BAE BAE miel lbe unjour line facebook twitter instagram
LiFe
dehaze
閉じる
マッチングアプリ

Writing by LiFe編集部

ダイン(Dine)の使い方と知っておきたい機能5選

Writing by LiFe編集部

ダイン(Dine)の使い方と知っておきたい機能5選
createこの記事の監修
LiFe編集部
マッチングアプリ・恋愛の専門家。

マッチングアプリ『Dine(ダイン)』を使ってみて、すぐに日程調整までいける反面、使い方が少し難しいと感じました。

そこで、今回Dineの基本的な使い方をまとめてみました!

Dine(ダイン)アプリの使い方

まずは、これだけは知っておきたい!というDineの使い方について説明していきます。

1.「TODAYS PICKS」から探す

①リクエストを送る

Dineでは、毎日「TODAYS PICKS」で10人のユーザーが紹介されます。

TODAYS PICKSの中に気になる人がいた場合、その人が選んでいるお店の中から一緒に行きたい場所をひとつ選んで、リクエストを送ることができます。

Dine(ダイン) 使い方 リクエスト

リクエストを相手が承認してくれたら、デート成立です。

写真の右下にある虫眼鏡マークをタップすると、相手のプロフィールを見ることもできます。

②スキップ

この時、紹介されたユーザーとマッチングしたくない場合は「スキップ」してください。

Dine(ダイン) 使い方 スキップ

右下をタップしてスキップすることができます。

このTODAYS PICKSでは毎日10人しか見れることしか見ることができません。

でも、その10人が自分の好みの人だったらマッチングしやすくなりますよね!

Dineでは、TODAYS PICKSでマッチングしやすくなる「スマート検索条件機能」があります。

検索条件で学習させる

スマート検索条件機能を使うと、TODAYS PICKSで自分の好みに合った人が表示されるようになります。

Dineのホーム画面にある「検索条件」をタップすると、下のような画面が出てきます。

Dine(ダイン) 使い方 条件検索

毎週100枚の写真が表示されるので、自分の好みかどうかを上下スワイプで判定。

Likeと判定したユーザーを基にして、TODAYS PICKSで紹介する相手を自動で選別してくれます!

また、検索条件を設定すると、表示されるユーザーを絞ることができます。

Dine(ダイン) 検索条件

画面の下に「スマート/一般」があり、「一般」をタップすると検索条件が現れます。

好みの性別や年齢を設定することができます。

地域を変更するには一番目に選択したレストランを変更する必要がありますが、現在Dineでは東京都内のお店しかないので変更できませんでした。

設定した好みは翌日から反映されると書いていますが、私は30分くらいで反映されました。

こうしてスマート検索条件を使っていくことで、TODAYS PICKSで希望の相手が表示されやすくなり、マッチング率も上がります!

2.「TOP PICKS」から探す

DineにはTODAYS PICKS以外に、もうひとつ探し方があります。

有料会員のDine Platinumのみが利用できるTOP PICKSという検索機能です。

Dine(ダイン) 使い方 TOP PICKS

TOP PICKSにはDineの人気メンバー100人が一覧で並んでいます。

無料会員やDine Goldでもこの画面まで閲覧することはできますが、タップしてプロフィールを見ることができるのはDine Platinumのみ。

人気会員に直接リクエストが送れるので、ハズレがないですね!

TODAYS PICSKの10人では物足りない人は、TOP PICKSを試してみるのも良いかも◎

では次に、マッチングしてからの日程調整を見ていきましょう!

デートの日程調整

①マッチング成立

送ったリクエストを相手が承認すると、マッチングが成立します。

Dine(ダイン) 使い方 マッチング

②候補日送信

マッチングしたら早速、デートの日程調整をします。

Dine(ダイン) 使い方 日程調整

候補日を3~5日選んで、相手に送信します。

③ランチかディナーを選べる

日付をタップすると、ランチかディナーかも選ぶことができます。

Dine(ダイン) 使い方 ランチ ディナー

フォーマットがあるため、日付を選ぶだけで自動的にメッセージが送られます。

ここで、無料会員同士の場合は48時間という制限時間があり、メッセージのやりとりはできません。

どちらかが有料会員(Goldメンバー)であれば、マッチング後の時間の制限はなく、メッセージのやりとりもできます。

相手から日付候補が送られてきた場合

Dine(ダイン) 使い方 日程調整

先に相手から日程調整のメッセージが来た場合は、相手の提案日のなかから日にちを選びます。

Dine(ダイン) 使い方 日程調整

日付を選ぶとフォーマットで自動的に返信できます。

④待ち合わせ場所や時間を決める

日付が決まったら、待ち合わせ場所や時間を決めるのは手入力です。

すでにレストランと日にち、大まかな時間帯が決まっているので、ほとんどメッセージせずにデートの約束が成立します!

知っておきたい機能5選

以上が日程調整の流れになりますが、最後にDineを使う上で、知っておきたい機能を5つ紹介していきます!

1.Facebook閲覧

Dineはマッチングしたらすぐにデートになるので、どんな人かわからなくて怖い。

そんな時に利用したいのが、Facebook閲覧です。

Dine(ダイン) facebook閲覧

コインを1枚使用することになりますが、相手のFacebookを見ることができます。

Facebookって、その人の人柄が見えたりしますよね。

会う前に危ない人でないかをチェックする意味でも、使用している人が多いようです。

2.個人情報を隠したい

Dineではデフォルトで、職場名、出身学校が表示されてしまいます。

これには抵抗のある人も多いはずで、有料機能を使うと隠すことができます。

女性はDine Gold(有料会員)、男性はDine Platinum(有料会員)で職場名、出身学校を隠したり、facebookを隠すことができます。

3.シークレットモード

美容関係や受付の方など、人前に出る職業の方は、アプリを使っていること自体知られたくない方もいます。

そういう方は「シークレットモード」を使いましょう。

Dine(ダイン) シークレッドモード

シークレットモードはDine Platinum(有料会員)の機能です。

自分のプロフィールをTODAYS PICKSやTOP PICKSに表示させないようにすることができます。

なので、自分がリクエストを送信した人にしか、プロフィールが表示されません!

周りの人に内緒で恋活したい方には嬉しい機能です。

4.自動最適化

プロフィールの「自動最適化」をオンにしておくと、%表示で良い写真順に並べてくれます。

Dine(ダイン) 使い方 自動最適化

各写真の左下に記載されている「♡○%」が高いほど、人気度が高くなります。

はっきり顔のわかる写真だと93%、足だけの写真は44%、食べ物の写真は13%、8%とかなり低いですね。

どんな写真が異性ウケがいいのか試してみたい、という時にも使える機能です♪

5.同性の会員も探せる

Dineでは異性だけではなく、同性の会員も探せます。

検索条件から一般をタップして、「性別」を選択します。

Dine(ダイン) 同性検索

私の場合、最初は男性で設定されていますが、「男性」「女性」「男性と女性」の3つの中から選択することができます。

同性とのマッチングを選択できるアプリは少ないので、この機能は貴重だと思います。

まとめ

Dineの使い方と、5つの機能について紹介しました。

他の恋活アプリにはない機能もあるので、他のアプリでデートが決まらない人がDineを使ってみることをオススメします♪

LiFe編集部
マッチングアプリ・恋愛の専門家。
このライターの記事を読む
ページ上部へ戻る