BAE BAE miel lbe unjour line facebook twitter instagram
LiFe
dehaze
閉じる
マッチングアプリ

Writing by LiFe編集部

マッチドットコムの評判ってどう?口コミや体験談からプロが徹底解説!

Writing by LiFe編集部

マッチドットコムの評判ってどう?口コミや体験談からプロが徹底解説!
createこの記事を書いた人
LiFe編集部
マッチングアプリ・恋愛の専門家。

こんにちは!LiFe編集部です。

マッチドットコムは、全世界25各国で利用され、国内でも250万人の会員数を誇る人気マッチングアプリです。

しかし、アプリストアの口コミを見てみると、悪い評判もチラホラ…

そこで今回は評判や口コミ、体験談をもとにマッチドットコムが使うべきアプリなのか徹底解説していきます!

マッチドットコムは婚活利用におすすめ

マッチドットコム

運営会社 マッチドットコムジャパン株式会社
会員数 累計250万人

マッチドットコムは、1995年に米国で設立され、現在は世界25ヵ国で展開されている世界最大級のマッチングアプリです。

日本国内では250万人のユーザーに愛用されており、30代~40代の年齢層の方が多く利用しています、

そのためマッチドットコムは、結婚を目的にマッチングアプリを使いたい人におすすめのアプリです

それでは、実際にマッチドットコムの口コミや評価を見ていきましょう。

マッチドットコムの悪い評判

マッチドッコム 口コミ 評判 裏側

マッチドットコムは人気の婚活アプリですが、口コミを見てみると悪い評判も散見されます…。

そこで特に意見の多かった悪い評判をまとめてみました!

1.返信が来ない・いいねが来ない

マッチドットコムを使ってみたが、全然出会えなかったという口コミです。

評価:

返信率ゼロ、イイねすらこない。

いくらやっても意味は無いし時間の無駄としか感じない。

有料会員になってただ損しただけ。

参照:Google Play

こうした口コミはマッチドットコムだけでなく、どのマッチングアプリに多く投稿されています

マッチングアプリは、出会わせてくれるサービスではなく、出会いの場を提供してくれるサービスに過ぎません。

異性から返信やいいねをもらうためには、それだけの魅力的なプロフィールやメッセージの作成も必要不可欠ということですね。


2.自動更新で勝手に課金された

有料会員の料金は更新月になると自動で引き落としされます。

評価:

勝手にカード引き落としされて、何の案内もなし、詐欺に等しい

参照:Google Play

勝手に自動更新されたといいますが、定額制のアプリは基本自動更新されるのが当たり前です。

自分のミスに対するやり場のない気持ちを、運営にぶつけた形の口コミとも取れます。

もし、定額制のアプリを使ったことがない方がいたら、下記の記事も参考にしてみてください。

3.有料会員を解約した途端いいねが来る

マッチドットコムがサクラを使っているとも取れる内容の口コミですね。

評価:

ちゃんと出会い求めてる人も普通にいてると思います。

ただ、有料期間が終わった瞬間、バカみたいに いいね が来て 足跡が200ついてました。

参照:Google Play

先に言っておきますが、マッチドットコムにサクラはいません

理由は、月額制のアプリがサクラを雇う理由はないからです。

サクラは、メッセージをするたびに課金が必要な、ポイント系のサイトで有効な手段なので、月額制のマッチドットコムでは意味がありません。

ただし、運営が無料会員に課金してもらいたいのは事実なので、システム的に無料会員の方が優先表示されている可能性はあります。

4.とにかく使いづらい

マッチドットコムは、アプリとして少し使いづらい部分が多いです。

評価:

海外のアプリのためか、全体的に わかりにくいです。

プロフィール記入が、日本表記の単位ではないから、戸惑います。

参照:Google Play

日本語対応しているとは言っても、海外アプリなので日本人には少し使いづらいと感じました。

特にプロフィールでは年収がドル表記だったり、日本人に馴染みの低い宗教の選択があったりします。

また、メッセージが途中で消えるなど、単純なアプリの不具合も多いです。

使いやすさを重視するなら、日本で開発されたゼクシィ縁結びyoubrideがオススメです。

5.マッチドットコムで外国人とは出会えない

世界中で使われているマッチドットコムですが、外国人とは出会える可能性はかなり低いです。

評価:

ごく稀に外国人もヒットしますけど非常に少ないです。

参照:Google Play

私も男性を300人ほど見ましたが、外国人は1人だけでした。

世界中で使われている言っても、外国人が多いということではないんですね。残念です。

外国人と出会いたい人は、外国人が多い大手のpairsがオススメ!

