BAE BAE miel lbe unjour line facebook twitter instagram
LiFe
dehaze
閉じる
マッチングアプリ

Writing by LiFe編集部

ユーブライドでブロックはいつ使う?|非公開や休会との違いやブロックを使ってバレないかも解説!

Writing by LiFe編集部

ユーブライドでブロックはいつ使う?|非公開や休会との違いやブロックを使ってバレないかも解説!

こんにちは!LiFe編集部です♪

「ブロックはいつ使えばいい?」「ブロックするとバレてしまう?」とユーブライドのブロック機能について疑問に感じる方もいるかと思います。

そこでこの記事では、ユーブライドでブロックの効果と使い方をまとめてみました!

この記事を読むことで、ユーブライドでブロックするタイミングや非公開・休会との違い、バレるかバレないかが分かるので、ユーブライドでブロックを使いたい人は参考にしてください!

ユーブライドのブロックとは【相手に見られなくなる】

ブロックとは、相手と「お互い」に見られなくなる機能です。

一度ブロックした相手は、以後検索画面で「プロフィールを閲覧できません」と表示されます。

また、ブロック後は相手とのやりとりを見ることはできません。

マッチングした相手をブロックするとどうなる?【履歴まで全て消える】

ユーブライドでマッチングした相手をブロックすると、メッセージ画面に表示されなくなり、やりとりの履歴まで全て消えます

つまり、ブロックは「見られたくない」「やりとりしたくない」両方に効果的です♪

ブロックの使い方【簡単3ステップ!】

ブロックの効果が分かっても、使えなければ意味がありません。

ブロックの使い方は、プロフィールから順番に進めるだけなので覚えるのも簡単です!

1.プロフィール右上のアイコンをタップ

ブロックしたい相手を選び、プロフィール右上のアイコンをタップします。

2.ブロックするをタップ

表示された選択肢から、ブロックするをタップします。

3.再度ブロックするをタップ

ブロックをタップすると、確認が表示されます。

確認画面で再度「ブロックする」をタップすると、相手をブロックできます。

ただし、操作後解除できなくなるため、ブロックして良いか確認してから行いましょう

ブロックと非公開・休会の違いは?

ユーブライド公式サイトの「恋愛相談Q&A」では、ブロックと他の機能の違いについて質問が多く、違いが分からない人が多いようです。

ユーブライドではブロック以外に、「非公開」「休会」という機能があります。それぞれ別機能のため、違いを覚えておきましょう!

ブロック・非公開・休会の効果まとめ

 機能 説明
ブロック ・お互いに表示されなくなる
・やりとりの履歴が消える
・ブロック後は解除できない
非公開 ・検索結果に表示されなくなる
・プロフィール編集で自由に解除できる
・有料会員限定機能
休会

・全ての相手からプロフィールが見られなくなる
・お相手を探せなくなる
・プロフィール編集で自由に解除できる

ブロックは、お互いに表示されなくなり、やりとりの履歴も消えるので、今後やりとりしない相手に使う機能です。

非公開は、自身が検索結果に表示されなくする機能です。身バレをしたくない際に、不特定多数に自身のプロフィールを見られることを防げます。

休会は、全ての相手から自身のプロフィールから表示されなくなり、お相手探しもできなくなる機能です。いったんユーブライドの活動を休みたい際に使えます。

それぞれの機能の違いがイマイチ分からなかった方は、上記を参考に覚えておきましょう!

ブロックはいつ使うべきか【使えるタイミング3選を紹介】

ブロックと非公開・休会の違いが分かったところで、使い分けができなければ意味がありません。

そこで、実際にどういうタイミングでブロックが使えるかをまとめてみました!

1.特定の相手に見られたくない時

ブロックを使う最適なタイミングは、特定の相手に見られたくない時です。

つまり、見られたくない相手と分かったらすぐにブロックを使いましょう

2.何度も足跡を付けられ不快になった時

ブロックは、同じ相手に何度も足跡を付けられ不快になった時に使えます。

やりとりする意思がない相手であれば、ブロックを使って足跡を付けられないようにしましょう

3.不快なメッセージを送られた時

最後は、不快なメッセージを送られた時にブロックを使いましょう。

マッチングを解消しても、非公開・休会では解除すると相手のプロフィールが表示されてしまい、効果がありません

ブロックであれば、相手が新しいアカウントを用意しない限り、検索されることもなくなり安全です。

ブロックはバレるか【察知されてしまう】

ユーブライドには、ブロックした相手を確認する方法はありませんが、相手の画面から自身がいなくなるため、ブロックしたことは察知されてしまいます。

実際にユーブライド公式のヘルプセンターの「ブロックについて」でも、ブロック機能を利用された事を察知できますと回答しています。

ブロックしたことはバレてしまいますが、ブロックしておけば相手と出会うことはなくなるので、やりとりしたくない、プロフィールを見られたくない相手はブロックしてしまいましょう。

まとめ:ブロック機能を使ってユーブライドを安全に利用しよう!

今回は、ユーブライドのブロックを紹介しました!

非表示・休会は全ての会員が表示できなくなるため、見られたくない相手に使えるのはブロックだけです。

ブロックを使うタイミングは、3つの例を参考に実際使ってみることで慣れてくるはずです。

ユーブライドを安全に使うためにも、ブロックを上手く活用できるようになりましょう!



LiFe編集部
恋愛・マッチングアプリの専門家集団。 出会えるアプリ、出会えないアプリを全て網羅。 複数のアプリを使った経験を活かし、本当におすすめのアプリを紹介。
このライターの記事を読む
ページ上部へ戻る