BAE BAE miel lbe unjour line facebook twitter instagram
LiFe
dehaze
閉じる
コラム|MATCH MAKER-LiFe

Writing by LiFe編集部

仕事が手につかない!恋に夢中でSNSチェックが止まらない人へ

Writing by LiFe編集部

仕事が手につかない!恋に夢中でSNSチェックが止まらない人へ

この記事をを思わずクリックしてしまった皆さんは、きっと今、頭から離れない男性がいるのですね?

彼との時間、視線、手のぬくもりが、残像となって五感を刺激します。

まさに、仕事どころでは無い状態です。

仕事に集中しなくてはと考える頭とは裏腹に、5分おきにフェイスブックやLINEなどのSNSを確認してしまう

「いったい、私どうしちゃったの?」

彼を思って三千里!底なしループから抜け出すには・・・?

まず答えから言ってしまうと、そんな方法はありません。あしからず。

それでは、このコラムが終わってしまうので、フリーライターという視点から解決策を探ってみたいと思います。

みなさんが会社などの組織に属してお給料をもらっている立場なら、言うまでも無く勤務時間中は仕事を最優先にするべきです。

わたしはフリーライターなので、働いた分しかお金はいただけません。

生活がかかっているので、彼のぬくもりを思い出すことも、タイムラインを見るのもちょっと横において、本日の締め切り分だけ仕上げるようにしています。

締め切りがあいまいな業務もあるかも知れませんが、彼のことをがっつり妄想するためにも「今日の成果は、今日残す」ことを心がけたいものです。

お金をいただく以上は、対価はきっちり納めましょう。

書籍や伝票の整理など、日ごろは後回しにしてしまう比較的単純な作業を片付けるのもおすすめです。

おそらく周囲には「なぜ、この時期に、その作業?」と訝られますが、彼をネットストーカーするよりは100倍会社に貢献しているので、ここは開き直っていいでしょう。

恋がない人生なんて考えられない!!

そんなことは、言われなくても分かってる? そうですよね。

アラサーともなれば、立派な社会人。

仕事の重要性くらい、十分理解していることでしょう。

そんな大人の女性の仕事にまで侵食するほどに、「恋」とは厄介なものです。

時には大切な家庭さえも壊す威力がある「恋」。

そんな熱いものに、そもそも抗うことはできないのでしょう。

恋は女の心の栄養になり、想像は人の心の栄養になります。

仕事は大人の義務であり生きがいのひとつになりますが、人生の全てではありません。

そして、恋と想像のない人生ほど、味気ないものもありません

栄養がなければ、心はだって枯れてしまうのですから。

恋の寿命は3日だけ

残念ながら、私たちは一年中恋をすることはできません。

恋に振り回されていると思っているこの瞬間が、どれだけ貴重な時間であることか。

組織の一員である以上、個人的な行動を慎むことは社会人としてのマナーです。

でも「マナーも守れないような、恋をするべきではない」などというのも、野暮というもの。

まずは仕事ができないほど、恋をしている幸せをかみ締めてください

恋の賞味期限はとても短いもの。

そう思えば、明後日には、きっと通常業務をこなせるようになりますよ。

マッチングアプリなら長く恋を探せる

 アプリ 人気度 特徴
 ペアーズ アイコン
ペアーズ
★★★★★ 同じ趣味が探せる!
国内No.1の趣味の数◎
▶ペアーズの詳細はこちら
 タップル誕生 アイコン
タップル
★★★★★ 短期間で出会える
18~24歳が約5割!
▶タップルの詳細はこちら
with アイコン
with
★★★★ 20代~30代向け
診断で相性が見つかる
▶withの詳細はこちら
Omiai アイコン
Omiai
 ★★★ 恋活も婚活もできる
検索方法が豊富!
▶Omiaiの詳細はこちら

イヴイヴ
 ★★★ 完全審査制のアプリ
美男美女が多い!
▶イヴイヴの詳細はこちら

実は、マッチングアプリなら長く恋を探せます。

アプリを使って出会うことに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、最近では新聞やニュースでも取り上げられたりと、異性との出会う方法の一つとして、人気を博しています。

見るだけでなく直接メッセージができるので、手順を踏んで特定の相手と出会うことが可能です。

SNSをこまめにチェックするよりも、マッチングアプリで理想の恋人がすぐに見つかるかもしれませんよ♡

LiFe編集部
恋愛・マッチングアプリの専門家集団。 出会えるアプリ、出会えないアプリを全て網羅。 複数のアプリを使った経験を活かし、本当におすすめのアプリを紹介。
このライターの記事を読む
ページ上部へ戻る