかなければならないわけですが、その材料が説得力に欠けたり、信憑性がなかったりするために、積極的に自分を改めたいと思えないことが多かったのではないかと思うのです。

そこでこの記事では、これまで数々の女性の本音を聞いてきた僕の方から、

  • 女性がどんな男性を嫌い
  • どんな男性に惹かれ
  • 何を僕たちに求めているのか?

を洗いざらいお伝えしていきたいと思います。

恋愛がうまくいかない一番の理由は、試行回数が足りないから

実は僕は、女性だけでなく男性からの相談もよく乗っています。

ですから、「恋愛がうまくいかないんです」という相談にはなんども乗ってきました。

そして「恋愛がうまくいかない」と嘆く全員に共通していることを見出しました。

うまくいかない人は回数をこなしていない

みんなもれなく、3〜5人くらいの人とデートしたくらいで、「うまくいかない」と言っているのです。

100人とデートして「うまくいかない」と悩んでいる人には会ったことがありません。

僕も恋愛下手な自覚があったので、女性の気持ちを理解するために、まずはマッチングアプリを使い倒し300人以上の人に会いました。

結果として女性が男性をどのように見ているのか、傾向をつかむことができたのです。

つまり、「恋愛がうまくいかない」のは試行回数が圧倒的に足りないことが一番の原因なのです。

英会話で例えれば、3〜5回ネイティブと喋っただけで「自分には英語は習得できない」と嘆いてるようなものです。

全ての物事の上達のプロセスには「回数」が必要不可欠です。その「回数」もこなすことなく、うまくなろうとすることがそもそもの間違いなのです。

大事なのは「何を検証すれば良いのか」を知っていること

かといって、闇雲に回数だけをこなしていても、物事は上達しません。

大事なことは「検証をかけるべき項目」を知ることです。

結論から申し上げると恋愛に関しては

  • ターゲット
  • 見た目(服装・写真・プロフィール・言葉遣いなど全ての見た目)
  • 接し方

が検証材料として重要です。

恋愛がうまくいかない人は、この3つの要素がどこか抜けていて検証がかかっていないために、同じことを繰り返して毎回「うまくいかない」という結果を招いているのです。

あなたは、あなたが狙うべき人をわかっていますか?

まず最初に考えたいのは、自分が狙うべきターゲットの問題です。

恋愛がうまくいかない人は、恋愛上手な人の真似をしようとして、自分がターゲットにすべきではない人にアプローチしようとしてしまいます。

そうではなく、自分にあった人にしっかりアプローチすることが重要なのです。

全ての人に好かれることはできない

恋愛がうまくいかないと考えている男性は、「女性とはこういうもの」という大きなくくりで考えようとする傾向があります。

「女性はこうされた嬉しいはず」「レディーファーストすればいいんでしょ?」というテンプレートをそのまま使い、「女性にとっての正解」を演じようとします。

僕も最初、見事にその罠にはまっていました。どこかの本で読んだノウハウが通用しなかった時に、あたふたしてしまって、頭が真っ白になり会話を続けることができなかったのです。

一口に「女性」と言っても性格も好みも十人十色です。

「あの人」が喜んだアプローチが「この人」にも通用するとは限りません。つまり、全ての女性に好かれるのは無理だということ。

と同時に、「自分は誰から好かれやすいのか」を考えなくてはならない、ということでもあります。

自分の苦手分野には手を出さない

僕は、冷静に淡々と会話をするタイプなので、若くてチャキチャキしている女性は苦手でした。(きっとあなたもそうなのではないですか?)

当然、クラブやハイクラスパーティーにいるウェイウェイ・キラキラ系女性には全く相手にされません。

彼女たちの求めているものは、刺激的で楽しい世界を見せてくれる人なのです。

ロマンチックな夜景の見えるバーで、うっとりするような口説き方をしてくれる男性に、インスタ映えするようなスポットに連れていって欲しい、と思っているのです。

僕は、そういった女性たちのニーズには応えられない人間なので、そこを攻めるのはやめました。

自分の特性を理解して、自分に合う人を定めよう

一方で、ある程度年齢がいっていて(30代前半〜40代中盤まで)、かつ精神的に落ち着いている人とは相性が良いことがわかりました。

そこで、そういった属性の女性たちのニーズを把握することにしました。

結果、そういった人たちは「自立した大人な女性である」と同時に、「普段は言えない愚痴や不満を多く抱えている」ことがわかり、そこに共感してあげるととても喜ぶ、ということがわかったのです。

そこでアプリのプロフィールも、ちょっと大人びた雰囲気で、読書や美術などを趣味に書くようにしました。(もちろん、本当に趣味なのですが)