マッチドットコムの良い評判3つ

マッチドットコム 良い評判

マッチドットコムの良い評判3つです!

1.男性は高年収が多い

マッチドットコムの男性は平均より高めでした!

マッチドッコム 男性 年収

マッチドットコムでは、約6割の男性が年収500万円以上!

結婚を真剣に考えている女性にとって、高収入男性が多いのは嬉しいですよね♪

1000万円以上に絞って検索してみると、30代のイケメン高収入男性もいました!

2.女性はマッチングしやすい

マッチドットコムでは、女性は待っているだけで、男性からのアプローチが来ます。

マッチドットコム 女性 メッセージ

1日で535件のアプローチを受けました。

これは私がモテ女なわけではなく、マッチドットコムは男性会員が多いので、女性はアプローチを受けやすいのです。

評価:

沢山のメールをいただいた中に1人素敵な男性がいて、今お付き合いをさせていただいております。

参照:Apple Store

女性はアプローチをくれた男性の中から選ぶことができるので楽です◎

男性にとっては、競争が激しく、マッチングが難しいかもしれません。

3.30代、40代の婚活に最適

マッチドットコム 年齢層 婚活

マッチドットコムの年齢層は30代・40代が中心です。

50代以上も少なくないので、婚活アプリの中でもやや高いほうになります。

評価:

真面目な方が多くて、素敵な出逢いに期待しています。

参照:Google Play

私は男性会員を見ましたが、プロフィールをしっかり書いていたり、メッセージが丁寧だったり、真面目な人が多いと思いました。

また、マッチドットコムでいいな~と思ったのは、「宗教」についての質問があること。

マッチドットコム 宗教

見た中では、「不可知論者」「仏教/道教」「無神論者」が多かったです。

条件検索でも、宗教を絞ることができます。結婚間際で宗教問題になり、破局……という話もよく聞くので、事前に宗教観がわかるのは安心です♪

評判からみたマッチドットコムの総合評価

口コミ調査より

マッチドッコム 口コミ 評判 評価

マッチドットコムは会員の「結婚願望」が強めで、真剣な婚活に向いています。

評価:

いいかも(*^^*) 真面目な方が多くて、素敵な出逢いに期待しています。

参照:Google Play

「ユーザー数」は、婚活アプリの中では多いです。

「安全度」「コスパ」「出会いやすさ」はそこそこ。

婚活アプリとしては使いやすいような印象ですが、どんな会員がいるのでしょうか?

マッチドットコムにいる男性の特徴

※BAE編集部調査

マッチドッコム 男性 年齢層 年収

男性会員の年齢層は、30代・40代が多いです。

男性は年齢層が高めなこともあり、平均年収より高い男性が多いです。

会社経営者や役員などハイスペ男性もいます!

数人とメッセージをしましたが、丁寧で好印象です♪

いきなり「会おう!」ということはなく、「メッセージでゆっくり仲良くなる」タイプの男性が多いと感じました!

マッチドットコムにいる女性の特徴

マッチドッコム 女性 年齢層 かわいい

女性会員の年齢層は、30代が5割。

実際に女性会員を見てみると、可愛い系の20代女性がちらほら!

男性よりも、かなり年齢層が若いと感じました。

写真はナチュラルな雰囲気で、飾らない自己紹介文で好印象でした◎

趣味を「旅行」「グルメ」に設定している人が多く、共通点がある人とは会話が弾みそう♪

自己紹介文を読むと、結婚を意識した交際を望む女性が多かったです!

こんな出会いが!マッチドットコム体験談

ユリ
私がマッチドットコムで出会った男性を紹介!

小柳津さん(38)

mach 柏木さん

仮名:小柳津さん(38)

・経営者(年収1000万円)

・結婚歴あり(子供あり・別居中)

・筋肉質な強面さん

柏木さんからメッセージが来ていて、無料会員の私でも返信できる方だったので返信してみました!

ユリ
(長っ!)

プロフの自己紹介文のコピペかな?と思ったら、自己紹介文はもっと長く、違う内容が書いていました。

最近読んだ本に『自己紹介文が長い人は自己承認欲求が強く、鬱になりやすい傾向にある』と書いてあったので、ちょっと怪しみながらメッセージを開始!

ユリ
いろんな趣味があって素敵ですね!性格も似てるかも♪

柏木さん
とても嬉しいです!
何事もやってみなくちゃわからないと思ってます!

ユリ
わかります!私もいろいろやってます

性格も似てるところがありそうで、業種が同じだったので会話が盛り上がりました!

