BAE BAE miel lbe unjour line facebook twitter instagram
LiFe
閉じる
恋愛アドバイス

Writing by くみ

遠距離恋愛が辛いなら別れたほうがいい?関係性を円満に保つ解決法と対処法を解決!

Writing by くみ

遠距離恋愛が辛いなら別れたほうがいい?関係性を円満に保つ解決法と対処法を解決!

遠距離恋愛は、簡単に恋人に会えるわけではないのでつらいですよね。

すぐに会える距離ならば、ケンカしても直接会って仲直りすることが出来ますが、遠距離だと難しく、不安に思う方もいるでしょう。

ですが会うのが難しい分、実際にデート出来た時は本当に嬉しいですよね!

いつまでも新鮮な気持ちでいられるのも、遠距離恋愛の良いところです。

そこで今回は、遠距離恋愛が辛いと思う瞬間や、つらいと思った時の解決法についてご紹介。遠距離恋愛について悩んでいる方は、参考にしてみて下さい。

遠距離恋愛が辛い人は多い

遠距離恋愛で寂しい思いをしている人は多いです。

毎日でも会いたい恋人と、一ヶ月に一度しか会えなかったらつらいですよね。

遠く離れているので、相手が何をしているのかもよく分からず、不安に思う方も多いと思います。

「会いたい」「寂しい」と思ってもすぐに会うことが出来ないので、気持ちを押し殺したまま付き合っている人もいるでしょう。

遠距離恋愛が辛いと思う瞬間

遠距離恋愛は辛いとは言うものの、どんな瞬間につらく感じるのか見ていきましょう。

3ヶ月以上会っていないとき

遠距離恋愛で一番つらいのは、距離ではなく「会えない時間の長さ」ではないでしょうか。

例えば、いくら遠くても一週間に一回会えていれば、近距離恋愛中のカップルと変わらない頻度で恋人に会えていると言えます。

忙しい社会人であれば、近くに住んでいたとしても二週間くらい間が空いてしまうこともあるでしょう。

それが三ヶ月以上空いてしまうと、「相手は自分のことを好きなのかな?」「他に誰か良い人が出来ちゃったのかな」と不安になりますよね。

会う日が約束していればなんとか耐えて待つことが出来るものの、予定もない場合は辛くて心が折れてしまいそうになることもあるでしょう。

傷つくことが合ったとき

学校や会社で傷つくことがあったり、落ち込むほどのミスをしてしまった時、側にいて欲しいのはやっぱり恋人ですよね。

友人や家族に話を聞いてもらったりすることで心は軽くなりますが、一番癒されるのは恋人だという人も多いのではないでしょうか。

話を聞いてもらわなくても、顔を見るだけで元気が出るのに、遠距離だと距離が邪魔してそれもままなりません。

そんな時はビデオ通話がおすすめです。画面越しとは言え、やはり文字だけのやり取りよりも顔を見るだけで安心感が違いますよ。

将来のことを真剣に考えたとき

遠距離恋愛が長くなると、「このままずっと遠距離なんだろうか」「この先どうなるんだろう」と二人の行く末について不安になりますよね。

結婚でもしない限り、相手に合わせて環境を変え、引っ越すのはなかなか難しいもの。特に女性は、アラサーになると結婚について焦りが見え出す時期です。

「結婚前提に、一緒に住もう」この一言があればすぐにでも飛んでいくのに…。こう思う女性も多いでしょう。

また、夢があったり、今の仕事で成功したいと考えている場合は、「大好きだけど、彼氏に合わせて引っ越すことは出来ない」と悩むことも。

病気で1人で寝ているとき

体が不調だと、精神面でも不安になり、心細くなります。「こんな時に恋人が側にいてくれたら」と思うことも有るでしょう。

また、相手が体調を崩している場合は、お見舞いや看病に行ってあげたいですよね。遠距離の場合は、気軽に来てもらうことも、行ってあげることも出来ません。

「お大事にね」と伝えるだけしか出来ないもどかしさに、遠距離であることをつらく感じる人も多いのでは。

友人から結婚報告を聞かされたとき

身近な人が結婚すると、「恋人は、自分との将来についてどう思っているんだろう」と改めて考えてしまいますよね。

遠距離の場合は尚更です。なかなか会えない遠距離のゴールを、結婚と考えている人も多くいるでしょう。

さりげなく友人の結婚の話をしてみても流されてしまったり、結婚についてはまだ考えていなさそうな態度を見ると、ますます不安が募り遠距離を辛く感じてしまいます

遠距離恋愛が辛い時の解決法

遠距離恋愛は、人によっては耐えきれないほど辛く感じることもあるでしょう。

近場で相手を見つけたほうが気が楽になることもありますが、そうしないのは恋人のことが大好きだからですよね。

遠距離を続けていきたい場合には、自分の気持ちをごまかさず、向き合うことが大切です。

本音で話し合う場を設ける

遠距離の場合は、なかなか会えないからこそ二人の時間が貴重ですよね。

喧嘩したくないから、重い話をしたくないから…と、2人で楽しく過ごすことを優先してきたかもしれませんが、耐えきれないほど辛いのであれば、本音で二人で話し合うことも重要です。

自分がどう思っているか、どう考えているか、まずは正直に恋人に伝えてみましょう。

いつまで待てるかを話し合う

晩婚化が進んでいるとはいえ、子供が欲しいのであればやはり出産適齢期が気になりますよね。「〇〇歳までには結婚したい」と、具体的に考えている人もいるでしょう。

男性は、女性に比べると恋愛を重視していないので、女性側から切り出されない限りは現状維持でいたいと考えている人も多いです。

「自分がいつまで待てるか」について恋人に伝える事で、真剣に考えてくれて、2人の将来が動き出すことも。

いきなり結婚でなくとも、「何年遠距離したら一緒に住む」という目標でもいいですね。

いつまで遠距離を続けるのかということを、2人で話し合いましょう

デートする頻度を決めておく

あらかじめ、デートする頻度を大体決めておけば「次いつ会えるのだろうか」と不安にならなくても済みます。

交通費と相談しながら、互いの負担にならない程度の頻度で会うようにしましょう。

そして会った時には、好意を言葉に出してたくさん伝えてくださいね。

まとめ:別れる前に話し合おう

遠距離になる前に別れるという選択肢もあったのに、そうしなかったのはお互いがお互いを好きだからですよね。

思うように恋人に会えない遠距離恋愛はつらいものですが、距離という障害があっても培ってきた絆を、話し合いもせずに別れてしまうのはおすすめできません。

心残りや思うところがありながらの別れは尾を引きますし、そもそも「遠距離してまで付き合いたいと思った相手」と簡単に別れてしまうと勿体ないです。

自分の気持ちを整理した上で、まずは本音を相手にぶつけてみて下さい。二人にとってより良い将来を、2人で考えていきましょう。

くみ
彼氏を探してマッチングアプリ奮闘中。1週間で7人の男性と日替わりでデートした経験を持つ。真剣な相手を見極めるのが得意♪
このライターの記事を読む
ページ上部へ戻る