するとマッチングの確率も上がり、初回デートが二回目・三回目と繋がる確率が上がっていったのです。

好いてくれる人を好きになる癖を持とう

これがターゲッティングの効果です。

自分という商材を理解し、どんな人に喜ばれやすいのか?を検証していけば、当然喜ばれる確率も高まっていきます。

すると「自分にも恋愛できるじゃん」という自信が付いてきます。

しかも苦手な人種は相手にしなくなるので、うまくいかない経験をしづらくなります。(したとしても、苦手な人種だったしな、で簡単に諦めがつく)

ただ最初のうちは、自分を好きになってくれる人が、必ずしも自分が好きな人種ではない可能性もあります。

それでも、好きになってくれたのには何かしらの理由があるわけですから、まずは自分を好いてくれる人のことを信用して、その人のことを好きになってみましょう。

そうすると自分でも気づけなかった自分の魅力に気づくことにも繋がっていきますよ。

見た目は「不快でないこと」を目指すのが正解

次に重要になるのが、見た目です。

残念ながら、人は人を見た目で判断するものです。

中身を見てもらうためには、見た目もきちんと整える必要があります。

ただし見た目は、加点を狙いに行く、というより、減点されないことを優先的に考えるべきです。

つまり「オシャレになる」というよりは「TPOをわきまえた服装を選ぶ」こと、「イケメンになる」というよりは「ブサイクにならない」ことの方が重要だということです。

見た目は相手にとって「不快でないこと」を目指すべし

よく恋愛の指南書には「清潔感が大事だ」という意見が書かれていますよね。

でもこれは女性の本音ではありません。正確には「不潔な人間は寄ってこないでください」が本音です。

この「不潔」が人によって基準が違うのでなかなか難しいのですが、よく聞くものを紹介します。

ヨレヨレのえり・首元

使い古したポロシャツや、日常使いしているシャツなどをデートに着ていくのはやめましょう。

えりがくたびれていたり、袖が汚れていたりします。

高い服でなくて構わないので、デート用の一張羅を3パターンぐらいは用意しておきましょう。

汚れのついたカバンや靴

足元の汚れはふとした瞬間に眼に映ると女性をかなりげんなりさせます。

どれだけ足から上をこぎれいにしていても、靴が汚いと一気に減点対象になるようです。

さらには持っているカバンやリュックの汚れ具合も気になります。

ボサボサの髪と、伸ばしっぱなしのヒゲ

男性の中にはアウトローなキャラを作ろうとして、髪の毛やヒゲを「あえて手入れしない」人もいるようですが、恋愛に関してだけ言えばメリットがありません。

しっかりと美容室にいって、「清潔感のある髪型とヒゲにしてください」とリクエストしましょう。

女性は「顔の造形」よりも「表情」を見ている

「見た目はそれなりに整えているんだけどな」と感じた人は、「表情」に注目して見てください。

例えば、アプリに載せている写真。まさかとは思いますが、仏頂面にはなっていないですよね?

まさかとは思いますが、室内の暗い場所で、影が入るようにとっていないですよね?

ちゃんと自然光の入った明るい場所か、照明の当たったところで、笑顔の写真を載せていますよね?

デート中も、きちんと感情を表情に出していますか?初対面の時に、「あ、どうも」みたいなテンションで挨拶していないですよね?

特に、感情が表に出にくいタイプの人は要注意です。楽しんでいるなら、しっかりと楽しんでいることを表情で伝える必要があります。

恋愛がうまくいかない男性がやってる5つのNG行為

そして「接し方」です。この「接し方」を間違えると、ターゲットが正しくても、どんなに見た目が清潔でもうまくいきません。

”優しさ”を履き違えている

女性の「優しい人が好き」という主張を鵜呑みにし、本当に「ただの優しい人」になると恋愛対象にはなりません。

女性が好きな「優しさ」は、決してレディーファーストをしてくれるとか、デート代を奢ってくれるとか、そういうことではないのです。

自分を「女性として」扱うのではなく、一人の人間として扱い、個人の価値観に理解を示してくれる人を「優しい人」と表現しているのです。

見返りを求めたアプローチをしている

さらに男性が「優しくされた嬉しいんでしょ」と思いながら接していると、女性は見事にその下心を見抜いてきます。

『デートプランを考え、相手の体調に気遣いながら、話も聞き共感もして、デート代もおごった』のに、相手から何の感謝もされないことに不満を垂れてはいけません。

これらの行為は全て、「自分が好かれるために」行うのではなく、相手を「一人の人間として尊重するために」行わなくてはならないのです。

プライドが無駄に高い・上から目線である

主に年上の男性に見られる傾向ですが、無意識下で「男性が上・女性が下」というマウント意識がある人は嫌われます。

例えば、相手の女性の学歴や収入が、自分より「上」だと知って不機嫌になったり、仕事の話になった際に頼んでもないのに説教やアドバイスをしてきたり、『女性が育児家事をやるべきだ』という昭和の価値観を押し出したりすると、間違いなく嫌われます。

