BAE BAE miel lbe unjour line facebook twitter instagram

APPLICATION

アプリ一覧
×
ページ上部へ戻る
ペアーズ

Writing by 三石

ペアーズ(Pairs)で同性会員を検索する方法|見られたくない場合の対処法は?

Writing by 三石

ペアーズ(Pairs)で同性会員を検索する方法|見られたくない場合の対処法は?

この記事では「同性会員のプロフィールを参考に見たい!」「え、同性会員にバレることもあるの!?」という方のために、ペアーズの同性会員の検索について解説しています。

同性会員の検索方法以外にも、同性会員にプロフィールを見られたくない場合の対処法も紹介しているので、ぜひ参考にしてください!

同性会員のプロフィールは見ることができる

ペアーズ 同性会員の画像

ペアーズでは、検索に同性会員が表示されることはありませんが、プロフィール作成の参考例として同性会員を見ることができます

見ることが出来る同性会員は、どの人たちも「いいね」を多く貰っている会員ばかりです。プロフィール作成の参考になるのはもちろんですが、自身のライバルがどういう人たちなのか知ることも出来ますね。

同性会員のプロフィールを見る方法

同性会員の検索方法

1.その他から「プロフィール確認」をタップ
2.「プロフィールを編集」をタップ
3.「自己紹介文」をタップ
4.画面下の「他の男性会員を見る」をタップ
5.プロフィールをタップし詳細を確認

1.その他から「プロフィール確認」をタップ

プロフィール確認

ペアーズトップの画面右下「その他」を選択し、画面上部の「プロフィール確認」をタップします。

2.「プロフィールを編集」をタップ

ペアーズ プロフィール編集

画面下部にある「プロフィールを編集」のボタンをタップします。

3.「自己紹介文」をタップ

自己紹介編集

編集画面の自己紹介文まで移動し、枠内をタップします。

4.画面下の「他の男性会員を見る」をタップ

他の男性会員を見る

画面下部にある「他の男性(女性)会員を見る」をタップします。

5.プロフィールをタップし詳細を確認

他の男性会員例

ランダムで4人の同性会員が表示されるので、見たい会員をタップすると詳細が見れます。

また、画面を下方向に引っ張ることで、表示される会員が更新されます。

同性会員にバレる可能性は?

ペアーズで同性会員にバレる心配はほとんどありません

ペアーズには男性300万人、女性200万人の会員がいますが、参考例として表示されるのはたったの4人です。万が一知人がペアーズを利用していたとしても、自身が表示される可能性は限りなく低いでしょう。

同性よりも異性の知人への身バレを心配するべきでしょう。ペアーズにはプライベートとモードをはじめとした身バレ対策方法がいくつかあるので、身バレが気になる方は異性への身バレ対策も欠かさず行いましょう。

プロフィールを見ても足跡は残らない

ペアーズ 足跡

ペアーズでは、同性会員のプロフィールを見ても足跡が付くことはありません。マッチングするためにプロフィール見ているわけではないので、足跡が付く必要がないですからね。

参考に同性会員のプロフィールを見たいという方は、相手の会員にプロフィール見たことがバレることは一切ないので、思う存分見ちゃってください。

同性会員に見られたくない場合は?

ペアーズでは、自身のプロフィールを同性会員に完全に見られなくすることはできません。ただし、前述した通り参考例として同性に表示される人数はたったの4人なので、あまり気にする必要はありません。

同性にバレる可能性を完全に無くしたいという方は、同性が表示されることが一切ない人気のマッチングアプリもあるので紹介したいと思います

タップル

タップルは、マッチングアプリの中でペアーズの1,000万人に次いで会員数が多く、2021年10月時点で会員数700万人を超えている大人気アプリです。

ペアーズのように、同性会員を見るシステムがないので、同性への身バレは心配ありません。また「とうめいマント」という自身のプロフィールを非表示にする機能もあるため、異性への身バレ対策も行うことができます。

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結びバナー

ゼクシィ縁結びは、「ゼクシィ」が運営するマッチングアプリです。結婚意識が高く、女性も有料登録が必要なのが特徴です。

タップル同様に同性会員の表示がないのはもちろん、異性への身バレ対策機能もあります。ただし、身バレ防止機能がプレミアムオプションの1つとして組み込まれているので、上位のアプリに比べ若干割高な印象です。


三石
マッチング後のデート確率70%を誇るマッチングアプリ博士。モテるプロフィール・メッセージを日々研究し発信していきます!
このライターの記事を読む