マッチドットコム 柏木さん3

1週間以上やりとりしてますが、柏木さんは毎回、画面いっぱいの長文をくれます。

経営者で忙しそうなわりに、返信はかなりマメ。平日の昼間でも即レスです。

柏木さん、写真ではかなり強面ですが、メッセージしやすいので好印象です◎

柏木さん
今度都内に行くので、都合よかったらご飯でも行きませんか?

ユリ
ありがとうございます!ぜひ♡

近々会えそうなので、楽しみです!

正直、普段ならマッチングしない年齢層ですが、メッセージを送ってもらえたのが良いきっかけになりました♪

マッチドットコムの使い方

マッチドットコムの使い方はたったの2ステップです♪

1.異性を探す(2通り)

異性を見つける方法は「マッチ」か「見つける」の2通りあります。

マッチドットコム マッチ 見つける ウィンク

「マッチ」では、住所が近い人が表示されます!

2.いいね~メッセージ

マッチドットコム いいね メッセージ

気になる相手がいたら、「いいね」や「ウィンク」、メッセージを送ってアピールしましょう!

マッチングすると、メッセージのやりとりもできます♪

無料会員と有料会員の違い

マッチドットコム無料会員と有料会員の違いを表にしました!

 機能 無料 有料
メッセージ
ウィンクを送る
足あとを見る ×
特定会員を検索非表示 ×

無料と有料で大きく違うのは、メッセージ交換ができること!

無料会員は、相手が「無料会員の人でもメッセージ返信できる」というオプション(1500円/付き)に加入している場合のみ、返信することができます。

自分から積極的に相手を探すのなら、有料会員になる必要があります◎

では、気になるマッチドットコムの料金を見てみましょう。

マッチドットコムの料金について

マッチドットコム 料金

マッチドットコムと他の婚活アプリの料金を比べてみました。

 アプリ名 男性 女性
マッチドットコム 3,980円 3,980円
ユーブライド 4,300円 4,300円
ゼクシィ縁結び 4,378円 4,378円

料金は他のアプリとほぼ変わりません。

マッチドットコムには「基本プラン」と「バンドルプラン」があります。

女性は基本プランでも不自由なく使えます。

男性は、マッチングしやすくなる機能がプラスされているバンドルプランを使ってみても良いと思います◎

 

ゼクシィ縁結び、マリッシュと比較

マッチドットコムと他の婚活アプリを比較しました!

会員数 男女比 結婚歴
マッチドットコム 累計200万人 6:4 3割
ゼクシィ縁結び 累計50万人 5:5 1割
youbride 累計157万人 7:3 2割
マリッシュ 累計6万人 5:5 8割

会員数は、マッチドットコムが累計200万人で最も多いです!

男女比5:5のアプリに比べると、マッチドットコムの男性はややマッチングしづらいかも。

気になる結婚歴は、youbrideゼクシィ縁結びは結婚歴ありの人が少なく、初婚者希望にはピッタリ!

結婚歴がある人には、シンママや再婚活者が8割のマリッシュがオススメです♪

マッチドットコムにサクラは0。業者はいる

マッチドットコムを含むマッチングアプリには、「サクラ」や「業者」が潜んでいることも。

この2つは似ているようで、全く違うんです!

 

サクラ 業者 ヤリモク 既婚者

サクラは、「アプリ内で課金させること」を目的にしており、アプリの運営会社に雇われています。

一方、業者は「別サイトに誘導すること」が目的で、運営会社とは無関係な人です。

マッチドットコムにはサクラはいません。

業者は潜り込んでいるようですが、厳重なプロフィール審査や証明書登録があるため、かなり入りにくくなっています。

要注意人物の見分け方【マッチドットコム】

どのアプリにも共通の、要注意人物の見分け方を紹介!

すぐにLINE IDや電話番号などの個人情報を聞いたり、別サイトのURLを貼って「こっちでやりとりしよう」と言ってくる人は、業者の可能性が高いです。

それから、「とりあえず会おう!」とやたら会いたがる男性はヤリモクの可能性もあります。女性のみなさんは気を付けてください!

相手を信用できるまで、マッチドットコム内でメッセージのやりとりをして相手を見極めましょう◎

マッチドットコムまとめ

マッチドットコム まとめ

マッチドットコムを使った印象は、思っていたよりも真面目な婚活アプリでした!

30代・40代、歳の差婚したい20女性にもオススメです♪

「もっと気軽に出会いたい」「婚活よりも恋活」という人は、他のおすすめマッチングアプリも見てみてくださいね。

■関連記事

 

LiFe編集部
マッチングアプリ・恋愛の専門家。
このライターの記事を読む
ページ上部へ戻る