BAE BAE miel lbe unjour line facebook twitter instagram
LiFe
閉じる
恋愛アドバイス

Writing by 美佳

彼女がダサいと感じる理由は?センスのなさにがっかりしてしまう瞬間を体験談を基に解説

Writing by 美佳

彼女がダサいと感じる理由は?センスのなさにがっかりしてしまう瞬間を体験談を基に解説
createこの記事を書いた人
美佳
美佳です。元銀座ホステスです。都内のどこかにひっそりと生息してます。顔はご想像にお任せします。

「人は見た目じゃなく中身だ」とも言われますが…やっぱり見た目も大事だったりしますよね。

だって、彼女の顔がどんなに可愛くても、センスのかけらもないファッションや行動では「一緒に出かけるのが恥ずかしい」と感じてしまうでしょう?

けれど、ダサいというだけで別れるのも、なんか違うというか……人としてちょっとアレじゃないですか?

そこで今回は、ダサい彼女の特徴とセンスをよくする方法をご紹介します。

ダサい彼女の特徴10個

自分に合っていないファッションをしている

顔、スタイル、雰囲気により、似合うファッションは人それぞれですよね?

そう、流行の服を着れていれば安パイ! というわけでもありません。

彼女の顔やスタイル、雰囲気に合っていない服というのは、違和感からダサく感じてしまうんです…。

着ている服がヨレヨレ

デートにヨレヨレの服で来られたら、テンション下がりますよね…?

無理におしゃれなんかしなくてもいいけど、清潔感は保って欲しいもの。

洗濯をしてある服だとしても、ヨレヨレだったり、シワがついていたら……やっぱり見栄えが悪く、ダサく感じてしまいます。

服の色使いが変

Tシャツが赤で、スカートが紫、バッグはゴールド……となると奇抜だし、見ていて目が疲れます。

頑張っておしゃれをしすぎたせいでor個性を無理に出そうとしたせいで、逆にダサくなることもありますからね。

地味にならないよう努力(?)しているのはいいのですが、色使いは少し考えて欲しいもの

ブランド物だけで身を固めている

奇抜な色使いもそうですが、全身ブランドで固めたファッションもまぁダサいもの。

有名ハイブランドのワンピースに、誰もが一目で『あのブランドのヒールだ』とわかる靴、ブランドのロゴが散りばめられたバッグ…では、ちょっとねぇ。

本人的には、おしゃれのつもりなのかもしれませんが、全身ブランド固めはおしゃれを知らない人がするような、おブスファッション…。

しかも、身につけているブランドがバラバラで、全く統一感がなかったら、なお痛いです。

年不相応な服を着ている

アラサーの彼女が、20代前半の子が着ているような、ギャルっぽく、かつチープな服を着ていたら、『ダサっ……!』と感じると同時に、なんか切なくなりません…?

若づくりするために、わざと若い子のファッションに走るのは、彼氏としてはちょっとやめて欲しいですよね。

季節感に合っていない服装

春なのに秋っぽい服を着ていたら、『気温は秋と同じくらいだけど、完全冬前のファッションじゃん……』と、ちょっとセンスを疑いますよね。

気温に合わせた服のチョイスは大事なのですが、ちょっと季節感も考えて欲しいもの

髪がボサボサ

彼女的には気にしていなくても、一緒にいる方としては、ボサボサな髪の毛ってかなり気になります……。

できれば、ヘアオイルなどでしっとり落ち着かせるか、ヘアゴム等で小綺麗にまとめるとかして欲しいもの。

ファッションが素敵でも髪の毛が残念では、やっぱりダサいですから。

「めんどくさい」が口癖で行動しない

「めんどくさい」が口癖で、行動力に欠け、ダラダラ生きている彼女って、ダサいというか、かっこ悪いというか……明るさやポジティブな感じがなく、陰気な感じですよね。

なんでしょう、そういう生きる上でのダサさを感じると、尊敬の念すら薄れません?

クレーマー。外でも普通に怒る

店員さんのちょっとのミスですぐ激昂する彼女って、連れて歩くのは恥ずかしいですよね。

自分の激昂で一緒にいる彼氏が恥ずかしい思いをする、という想像ができない残念なタイプも……まぁ痛いしダサいもの

正直、クレーマータイプの彼女と交際を続けるのは……おすすめしません。

もう恥ずかしい云々の次元ではないですから。

食事の仕方が汚い

食べ方が汚い彼女との食事って……ちょっと気分が悪くなることもありません?

