BAE BAE miel lbe unjour line facebook twitter instagram

人気マッチングアプリの口コミ・評判

×
ページ上部へ戻る
結婚式場

玉村八幡宮で神前結婚式を行いたい人必見!挙式の流れや神社のご利益についても紹介

Writing by マッチライフ編集部

玉村八幡宮で神前結婚式を行いたい人必見!挙式の流れや神社のご利益についても紹介

「玉村八幡宮で結婚式を挙げたい」「玉村八幡宮はどんなご利益がある?」と気になる人も多いと思います。

この記事では、玉村八幡宮で神前結婚式を挙げる方法を解説しています。

玉村八幡宮で神前結婚式を挙げたい人や、群馬県の神社で結婚式を挙げたいと考えてる人は、ぜひ参考にして下さい。

玉村八幡宮とは

玉村八幡宮とは

群馬県の指定重要文化財

玉村八幡宮の本殿は、群馬県で最初に指定された国の指定重要文化財の神社です。玉村が宿場として栄えるにつれ道中安全や子育ての八幡大神として慕われて、現在に至っています。

玉村八幡宮には1本の幹から2本の木が生い茂るご神木があり、通称「夫婦楠木」と呼ばれています。おみくじが二つのハートになるように結ばれており、神前挙式の際のロケーションスポットになっています。

他にも、本殿裏の北駐車場にあるVの形をした松の木は「昇龍・勝運の松」と呼ばれており、人気のパワースポットです。

▶玉村八幡宮の公式サイトはこちら

玉村八幡宮は神前挙式が挙げられる

玉村八幡宮は神前挙式が挙げられる

玉村八幡宮は本殿で神前結婚式を挙げられます。神前結婚式とは、神社や神殿で式を挙げる日本の伝統的な挙式のことです。

神社での式はウエディングドレスではなく、白無垢や色打掛などの和装で行うことがほとんどですが、玉村八幡宮は平服でもOKです。

また、神社式の一つとして巫女舞のある神社がありますが、元々は誰にでも舞えるものではなく特別な儀式の一つです。玉村八幡宮では、生演奏の中で巫女舞も奉納されます。

マッチライフ編集部:三石
厳かな雰囲気の中で行われる挙式は、特別な思い出になります!

玉村八幡宮で神前結婚式を挙げる方法

玉村八幡宮で神前結婚式を挙げたい方は、神社に直接出向いて申し込みましょう。神前式の予約は1年前から2週間前まで受け付けています。

その他には「日本の結婚式」や「神社で挙げる結婚式実行委員会」など、神前結婚式を取り扱うサイトから式の相談ができます。

玉村八幡宮では基本的に、9時から16時の間で1時間間隔で挙式を行うことが出来ます。

玉村八幡宮の挙式料金

神社挙式プラン 神社挙式+会食プラン6名
挙式料金 297,600円~ 362,400円~
挙式&色打掛撮影 420,000円~ 492,600円~

※表示価格は全て消費税込みの料金です

今回の玉村八幡宮の挙式料金は「神社で挙げる結婚式実行委員会」を紹介しています。挙式料金には、神社に収める「初穂料」の他、新郎新婦の和装や介添え、着付け、お写真撮影が含まれています

色打掛とは、金や銀、赤などの鮮やかな織模様や刺しゅうを施した格式の高い衣装のことです。白無垢で神前挙式を行った後に着替え、撮影を行います。

上記の他にも神社挙式+披露宴を行うプランもあるので、是非公式サイトの「お問い合わせフォーム」から相談してみて下さい。

玉村八幡宮のご利益

ご利益
  • 厄除け開運
  • 商売繁盛
  • 安産
  • 子育て
  • 交通安全
  • 勝運
  • 学業成就
  • 合格祈願
  • 夫婦円満
  • 縁結び
  • 人形供養
  • 家内安全

玉村八幡宮は「厄除け開運」「子授」「安産」「勝運」「合格」「夫婦円満・縁結び」など、さまざまなのご利益があるとされています。

「子授」や「安産」、そして「夫婦円満」「縁結び」などのご利益があるため、玉村八幡宮で結婚式を挙げるご夫婦も多いです。また歴史ある神社で、結婚式を挙げられるというのも、玉村八幡宮の魅力とも言えます。

挙式の際に、雅楽の生演奏を聴きながら巫女舞を見ることも出来るのも玉村八幡宮ならではです。

▶玉村八幡宮の公式サイトはこちら

玉村八幡宮の神前結婚式の流れ

神前結婚式の流れ
  • 1.参進
  • 2.お祓い
  • 3.祝詞奏上(のりとそうじょう)
  • 4.三々九度
  • 5.誓いの詩
  • 6.指輪交換
  • 7.豊栄ノ舞
  • 8.玉串奉奠

1.参進

まずは伶人(音楽を奏する人)を先頭に神職、新郎新婦、親族の順で列を組んで参進します。

2.お祓い

昇殿したあと、神職の方からお祓いを受けます。

3.祝詞奏上

祝詞奏上は、斎主が神様に結婚の報告をする儀式です。神様に報告して、幸せが長く続くように祈っています。

4.三々九度

三々九度とは大・中・小の3つの盃を使用して新郎新婦がお酒を酌み交わす儀式のことです。3つの盃を使用して3杯ずつ、計9回お酒を頂きます。

5.誓いの詩

新郎もしくは新郎新婦二人で誓いの言葉を読み上げます。式の中で2人が並んでいる姿を写す機会は意外と少なく、近いの詩を並んで読み上げる演目は良い撮影の機会でもあります。

6.指輪交換

指輪交換は、お互いの左薬指に結婚指輪をはめます。神前結婚式にはもともと指輪交換はありませんでしたが、近年は神前結婚式でも取り入れられていることが多いです。

7.豊栄ノ舞

雅楽の生演奏が流れる中、巫女が奉奏する儀式です。

8.玉串奉奠

神様に玉串をお供えして、二拝二拍手一拝の作法で拝礼する儀式です。玉串とは、榊や松などの常緑樹の小枝に紙垂や麻をつけたものです。

マッチライフ編集部:三石
神前結婚式では、日本ならではの儀式を行って夫婦の契りを結びます。作法など聞き馴染みのない言葉が出てきますが、結婚式の前に作法の説明を受けることが出来るので安心してください!

玉村八幡宮のアクセス情報

住所 〒370-1132 群馬県佐波郡玉村町下新田1
電話番号 027-065-2305
参拝時間 9時~17時
公式サイト ▶ホームページはこちら

玉村八幡宮までの電車とバスのアクセス

徒歩 JR新町駅から北方へ徒歩60分~90分
関越自動車道高崎玉村スマートICから約5分
上信越自動車道藤岡ICから約20分
北関東自動車道橋南ICから約15分
バス JR新町駅、高崎駅、前橋駅、伊勢咲駅から便あり

玉村八幡宮の駐車場は3つあり、「国道354号から一の鳥居入口近く」「社務所の近く」、そして「随神門の近く」にあります。

まとめ:伝統ある挙式ができる

玉村八幡宮で神前結婚式を挙げる方法を紹介しましたが、いかがだったでしょうか。玉村八幡宮は、群馬県の指定重要文化財とされている神社です。

玉村八幡宮には、安産・教育・子育てなどのご神徳がある応神天皇の母神が祀られており、神前挙式にぴったりの神社です。

玉村八幡宮の挙式には参進や巫女舞、雅楽の生演奏などが含まれており、日本古来の伝統的な結婚式を行うことが出来るので、ぜひ神社にて問い合わせてみて下さい。

▶玉村八幡宮の公式サイトはこちら