BAE BAE miel lbe unjour line facebook twitter instagram
LiFe
dehaze
閉じる
自分磨き・婚活テク

Writing by LiFe編集部

結婚生活が楽しすぎ!? ドイツ人男性をパートナーに選びたくなる3つの理由

Writing by LiFe編集部

結婚生活が楽しすぎ!? ドイツ人男性をパートナーに選びたくなる3つの理由

私の周りの、ドイツ人夫を持つ日本人女性が口を揃えて言うのは、「ドイツ人男性はおすすめ!」ということです。文化は全く違いますが、だからこそ受け入れられる部分が多く、とにかく結婚生活が楽しくてたまらないんだとか。

そこまで言うなら、何がいいのか聞いてみようではありませんか! 人生が楽しくなりそうな、「ドイツ人パートナーを持つといいこと」を3つまとめてみました。

 

「女だから〇〇すべき」の意識がない

ドイツ人夫を持つ奥様たちに何が一番いいのかを聞くと、誰もが口を揃えて「変な部分で女性らしさを求められない」ことだと言います。

確かにドイツ人夫たちは、当たり前のように家事もやる人が多いし、子供の送り迎えを男性がしていることも珍しくありません。子供を幼稚園に送ってから出勤するのは、もはや普通の光景です。

言われるたびに若干イラッとする「女性だから〇〇すべき」という差別が、ドイツにはほとんどないんだと思います。女性だけがやるべき家事はなく、やれる人がやればいいと考えているんですね。

そのため、仕事に専念している奥様も多く、その場合は旦那さんが全力でサポートしています。仕事をする女性を嫌わないし、自分より仕事ができる女性を見て卑屈になる男性も少ないです。

 

世界中に旅行に行ける!

誰もがうらやむドイツ人のいいところ! それは、バカンスが1年に1回たっぷりとあるところです。

ドイツ人はバカンスのために1年を過ごしているのかと思うほど、とにかく毎年どこかに出かけます。イタリアの離島やエーゲ海に浮かぶギリシャの島、もちろんアジアやアメリカにも繰り出しますよ。ドイツ人夫を持てば、自然と1年に1回のバカンスがついてきます(笑)。

なんでこんなにもバカンスに精を出せるのかというと、ドイツの企業は基本的には1年に1ヶ月の休みがあるからなんです。だからこそ、みんな1ヶ月間丸々ゾート地で過ごして、リフレッシュしているんですね。

1ヶ月も旅行が楽しめるなんて嘘みたいですが、本当の話です。しかも日本のように休めるかどうか直前でないと分からないということもないので……というか、もう自分の権利だと思って誰になんと言われようと休むことが当たり前なので、チケットも安いうちに買うことができます。うらやましすぎる!

 

嫁姑問題がない

結婚をするときに厄介なのが、当人だけではなく家族も関わってくること。結婚は家族同士でするものとはよく言うように、お嫁さんは相手の家族に気に入られる必要があります。

しかしその心配がドイツではほとんどないそうです。もちろん、ドイツでも家族の繋がりは大切にしますが、だからこそ息子が選んだ嫁に文句は言いません。そもそも18歳を過ぎて実家に住んでいる人は少なく、日本で言う高校を卒業したら皆、一人暮らしを始めて自立します。その時点ですでにいい距離感ができているんですね。

結婚して同居しろと言われる可能性もないし、家族での集まりで嫁としての役割を求められることありません。このなんとも言えない気楽さは嬉しいです。

 

もちろん、すべてがすべての人に当てはまることはありませんが、大多数のドイツ人夫を持つ妻たちは、ドイツ人夫を絶賛します。あえて大変なことを挙げるなら、離婚が大変ということでしょうか……(苦笑)。結婚と同時に離婚した場合のさまざまな契約を交わすのですが、それでも離婚は大変だし、そもそも結婚前に離婚を考えるなんてテンションが下がります。

それでも個々を大切にするドイツ人をパートナーに持つことは、わずらわしさがなく、いいこと尽くしです。ドイツ人は英語を話せる人も多く、何よりイケメンが多いので、毎日の目の保養にもなりそうですね♡

LiFe編集部
マッチングアプリ・恋愛の専門家。
このライターの記事を読む
ページ上部へ戻る