そういった「自分の方が上ですよ」という誇示を気づかないうちにしてしまう男性はすごく多いです。

一度、自分のデート中の会話を録音してみると良いでしょう。それを客観的な立場で「上司に言われてるとしたら?」と思いながら聞いてみると、いろいろなことに気づけますよ。

自分よりすごい人に出会ったら、素直にすごいと認めましょう。無題に高いプライドなんて百害あって一利なしです。

束縛気質がある(思い通りにしようとする)

嫉妬心や独占欲が強い人は、相手を自分の思い通りにコントロールしようとします。

彼女の交友関係に口を出したり、連絡を強要したり、自分との優先させたりしている自覚のある人は要注意です。

嫉妬や独占欲は「自分が嫌われたくない」という恐怖の裏返しなのですが、その恐怖を「束縛」という形で相手に解消させようとしているのです。

束縛気質のある人は、自己肯定感が低いことが原因です。

自己肯定感についてはこちらの記事を参考にして見てください。

ネガティブ・卑屈である

恋愛がうまくいかないと感じている人の中には、自分の外見や性格にコンプレックスがあるせいでうまくいかないと思っている人もいるでしょう。

しかし、それは誤解です。問題はコンプレックスがあることではなく、コンプレックスによって「卑屈になっている」ことなのです。

これによって、目に覇気がなく自信がない人のように見えます。この「負のオーラ」が女性に距離を取られる原因になっています。

どんなに人にだってコンプレックスの一つや二つはあるものです。しかしそれを「恋愛がうまくいかない理由」にした瞬間にあなたの成長は止まってしまいます。

自分のモテない原因を、コンプレックスのせいにしないことが重要です。

「恋愛上手」になるための3つの現実的な指針

ここまではうまくいかない原因について解説してきましたが、きっとたくさんありすぎて何から始めたら良いかわからなかったという人もいたと思います。

そんな人には、

  1. ForMeではなくForYouの精神で接する
  2. できるだけたくさんの人に会う
  3. 相手の話をとことん聞く

の3つを指針にすることをお勧めします。

ForMeではなくForYouの精神で接する

ForMeとは「自分のために」「見返りを求め」ようとするあり方のこと。

ForYouとは「見返りを求めず」「相手のために」あろうとするあり方のこと。

デートプランも、その日の服装や髪型も、かける言葉や取る行動も全て、「相手が喜びそうかどうか?」を基準に考えてみるクセをつけましょう。

できるだけたくさんの人に会う

そして、そのForYouの精神で試したことが、どれだけ有効なことだったのか、できるだけたくさんの人に会って検証しましょう。

そして同時に、たくさんのForMeな言動もして失敗を積み重ねましょう。

失敗と成功を同時に積み重ねることで、ForYouでいるということがどういうことかよりわかりやすくなります。

そしてたくさんの人に会えば、自分がどういう人に好かれやすいのか、逆にどういう人に好かれにくいのかもわかるようになってきます。

女性の話をとことん聞く

人間にとって、誰かに話を聞いてもらえるということは、セックスやコカイン、美味しい食事をするのと同じくらいの快感である、ということがわかっています。

つまり話を聞くという行為がそもそもForYouな行為であるということです。

具体的にどんなテーマでどんな風に聞いていったら良いのかは、こちらの記事に詳しくまとまっていますので、参考にしてくださいね。

これは僕が過去に1000人以上の人の話を聴いて確信していることなのですが、初めましての時は「仕事の話を聴く」ことが重要です。

まとめ

まとめます。

恋愛がうまくいかない一番大きな原因は、「試行回数が足りないこと」でしたね。

そしてその回数を重ねていく中で、

  • ターゲットが間違っていないか?
  • 見た目で減点されていることがないか?
  • ForYouな態度で接しているかどうか?

を常に検証をかけて、アップデートをしていきましょう。

これを真面目に続けていけば、恋愛が一向にうまくならないなんてことは起こりません。

物事を上達させるための一番シンプルなコツは、上達するまでやめない、ということなのですから。

川口美樹
元俳優。1,000人以上の人生相談経験を元に、恋愛市場への本質的な情報発信を開始。恋愛・結婚・ジェンダー・夫婦・SEX・キャリアについての総合雑誌のような存在を目指し、講演も行う。書籍『なぜあなたの恋愛は思い通りにならないのか?』
このライターの記事を読む
ページ上部へ戻る