二人きりでの食事ならまだいいですが、友人知人らとの食事会で、汚い食べ方をされたらがっかりですよね。

けれど、食べ方が汚い人って、自分の食べ方が汚い、ということに気づいていなかったりします。

そう、彼女が自分の食べ方の汚さに気づくまでは、なかなか直らないということ……。

体験談:男性目線で彼女をダサいと思った瞬間

春先に黒タイツ…

春先のドライブデートで、薄ピンクのワンピースに、生地分厚めの黒タイツを履いてきた…

ワンピースはいいとして、なんで黒タイツ? ストッキングとかでよくない?

あの時は、ちょっとダサいなぁって思ったね」(30代・IT)

座っている時に猫背

座っている時に猫背だと、老けて見えるし野暮ったい

カフェでお茶している時、猫背の彼女を見て『おばあちゃんと付き合ってるみたい……』とちょっと嫌になった」(20代・不動産)

向上心がなく愚痴ばかり

元カノが常に暇人で愚痴ばかりの人だった

たまの愚痴ならいいけど、いつも愚痴ばかりは聞いていて気分が悪いし、そういう人って往々にして、向上心も薄いじゃん?

なんか、ダサい生き方だなぁって。

一緒にいても全く刺激されないから無理だった」(30代・証券)

ダサい彼女の改善方法

褒めつつ好みに変えていく

頭ごなしに「その格好どうにかならない?」と指摘をしたり「ダサいからもっとまともなのを着て」と強制をすると、彼女が傷つきます。

傷つけずに彼女をセンスよくさせたいのなら褒めつつ、上手に誘導することです。

例えば、ファッションがダサいのなら、「〇〇ちゃんはスタイルいいから、絶対こういうの合うよ!」とあなたが服を選んであげるとか、姿勢が悪いのなら、街行く姿勢のいい人を見て「あの人、姿勢よくてカッコいいね」と “姿勢がいい=素敵”と刷り込んだり。

どういうのが素敵か、というのを都度言っていけば彼女も徐々にマインドが変わっていきますから。

一緒にファッションの勉強をする

彼女と一緒にファッションの勉強をするのもいいもの。

雑誌を見るでもいいし、ファッションセンス抜群のドラマがあるのなら、それを一緒に見るでもいいし。

頻繁にセンスのいいファッションを目にしていれば、田舎から上京した子が、数年後には完全に垢抜けてしまうような感じで、徐々に服装も雰囲気も変わっていきますから。

普段目にするおしゃれな情報と、本人の変わろうとする意識でガラリと変身することは可能ですよ。

似合う服装の時は大げさに褒める

もしデートで、彼女がダサさゼロのファッションをしてきたら、大げさに褒めるのも手です。

彼女も『こういう格好だと彼は喜ぶんだ!』と学習し、また褒めてもらうべく、次のデートも素敵なファッションをしてきますから。

好きな人に褒められるって、やっぱりいい成長剤なんですよ。

彼女のダサさを指摘するよりかは、素敵な時に存分に褒めた方が、彼女もいい気分でおしゃれになれますから

礼儀正しい振る舞いのお手本を見せる

ただ指摘したり褒めたりするだけでなく、自分が手本になるのも大事です。

例えば、彼女の食事のマナーが悪いのなら、あなたが綺麗に食べるところを見せるとか、クレーマー気質なら、仮に店員さんが粗相をしてもキレたりせずに寛容な態度を見せるとか。

人って、一緒にいる相手の性格や振る舞いに徐々に似てきたりします。

あなたが素敵な彼氏なら、きっと彼女も素敵な彼女に変わっていきますから

まとめ:見た目より中身も大事

ダサい彼女というのはちょっとがっかりでしょうが、人は見た目ではなく中身なのでね。

だって、センスよくても、性格が最悪だったら嫌でしょう?

正直、性格を直すのは難しいですが、センスは磨けばどうにかなりますから。

美佳
美佳です。元銀座ホステスです。都内のどこかにひっそりと生息してます。顔はご想像にお任せします。
このライターの記事を読む
ページ上部へ戻る