BAE BAE miel lbe unjour line facebook twitter instagram
LiFe
×
マッチライフ

Writing by LiFe編集部

恋愛相談は誰にするべき?目的別に相談相手の選び方と注意点を紹介

Writing by LiFe編集部

恋愛相談は誰にするべき?目的別に相談相手の選び方と注意点を紹介
createこの記事を書いた人
LiFe編集部
恋愛・マッチングアプリの専門家集団。 出会えるアプリ、出会えないアプリを全て網羅。 複数のアプリを使った経験を活かし、本当におすすめのアプリを紹介。

恋をしていたら必ずと言って出てくる悩み。誰に相談しようか迷いますよね。

実は恋愛相談は、目的によって相談すべき相手が変わってくるんです。

今回は、相談相手と注意点について解説します! 適切な相談相手について知りたい方は参考にしてみて下さい♡

相談の目的によって相手を変えよう

冒頭でもご説明しましたが、恋愛の相談は目的によって相手を変える必要があります。

相談には話を聞いてもらいたい時と相手の意見が欲しい時がある

相談には、ただ話を聞いてもらいたい時と、相手の意見や考えを聞きたい時の2通りあります

前者の場合は、なるべく共感性の高い相手に話を聞いてもらいたいですよね。

後者の場合は、答えや意見を正確に教えてくれる相手が、相談にふさわしい相手となります。

相談相手を間違うと望んだ結果が出ない

相談相手を間違うと、自分が求めていた結果は出ませんし、相手にストレスを与えることになってしまいます。

気持ちを整理したいだけで、自分の中でもう結論は出ているのに「ああした方がいい」「こうした方がいい」と言われても心に響きませんよね。

また、明確な答えが欲しいのに、ただ聞いてもらうだけではすっきりしないでしょう。

話を聞いてもらいたいだけなら女友達にするべき

気軽に話せる

女友達に相談する一番の利点は「気軽に話せる」という点です。

親しい女友達であれば、遠慮なく何でも話せますし、お互いに愚痴を聞き合うことも出来るので双方のメリットにもなります。

単純に相手の話を聞いているだけって疲れてしまいますよね。答えは出ているのに、ひたすら愚痴を聞かされるのはしんどいものです。

その点、女友達であればお互いに相談し合うことでストレス解消できますし、より絆も深まるでしょう。

男性に聞きづらい内容も話せる

女友達であれば、男友達には聞きにくいことも話せます。

例えば性の悩みなどは男友達には話しにくいですよね。体の構造上、性の悩みは男女ではなかなか共感しあうのが難しいです。

その点、女友達であれば同性なので悩みに共感してもらいやすいですし、もしかしたら同じような悩みを抱えているかもしれません

男性よりも共感してもらえる

基本的に、女性は男性よりも共感性が高い傾向がある生き物です。

あなたの気持ちに同調し、時には一緒に悲しんだり、代わりに怒ってくれたりすることもあるでしょう。

あなたの気持ちを肯定してくれて、欲しい言葉をくれる可能性が高いのは女友達です。

明確な答えが欲しい場合は男性に相談

男性目線でアドバイスがもらえる

例えば彼氏がそっけない時や、好きな人に振り向いてもらいたい時、男性目線の意見が知りたい時は、男性に相談するのが一番です。

具体的なアプローチ方法が聞けるかもしれませんし、彼氏と男性が知り合いなら、さりげなく探りを入れてくれるかもしれません。

男性に相談すれば、「男性ならどう考えるか」「どう行動するか」ということを教えてもらうことが出来ます。

論理的な答えを出すことに長けている

男性は女性よりも、論理的な思考能力に長けています。そもそも男性は「相談される」=「答えを求めている」と捉える人が大半です。

あなたの話を聞いて、あなたの置かれた状況や原因を分析し、具体的な解決策を提示してくれるでしょう。

何をすればいいのか、どう動けばいいのかさえ分かったら、あなたの曇った心も途端に晴れやかな気持ちになるはずです。

自分の欠点も指摘してもらえる

男性であれば、自分のダメな部分も指摘してもらえることが多いです。

女性は共感性が高くて気遣いに長けている分、きつい言葉は遠慮してしまってなかなか言えなかったりします。

その点、男性は意見を率直に述べる傾向があり、あなたの直した方がいい点もきっちり指摘してくれます。

相談相手を選ぶ時の注意点【男女別】

女友達だと明確な答えを出せない事が多い

女友達は共感性が高い代わりに、相談しても明確な答えを出せないことが多いです。

何故ならば、女性は結論を出すのが難しいという傾向があるからです。

女友達に相談すると、心に寄り添ってはくれますが、具体的なアドバイスは貰えず、やきもきしてしまうことも。

ただ話を聞いてもらいたい時や、感情を共有したい時などに女友達に相談するのが良いでしょう。

男性は話を聞くだけの相談は苦手

一方、男性は話を聞くだけの相談は苦手とする傾向があります。

ただ話を聞いて欲しいだけなのに、求めていないアドバイスをされてイライラしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

男性に相談する場合は、意見や考えを仰ぐような相談の仕方をしましょう

出会いが欲しい方はタップルを始めるのがおすすめ

会員数 累計600万人(2020年11月現在)
主要年齢層 20代
利用目的 恋活
月額料金 3,700円(※女性無料)
運営会社 (株)タップル

「どこか良い人いないかな~」と、出会いが欲しい方はタップルを始めるのがおすすめです。

使い方は、異性を左右にスワイプし、「いいかも」「イマイチ」を選ぶだけ。とてもシンプルな仕様になっています!

2014年にリリースされてから約6年で会員数が600万人を超え、これまでにマッチングした数は通算で2億組。国内マッチングアプリの中でもトップクラスのマッチング数です!

運営会社である「株式会社タップル」東証一部上場企業サイバーエージェントのグループ会社なので、信頼できる運営会社といえます♪

まとめ:的確な相手に相談しよう

恋愛の相談は、聞く相手を間違えると、自分の目的とは違った回答や、求めていたものが得られない場合があります。

まず、「ただ聞いて欲しいのか」「明確な答えが欲しいのか」この2点をはっきりさせましょう

共感してもらいたい時は女友達、具体的なアドバイスが欲しい場合は男友達に相談するとベストですよ♪

LiFe編集部
恋愛・マッチングアプリの専門家集団。 出会えるアプリ、出会えないアプリを全て網羅。 複数のアプリを使った経験を活かし、本当におすすめのアプリを紹介。
このライターの記事を読む
ページ上部へ戻る